« Mr.Childrenが紅白歌合戦出場 | トップページ | あの紙ヒコーキ くもり空わって »

2008年11月27日 (木)

将棋竜王戦第4局は大熱戦!(渡辺明竜王×羽生善治4冠)

今夜は、ほとんど誰も分からないような「将棋ネタ」で。

今日は細かい用事をいろいろと済ませたかったので、
昼から半日の有給休暇を取得しました。

区役所に行って届け出をしたり、整形外科に行ってレントゲンをとったり、
「青山」でスーツを買ったりと(ハンサムスーツは残念ながらありませんでした)、
そんなこんなで午後4時前には帰宅。

そして午後4時からは当然のようにNHK-BS2で、
日本中(のごく一部)で大注目の、

「将棋 第21期竜王戦7番勝負第4局 渡辺明竜王×羽生善治 4冠」

の2日目の中継を見ました。ここまで挑戦者の羽生4冠の3連勝でした。

羽生4冠の85手目の▲7九歩と一旦固めてからの▲5六金の構想が
良さそうな感じがして、そして決めにいったと思われる▲3六桂が指された
直後に残念ながら放送終了……。

その後はネット中継を頼りに、パソコンの前にずっと座っていました。

終局してから振り返ってみると、▲5二銀と王手して後手玉を上に上げずに
単に▲7八歩と竜をとった方が良かったんじゃないかとか、
最後の▲9八香では何か後手玉に迫る手を指して△9九飛成りに▲9八桂合は
ダメだったのかとか、▲4九飛と竜を抜いた後の渡辺竜王の△4八金では
△4八歩で間に合わせるのはダメだったのかとか、
あれこれと疑問な点が続出です。

結局、渡辺竜王の勝利ということで、これが大逆転勝ちだったのか、
それとも元々渡辺竜王の勝ち筋だったのかも分かりません。

羽生4冠がミスをして決め手を逃がしたのかもしれませんし、
やや泥臭い感じの将棋と言えばそうかもしれませんが、
非常にオモシロい将棋で大興奮でした!

深夜0時45分からのダイジェスト版(15分間)は録画して、
明日の朝にしっかりと見なければ。

15分だけじゃいろんな変化を解説するのは無理だと思うので、
30分くらいに拡大して放送してほしいところですなぁ~。

|

« Mr.Childrenが紅白歌合戦出場 | トップページ | あの紙ヒコーキ くもり空わって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/43246757

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋竜王戦第4局は大熱戦!(渡辺明竜王×羽生善治4冠):

« Mr.Childrenが紅白歌合戦出場 | トップページ | あの紙ヒコーキ くもり空わって »