« 2009年の北海道マラソンは8月30日開催 | トップページ | クライトンがまさかの(?)残留!-コンサドーレ札幌 »

2008年12月18日 (木)

将棋の竜王戦第7局は大熱戦!

日本中(のごく一部)が大注目の将棋竜王戦第7局、

「渡辺 明 竜王 × 挑戦者 羽生 善治 4冠」

の対局が昨日、今日と行われました。

今日の2日目はNHK-BSの中継とパソコンでの速報を見るため、
当然のように僕は有給休暇を取得するほどの熱の入れようでした。

この1戦に勝った方がこのタイトル戦の勝者になることに加えて、
どちらかが「初の永世竜王」の称号を手にする、歴史的な一戦。

結果的には、将棋界初の「タイトル戦の3連敗からの4連勝」となったのですが、
それはあまりどうでもいい感じです。

最後は「泥仕合」と言えばそうなのかもしれませんが、
第4戦に続いて凄まじかったと思います。

テレビ中継の解説の藤井猛 九段も非常に難解で困っていたようで、
それによる「ぐだぐだ感いっぱい」の解説も味がありました。

NHK-BSの夕方のテレビ中継は、新聞のテレビ欄を見ると、

「午後6時45分まで(延長の場合あり)」

となっていたので、何があっても最後までやってくれると安心していたのですが、
残念ながら午後7時で終了。

「7時からのニュースはNHK総合と全く同じものだから、別にいらないだろ」

と、完全に痛いクレーマーとなってNHKに電話をしたい心境になりましたが、
それは事情があって仕方が無いのでしょうねぇ。

今日の夕方、「▲2三歩」の場面では羽生名人が勝ちそうかと思ったのですが、
「▲6二金」の後の「△6五香~5三飛」のあたりで「おやっ?」と思い、
竜をとってからの「△6九飛」の王手の場面では、

「あぁ~、渡辺竜王の大逆転の防衛なのかなぁ~」

と思いました。

ただ、その後の「▲6六角」で訳が分からなくなり、テレビ放送終了の前の
最後の1手の「▲1一角成り」の瞬間には、羽生名人のファンの僕は、

「よしっ、これは勝てそうだ!」

と期待しました。

ここでテレビ中継が終了したので、すぐにパソコンの公式サイトの速報ページを
見ようとしたのですが、おそらく皆さんが一斉に同じ行動に出てアクセスが殺到
したため、さっぱり接続出来ない状態に。

結局、その後もいろいろありながら、結果は渡辺竜王が140手で勝利。

「▲1一角成り」の後の「△5五歩」に対して、「▲2二歩成り」から清算して
「▲5五角~▲7三角成り」でいけばとりあえず先手玉は寄りは
なかったのでしょうかねぇ。

でもそうすると後手玉もかなり安泰となるので、
先手の▲2八飛をいじめつつ、相入玉の点数勝負となっていた可能性も。

「▲2四飛」で一瞬決まったっぽく思えるのですが、
そうではなかったようで。

その後の後手の王手の連発の後の「△1四歩」の場面で、
羽生名人に何か無かったのかと思うのですが、どうだったのでしょうか。

とにかく今日はわざわざ有給休暇をとった価値は充分にあり過ぎるほど、
非常に大興奮の一戦でした!

|

« 2009年の北海道マラソンは8月30日開催 | トップページ | クライトンがまさかの(?)残留!-コンサドーレ札幌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/43458609

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋の竜王戦第7局は大熱戦!:

« 2009年の北海道マラソンは8月30日開催 | トップページ | クライトンがまさかの(?)残留!-コンサドーレ札幌 »