« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

冬のランニングは?

北海道のランナーにとって、冬の間のランニングをどうするかというのは、
多くの人が抱えている悩みだと思います。

寒さももちろんですが、それ以上にやっかいなのは雪snowです。

「北海道」と言っても、雪の降り方は地域によってかなりバラつきがあるので
一概に言えませんが、札幌の場合は少なくとも12月~2月までの約3ヶ月間は
外で走る場合は確実に「雪上ラン」になるシーズンが多いです。

ある方のブログに書かれていた書き方を真似すると、
冬の間の過ごし方は、

①雪道の上を走る
②ジムで鍛える
③屋内施設で走る(札幌だと「つどーむ」や「きたえーる」など)
④何にもせずに冬眠

に大きく分けられるのかなぁ~と思います。

あとは「歩くスキー」なんかもあるのでしょうか。

僕は毎年、今ぐらいの時期は、

「今シーズンの冬はジムへ行くぞ!もしくは『つどーむ』『きたえーる』に通うぞ!」

と心の中で盛り上がるのですが、結局雪が降り積もる頃には、

「やっぱり、来年の春の雪解けの時期から走ればいいやぁ~」

とすっかり冬眠モードになって、気まぐれで月に1~2回の「雪上ラン」を
する程度なのが例年です。

今シーズンはどうするのかは、今のところはまだ完全に「燃え尽き症候群」なので、
このだらけた感じをしばらくは満喫したいと思います。

ただ、いわゆる「スポーツジム」というものには一回も足を踏み入れたことが
ないですし、「つどーむ」「きたえーる」も入ったことがないので、
コンスタントに通って練習するかどうかは別にして、
今シーズンの冬は「ジムデビュー」「つどーむ(orきたえーる)デビュー」を
果たしたいとは思っていますhappy01

去年も一昨年も、全く同じ願望を持っていた気もしますが……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

3周年

気が付いたら、このブログを開始してから丸3年が経過していました~。

記念すべき最初の文章をコピー&ペーストで。
----
2005年10月24日 (月)

北海道ロードレース2005を完走

今日からブログを始めました。

僕は2年前から趣味でジョギングを始めたのですが、
昨日の日曜日は北海道ロードレースという大会の
ハーフマラソンに出場しました。

結果は1時間30分56秒ということで、自己ベストより
11秒遅かっただけの満足な走りでした。
「あと11秒かぁ……」という残念な気持ちもありましたが、
今シーズン最後のレースをいい形で終えることができました。

今日は有給休暇をとって家でまったりとしています。
天気もいいし、幸せな気分。
こんな感じで、ブログもまったりと続けていきたいと思います。
---------


とまぁ、特にどうということもない普通の文章でしたが、
これから今まで3年間もよく続けてきたものですなぁ。

最初の頃は、

「2~3ヶ月も続ければどんどんアクセス数が増えていって、人気ブログに…」

なんていう甘い妄想を描いていたような気がしますが、
現実は当然ながらなかなか厳しいものがありました。

これからの時期は、

・ランニング生活はオフシーズン
・中日ドラゴンズの今シーズンは終了
・コンサドーレ札幌も早々とJ2降格復帰決定

と、来年の春まで書くネタが少ない状況のため、更新頻度も落ちると思いますが、
たまにはこのブログを覗きにきてくれると非常に嬉しいですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

高橋尚子が引退

女子マラソンの高橋尚子選手が今日、引退発表の会見を行いました。

夕刊にマラソン全成績が載っていたので書いておきます。

1997年 1月 大阪国際   7位   2時間31分32秒
1998年 3月 名古屋国際   優勝 2時間25分48秒(日本最高)
1998年12月 アジア大会    優勝 2時間21分47秒(日本最高)
2000年 3月 名古屋国際   優勝 2時間22分19秒
2000年 9月 シドニー五輪  優勝 2時間23分14秒
2001年 9月 ベルリン        優勝 2時間19分46秒(世界最高)
2002年 9月 ベルリン        優勝 2時間21分49秒
2003年11月 東京国際       2位  2時間27分21秒
2005年11月 東京国際      優勝  2時間24分39秒
2006年11月 東京国際       3位  2時間31分22秒
2008年 3月 名古屋国際  27位  2時間44分18秒

こうしてみると、最初の大阪国際以外は全て記憶があります。

中でも一番印象に残っているのは、今から8年前の2000年、
シドニーオリンピック代表の選考レースの名古屋国際ですねぇ。

たしか市橋選手(?)が前年の世界陸上でメダル獲得で内定。
残り2枠で、東京で山口選手、大阪で弘山選手が好タイムの結果を残して、
そして最後の名古屋で高橋選手が走ったはずです。

