« 今夜は内藤大助の4度目の防衛戦 | トップページ | 北京五輪陸上代表・福島 VS コンサドーレ札幌・藤田の100m対決! »

2008年12月23日 (火)

内藤大助が11RTKOで4度目の防衛!-ボクシング

北海道出身(胆振管内豊浦町)のボクシング世界チャンピオン、
内藤大助選手が4度目の防衛に成功しました!
---------
●WBC世界フライ級タイトルマッチ

内藤 大助(宮田) VS 山口 真吾(渡嘉敷)

結果:内藤の11R1分11秒TKO勝ち
---------

試合は内藤選手がずっと優位に進めていたと思いましたが、
挑戦者の山口選手もイヤな感じのタイミングでパンチを打ってきていて、
観ていて思いのほか結構ハラハラしました。

8Rが終わった段階の公開採点ではたしか、

79-73
79-73
78-74

で圧倒的にポイントでは優勢だったので、

・是非とも倒してほしい!
・「起死回生の一発」が怖いので、無難に捌いて判定勝ちを……

という2つの感情が同時にあったのですが、11Rにとうとうダウンを奪いました。
さらにその後のラッシュですぐに試合が終わるかと思いましたが、
ここで山口選手も必死に手を出して、最後の見せ場を作りました!

結局、最後は内藤選手の連打が入ったところでレフェリーストップ。

レフェリーの福地さんのストップのタイミングは絶妙でしたねぇ。
これも「プロの仕事」という感じでした。

試合後のインタビュー、

「アイツがまた乱入してくるんじゃないのか?」

と一抹の不安があったのですが、無事に終了。

Naitouv3
左側のおっさんが「アイツ」です。

実力差はあったようにも思えましたが、白熱した好試合で満足しましたhappy01

今日は他のスポーツでもそれほど大きな話題は無かったと思われるので、
明日のスポーツ新聞での「一面」をひそかに期待しています。

唯一のライバルは、

「吉田沙保里、失恋に負けずに(?)女子レスリング全日本選手権7連覇!」

とかいう完全にネタの見出しでしょうかねぇ。

関係ないですが、我らが中日ドラゴンズの井端選手、結婚おめでとうございます!

ちなみに、今日の内藤選手の前に行われた、日本と東洋太平洋の
「フライ級タイトルマッチウォーズ」の結果は、

日本フライ級王座統一戦 
 清水 智信(金子) VS 五十嵐 俊幸(帝拳)
 【清水の3-0の判定勝ちで王座統一(兼防衛)】

東洋太平洋フライ級タイトルマッチ
 大久保 雅史(青木) VS ジョジョ・バルドン(フィリピン)
 【大久保の3-0の判定勝ちで防衛】

とのことです。

|

« 今夜は内藤大助の4度目の防衛戦 | トップページ | 北京五輪陸上代表・福島 VS コンサドーレ札幌・藤田の100m対決! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/43509314

この記事へのトラックバック一覧です: 内藤大助が11RTKOで4度目の防衛!-ボクシング:

« 今夜は内藤大助の4度目の防衛戦 | トップページ | 北京五輪陸上代表・福島 VS コンサドーレ札幌・藤田の100m対決! »