« ジュビロ磐田がJ1残留-J1・J2入れ替え戦 | トップページ | 2009年の北海道マラソンは8月30日開催 »

2008年12月14日 (日)

豊田自動織機が初優勝!-2008年全日本実業団女子駅伝

1区で三井住友海上がトップとほぼ差がなくタスキ渡しをした時は、
既にその段階で、

「あぁ~、3区に渋井選手がいるから、三井住友海上の完勝の
無難な展開になりそうだなぁ~」

と思っていたのですが、後半5区、6区でまさかのドラマが待っていました。
-------
●2008年全日本実業団女子駅伝
(岐阜長良川競技場発着、6区間42.195キロ、27チーム参加)

優勝 豊田自動織機
2位 三井住友海上
3位 ホクレン
4位 天満屋
5位 第一生命
6位 アルゼ
7位 ワコール
8位 資生堂
9位 十八銀行
10位 ダイハツ
-------

2区でトップに立った三井住友海上が、3区(10キロ)の渋井陽子選手の
区間賞の走りで、2位に1分ほどの差をつけました。

5区(11.6キロ)のタスキ渡しの段階ではたしか、

2位 豊田自動織機 1分4秒差
4位 ホクレン 1分53秒差

の差がついていたのですが、三井住友海上の5区の大平選手が
区間11位の走りと、調子がイマイチだったようです。

大平選手には申し訳ないですが、これで俄然オモシロくなりました。

豊田自動織機の脇田選手が追い上げ、ホクレンの赤羽選手がさらに猛烈に
追い上げて、6区アンカーへのタスキ渡しでは、

1位 三井住友海上 
2位 ホクレン 3秒差
3位 豊田自動織機 9秒差

という大混戦に。

この5区の区間順位は、

1位 赤羽 有紀子(ホクレン) 36分17秒
2位 高見澤 有理(スターツ) 37分08秒
3位 脇田 茜(豊田自動織機) 37分12秒

と、赤羽選手が断トツでした。やはり凄いです。

そしてアンカー対決で抜け出した豊田自動織機が、びっくりの初優勝となりました。

正式な肩書きは分かりませんが、この豊田自動織機の「総監督」のような
立場なのが小出義雄さんということで、

「やっぱりこのおっさんは凄いんだなぁ~」

とあらためて思いました。

北海道のホクレンは過去最高順位の3位ということでしたが、
各選手の区間順位は

1区 山下 沙織 16位
2区 橋本 和美 12位
3区 フィレス 2位
4区 田中 友麻 13位
5区 赤羽 有紀子 1位
6区 木富 淑絵 10位

ということで、1年前のこの大会(5位)の次の日の新聞に、

「2枚看板頼みからの脱却が課題」

みたいな書かれ方をしていた記憶があるのですが、
やはり1年後も予想通りと言えば予想通りの展開だったようで。

それでも非常に楽しめました!

来週の日曜日は高校駅伝があり、年明けの1月1日には
男子の実業団駅伝(通称:ニューイヤー駅伝)。

そして1月2日、3日は箱根駅伝と、駅伝の大きな大会が続きます。

この前の北京オリンピックで金メダルをとったサムエル・ワンジル選手が
大会本番前に、

「駅伝があるとマラソン練習に専念出来ないのでヤダ」

というような理由(おそらく)で、所属するトヨタ自動車九州を退職していたことが
北京オリンピック後に明らかになりました(退職の日付はオリンピックの後なのかも
しれませんが)。

やはり金メダリストの行動だけに説得力があり、そんなこんなで、
北京で日本勢がマラソンで惨敗に近い成績だったこともあり、

「駅伝不要論」

というのもあちらこちらで見かけるようになりました。
まぁ、昔から特に「箱根駅伝の弊害」という言われ方は目にしていましたが。

ただ1つ言えることは、駅伝をやるからには一定の人数の確保が必要となるわけで、
実業団駅伝があるおかげで、競技を続けるための「就職先」の受け皿が多くなって
いるのはたしかなわけで。

今日走った選手の多くは

「走ることを仕事の中心として、会社から給料を貰っている」

という、ある意味「半分プロ選手」という立場だと思うのですが、
もし駅伝が存在していなくて、個人競技のトラックやマラソンだけだとしたら、
そのような「半分プロ」という立場で競技を続けられるのは、今日走った
選手の中でもせいぜい2割~3割くらいじゃないでしょうか。
数字は適当な勘ですが。

長々と書いて何が言いたかったかというと特に何もないのですが、
どんな競技でもこういう全国レベルの大会に出場できるだけでも
凄いことなのですが、競技を続けていくのはスポンサーが必要で、
特にあまりメジャーではないスポーツではそれが大変だという現実があるようで。

大学卒業時までは特に目立った成績を残していなくて、

「とりあえず駅伝要員として獲得しておくかぁ~」

という感じのレベルで入ってきた選手が、実業団に入ってから急成長をして
日本代表クラスになる場合も充分あるわけで。

「受け皿」がなければそこで本格的な競技続行は断念しなければならない
ケースも多いでしょうし、そういう面では「実業団駅伝」はその受け皿を
増やしている役割は大きいのかなと思います。

|

« ジュビロ磐田がJ1残留-J1・J2入れ替え戦 | トップページ | 2009年の北海道マラソンは8月30日開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/43417979

この記事へのトラックバック一覧です: 豊田自動織機が初優勝!-2008年全日本実業団女子駅伝:

» 無添加ファンデーション [無添加ファンデーション]
無添加ファンデーションが徐々に人気をあげてきています。無添加ファンデーションは肌に優しく、防腐剤などの肌に悪影響を及ぼす物質が入っていないので安心して使えます。 [続きを読む]

受信: 2008年12月14日 (日) 19時25分

» 豊田自動織機 [ごろうの独り言]
豊田自動織機が初優勝!-2008年全日本実業 37分08秒 3位 脇田 茜(豊... [続きを読む]

受信: 2008年12月17日 (水) 21時35分

« ジュビロ磐田がJ1残留-J1・J2入れ替え戦 | トップページ | 2009年の北海道マラソンは8月30日開催 »