優勝だけではなくタイムも求められる厳しい状況の中、
見事な走りでオリンピック代表を勝ち取りました。

たしか前半は向かい風でややゆっくりなペースだったのですが、
後半からどんどんペースを上げての2時間22分19秒だった記憶があります。
テレビの前でドキドキしながら観ていたのを今でも覚えています~。

ここからシドニーで金メダル、次の年には当時の世界最高記録を樹立ということで、
今振り返ってみると、ホントに凄いものがありました。

そんなわけで引退は残念ではありますが、あくまで「一線から退く」ということなので、
千葉真子さんのように全国各地の大会にゲストとして参加して、
北海道の大会にも来てくれるといいなぁ~、とひそかに期待も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

「≒」と「≠」と「=」

今日、職場でパソコンを使って仕事をしている時に、

「イコールにチョンチョンを付けた、ほぼ等しいって意味の記号ってどう出すんだ?」

と一瞬固まりました(「≒」のことです)。

とりあえずは文字パレットの特殊記号から出したのですが、
職場のパソコンに入っている「ATOK」では、「きんじ」で変換すると出ることが判明。

家のパソコンに入っている「IME」では、「いこーる」で変換すると
「=」「≒」「≠」の3種類が出てくるようです。

ちなみに名称は、

「≒」がニアリーイコール
「≠」がノットイコール

なんですね。ノットイコールは聞いたことがありましたが、
ニアリーイコールは初耳でした。

だからどうということは無いのですが、ちょっとだけ新たな発見をした1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

30回目のゴール

先週の北海道ロードレースでのハーフマラソンをもって
僕のランニングの今シーズンは終了ということで、
今は完全に「オフシーズン」の心境で、既に冬眠モードです。

さて、この前の北海道ロードレースは僕の記念すべき「30回目の大会出場」でした。

走った大会を書いてみると(大会名称は正式じゃないものもあります)、

●2003年
  札幌マラソン(10キロ) 46分56秒

●2004年
  豊平川ラン&ウォーク(ハーフ) 1時間32分27秒
  ラニング・オン・SAPPORO(10キロ) 42分30秒くらい
  アコムさっぽろ祭りマラソン(ハーフ) 1時間31分21秒
  札幌マラソン(ハーフ) 1時間39分37秒

●2005年
  豊平川ラン&ウォーク(ハーフ) 1時間32分47秒
  アコムさっぽろ祭りマラソン(ハーフ) 1時間30分45秒
  北海道マラソン(フル) 3時間52分42秒
  札幌マラソン(ハーフ) 1時間39分37秒
  北海道ロードレース(ハーフ) 1時間30分56秒

●2006年
  豊平川ラン&ウォーク(ハーフ) 1時間36分58秒
  アコムさっぽろ祭りマラソン(ハーフ) 1時間33分39秒
  北海道マラソン(フル) 3時間43分59秒
  函館ハーフマラソン(ハーフ) 1時間37分28秒
  札幌マラソン(ハーフ) 1時間34分53秒
  北海道ロードレース(ハーフ) 1時間31分34秒

●2007年
  豊平川ラン&ウォーク(ハーフ) 1時間30分18秒
  おたる運河ロードレース(ハーフ) 1時間26分40秒
  ピンネシリ登山マラソン(30キロ) 2時間25分48秒
  北海道マラソン(フル) 3時間49分47秒
  函館ハーフマラソン(ハーフ) 1時間31分45秒
  札幌マラソン(ハーフ) 1時間31分03秒
  北海道ロードレース(ハーフ) 1時間28分26秒

●2008年
  旧豊平川ラン&ウォーク(ハーフ) 1時間36分36秒
  おたる運河ロードレース(ハーフ) 1時間28分06秒
  ピンネシリ登山マラソン(30キロ) 2時間45分26秒
  北海道マラソン(フル) 3時間51分39秒
  函館ハーフマラソン(ハーフ) 1時間28分42秒
  札幌マラソン(ハーフ) 1時間31分33秒
  北海道ロードレース(ハーフ) 1時間31分19秒

