« あさっては暴風雪? | トップページ | 岸投手に痺れました!-プロ野球日本シリーズ »

2008年11月 8日 (土)

浦和レッズに1-2で負け-コンサドーレ札幌

2日前の天気予報では札幌は「暴風雪」という文字もありましたが、
昨日の夜から雪は降ったものの、


♪どこまでも~限りなく~降り積もる雪とあなたへの想い~♪


という程ではありませんでした。それでも風もあって非常に寒い1日でした。
118yuki

さて、今日は午後2時からNHK-BSでサッカーJ1リーグの

「コンサドーレ札幌×浦和レッズ:札幌ドーム」

の試合中継があったので観ました。
-------
●サッカーJ1リーグ 第31節 札幌ドーム

コンサドーレ札幌 1-2 浦和レッズ

得点:前半13分 ダヴィ(札幌)
    前半27分 田中達也(浦和)
    後半 9分 エジミウソン(浦和)
-------

先制して約15分間そのリードを保てたので、それだけで満足です。

前半を同点で折り返してハーフタイムに夢を見られたので、それだけで満足です。

浦和レッズが後半途中からは、こんな弱小チームに対して、
「内容はどうでもいいからとにかく勝ち点3を」というような感じも見受けられたので、
それだけで満足です。

そんなところです。

後半40分過ぎにゴール前でクリアミスをして相手選手に絶好のシュートボールを
パスしたシーンで、解説の原博実さんが、
----------
札幌の今シーズンを象徴するようなシーンですよねぇ。
結構いい試合はしていて、完全にやられたという試合はそんなに無いのですが、
今のようなちょっとしたつまらないミスで失点して負けているんですよねぇ。
----------

というコメントはまさに的確で、さすが原さんだと思いました。
サッカー中継の解説者は僕はこの原さんが一番好きです。

あとは、岡本を最後投入したのはいいのですが、その交代選手が
DF柴田だったのがちょっとだけ納得がいかない気も。

得点の望みはもう「セットプレー頼み」のような雰囲気の中で、
今シーズン3得点をあげている柴田をどうして交代させるのか。

センターバックを変えるなら、柴田じゃなくて西澤を変えて、
失点の危険性は増えてもとにかく得点の可能性を少しでも大きくするべきじゃ
ないのかとか、4ヶ月近く勝ち星がないとどうしても「やさぐれた心境」になっています。

そんなところで残りあと3試合です。

|

« あさっては暴風雪? | トップページ | 岸投手に痺れました!-プロ野球日本シリーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/43049597

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズに1-2で負け-コンサドーレ札幌:

« あさっては暴風雪? | トップページ | 岸投手に痺れました!-プロ野球日本シリーズ »