ということで、こうして振り返ってみると、
飽きずに良く走っているものですなぁ。

本格的にこういう大会に出たのは4年前からなのですが、
そこから毎年、少しずつ「初参加の大会」というのが増えていました。

2005年…北海道マラソン、北海道ロードレース
2006年…函館ハーフマラソン
2007年…おたる運河ロードレース、ピンネシリ登山マラソン

ただ、残念ながら今年は、去年走ったのと全く同じ大会参加の並びとなって、
「新規開拓」がなかったんですよねぇ。

5月の洞爺湖マラソン(フル)には申し込んでお金を払っておきながらも、
脚が痛くて参加を断念したのが痛恨でした。

来年はどこかで、まだ参加したことのない大会を走ってみたいと思っています~。

今は完全に「燃え尽き症候群」の状態なので、フルマラソンにまた挑戦することは
考えられなく、

「来年こそは洞爺湖のフルを走るぞ!」

という心境には一切なっていませんが、雪が降って年が明けた頃には、
その気分もおそらく変わっているのかもしれませんhappy01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

2008年は終了

先週の日曜日の北海道ロードレース。同じ日にホームの厚別で柏レイソルと対戦した
コンサドーレ札幌。そして今日のセリーグのクライマックスシリーズにおいて、
僕の2008年は終了しました。

また来年です。皆様、良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

明日から2勝1分けで

我らが中日ドラゴンズはこれから残り3試合、勝ち、勝ち、引き分けで
日本シリーズに進出という方向で。

とりあえずは明日の先発(予想)のチェンに全てを託します!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

札幌マラソンの完走証が到着

今日家に帰ると、10月5日に行われた「第33回札幌マラソン」の完走証のハガキが
届いていました。
Satumarakansousyou

この完走証は、ハーフでは5キロごとのラップタイムと通過順位も記載されている
優れものなのですが、順位は年代別(ハーフ40歳未満)で、

 5キロ通過 214位
10キロ通過 230位
15キロ通過 220位
20キロ通過 203位
ゴール     202位

でした。

駅前通りの往復を含む5キロ~10キロは、自分としてはそれなりに軽快に
走っていたつもりなのですが、結構後ろから抜かれていたみたいですね。

後半は順位が少しずつ上がっていったようなので、それは嬉しいところhappy01

今年でこの「札幌マラソン」は6年連続の参加となりました。
最初の年の2003年は10キロで、それが僕の記念すべき
「大会デビュー」だったのですが、次の年からはずっとハーフです。
Satumara6nenkan

そんなわけで、完走証も6枚となりました~。
こうして振り返ってみると、よく走り続けているものですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

最後は中学生ランナーとの闘いでした

今夜は西武ライオンズの日本シリーズ進出が決定しました。

「両リーグとも3位チームでの日本シリーズは、いくらなんでも……」

というのが心配だったので、ほっと一安心。

そして我らが中日ドラゴンズは第2ステージの初戦で巨人に4-3の勝利。
8回裏の井端のスーパープレー、9回表の中村ノリの決勝タイムリー、
そして最後は岩瀬が珍しく(?)3人で締めての素晴らしい勝利でした!

さて、(株)アイ・サムのページ(こちら)に、この前の日曜日の北海道ロードレースの
結果が掲載されていました。

順位は、上位のなかなか好位置に入っていて満足happy01

このレースの最後を振り返ってみると、「残り1キロ」の表示を過ぎて登り坂を
終えたあたりで、非常に若い感じの方に抜かれました。

そこで「三十路パワー」の意地で何とかその彼についていき、
少年野球団が練習しているグラウンドの横のあたりで一度抜き返しました。

しかしそれから、ちょっとしたトンネルになっているようなところをくぐって
最後の橋にかかる手前あたりでまた抜かれ、そこからはラストスパートの彼に
全くついていけずに、どんどん背中が小さくなっていくばかりでした。

それで今、アイ・サム社のそのページで「29歳以下男子ハーフの部」の
結果を見てみたら、おそらく彼に間違いないと思われるタイムを発見しました。

最後はあの200メートルくらいで11秒も離されてしまったのですが、
それはともかく、その彼は中学生だったことが判明しました。
それもおそらくは中学2年生だったみたいです。

「僕が中学生の時って昭和だったっけ?平成だったっけ?」

と一瞬考えてしまったのですが、何とか平成でした(平成元年4月~平成4年3月)。

「中学生ランナーに最後に完璧に千切られた」

と考えると、「あぁ~、おっさんの意地で何とか勝ちたかったなぁ~」という
今さらながら悔しい気持ちも少しあり、何となく妙に清々しい気持ちもあり、
今シーズンの最後の最後に思わぬ激闘のプレゼントが与えられた気分ですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

真駒内はまた来年

この前の日曜日に参加した北海道ロードロースにて撮った写真を幾つか。

Makomanai1
地下鉄の真駒内公園駅を降りて、五輪団地(?)の横を通る風景。
毎回、真駒内公園に向かうためにここら辺を歩いているあたりから
だんだんと気分が高まっていく感じが好きです。


Makomanai2
真駒内公園内。去年よりも紅葉は早く進んだようで、
落ち葉が広がっている光景が綺麗でした。

Makomanai3
写真の奥は藻岩山でしょうか。全然違うかもしれませんが。

Makomanai4
ゴールです。どんな大会でも、このゴール地点に辿り着いた瞬間は
何とも言えない最高の気分になります。

そんなわけで、この真駒内公園に行くのは今年はおそらくもう無いかなと
思います。

次に来るのは冬が明けて、5月5日の旧豊平川ラン&ウォークの時の
可能性が高そう(来年もこの大会があればですが)。

来年は練習でこの真駒内公園内を走るのも、一度はやってみたいと思いますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

クライマックスシリーズ生き残り!-中日ドラゴンズ

我らが中日ドラゴンズが「敗者復活戦」を生き残って、
あさってから東京ドームへ乗り込みます!!

●セリーグ クライマックスシリーズ第1ステージ 京セラドーム大阪

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
中日 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 

勝ち:吉見
セーブ:岩瀬
負け:藤川

ホームラン:ウッズ(2ラン)

1勝1敗で迎えた第3戦。勝った方が次のステージの巨人戦に進出という試合。

「引き分けだと順位が上の阪神タイガースが勝ち残り」

というルールが微妙に気になり出した9回表2アウト3塁、
ウッズがあの藤川球児から決勝の2ランホームラン!

正直なところ、得点圏打率が2割ちょっと(たぶん)とチャンスに弱いウッズが
打ってくれそうな期待感は、かなり小さかったのが本音です。

打った瞬間、思わずテレビの前で立ち上がって叫んでしまいました。

しかし、今日の最大のヒーローは何といっても先発の吉見。
家に帰って4回くらいから観たのですが、ホントに素晴らしい内容でした!
去年の日本シリーズ第5戦の山井の投球を思い出させるほどでした。

8回裏、2アウトランナー無しから赤星に2ベースを打たれて、
2塁で済めばまだ良かったのですが、中継ミスにより3塁まで行かれました。

「あぁ~、こういうミスがあって、そして勝ち越し点というのがよくあるパターン……」

と半分覚悟したのですが、関本をショートフライに打ち取りピンチ脱出。

そして9回表、先頭バッターの代打の立浪のヒットが大きかった!
最高の一振りでした。

これであさってからのクライマックスシリーズ第2ステージに進出。
巨人と東京ドームで対戦です。

「1勝のアドバンテージ」というのはやはり大きいとは思いますが、
去年の再現といきたいものですhappy01

22日 山本昌
23日 小笠原?
24日 川上(中5日)
25日 チェン(中5日)
26日 吉見(中5日)
27日 山本昌(中4日)

先発ピッチャーはこんな感じかなと予想します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

完走しました!-2008年北海道ロードレース

本日行われた「第29回北海道ロードレース」、
ハーフマラソンを無事に完走してきました~。
Kansousyou1019

タイムは1時間31分19秒でした。

目標の1時間30分切りは出来なかったのですが、
今シーズンの最後をいい形で締めくくれて満足ですhappy01

手元の時計では、

5キロ         21分28秒
10キロ           41分20秒(19分52秒)
15キロ     1時間03分11秒(21分51秒)
残り5キロ 1時間07分51秒
残り4キロ 1時間12分33秒(4分42秒)
残り3キロ 1時間17分18秒(4分45秒)
残り2キロ 1時間22分06秒(4分48秒)
残り1キロ 1時間26分47秒(4分41秒)
ゴール   1時間31分19秒(4分32秒)

でした。

今日は天気予報の風向きどおりの「前半が追い風、後半が向かい風」でした。

それは予報で事前に織り込み済みだったのですが、
あそこまで強いとは思いませんでしたcoldsweats01

ただ、その風のおかげで、5~10キロは強い追い風&下りを生かして、
記念すべき史上初の「5キロのラップの20分切り」を達成しました~。

後半の「残り5キロ」の看板のあたりからは疲れと向かい風で非常にきつかったの
ですが、とにかく粘って走られたので良かったと思います。

レース後のお楽しみの大抽選会。
Cyuusenkai

4年連続で参加しているのですが、今年も残念ながら当たらず……。

今日は今の時期としては暖かい1日でした。

スタート地点に並んでいる時やこの抽選会の最中に寒さが
気にならなかったのは、4年目で今年が初だと思います。

この抽選会が終わり、家に着いたのが午後3時過ぎ。

家に辿り着く直前に「コンサドーレ札幌、J2決定!」というメールが来たのですが、
ナンノコトナノカ、サッパリワカリマセン。

そんなわけで今夜は、今シーズンのランニング生活の無事の終了を祝い、
そしてコンサドーレ札幌の「J2復帰」もついでにやけくそで祝い、
さらに我らが中日ドラゴンズの勝利を願いつつ、ビール三昧の方向でbeer

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

明日は北海道ロードレース!

明日は今シーズンの最終戦となる、

「第29回北海道ロードレース」

でハーフを走ってきますhappy01

今のところの天気予報は、

・晴れ時々曇り 最高気温20℃、最低気温11℃、降水確率10%

ということで、気分良く走るのには絶好の条件となってくれそう。

風が「南南東の風やや強い」ということらしいので、

・前半が追い風、後半が向かい風

となりそうな感じです。この前の札幌マラソンとは逆。

ただ、今の時期としては少し気温が高めの予報で、午前10時スタートなので、
途中から少しずつ暑さを感じていくのかもしれません。

そう考えると、後半の向かい風は体感温度を下げてくれて
むしろ有難いということで強引に理解しておきます。

「後半の向かい風が怖いから、前半は抑えめにして力を溜めて……」

と思っても、結局後半に力を溜めておくことは難しいというのが経験上あるので、
前半は追い風に乗って積極的に飛ばしたいと思っています~。

「飛ばし過ぎずに適度に飛ばす」

というのが理想なのですが……。

そんなわけで、まずは明日の朝の「6時起き」が難関です。
明日の夜にでも、このブログで無事に結果報告をしたいですhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「2009年箱根駅伝」の予選会結果

今日の午前9時スタートで行われた箱根駅伝の予選会。
きちんとテレビ中継が始まる8時45分から観ていました。
----

*2009年10月17日(土)追記

この文章は、2008年10月に行われた予選会の文章です。

紛らわしいですが、「2010年に行われる箱根駅伝本戦」の出場権を獲得するための
「2009年10月に行われた予選会結果」は、次のリンク先から見てください
happy01

http://run-consa-dra.way-nifty.com/hero/2009/10/2010-af40.html
------

STV(日テレ系列)でも午後3時30分~4時55分まで放送がありました。

-------
第85回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会
(20キロコース、上位10人の合計タイム)


1.城西大学 10:13'20
2.東京農業大学 10:13'46
3.上武大学 10:15'47
4.日本体育大学 10:17'04
5.拓殖大学 10:17'43
6.神奈川大学 10:18'04
7.東海大学 10:18'15
8.専修大学 10:19'25
9.明治大学 10:19'30
10.大東文化大学 10:21'01
-----
**以下は関東インカレポイントを反映:( )内はアドバンテージのタイム
11.国士館大学 10:17'57(3'25)
12.順天堂大学 10:20'13(3'45)
13.青山学院大学 10:20'33(1'15)
-----
14.法政大学 10:20'39(3'10)
15.國學院大學 10:25'51(0'30)

個人の1位は東京農業大の外丸和輝選手。
唯一60分を切りました(59分42秒だったかな)。

青山学院大は33年ぶりの出場とのこと。
14位の法政大とはわずか6秒差……。

ただ、関東インカレポイントが青山学院大が少ないため、
もう少しで逆転となっていました(去年はそのパターンだった)。
ホントに際どい結果でしたねぇ。

今日だけの純粋なタイムだけなら、

11位 国士舘大
12位 青山学院大
13位 順天堂大
14位 法政大

になると思うので、今年は「関東インカレポイントでの逆転劇」は
ありませんでした。

順天堂大はギリギリ。今回の「記念大会による3枠増」に完全に救われた形に。

*10月20日(月) 午後11時追記

今気付いたのですが、純粋なタイム合計だと、

13位 法政大
14位 順天堂大

で、順大がアウトだったのですね。「関東インカレポイント」に救われた形に。
法大は去年はこのインカレポイントで救われて、そして今年は逆にそれに泣く結果に。

「法大はインカレポイントがかなりあるなぁ」という先入観で、間違った記述になってしまいました。


東海大はエースの佐藤悠基選手が15キロ手前から失速。
何度か立ち止まりそうになりながらも何とかゴール。

トップとは2分30秒差くらいで、最後の5キロで2分ほどロスした結果でしたが、
あのような状態でも「5キロ17分」くらいでは走ることが出来るのが、
別の意味で「やはりトップ選手は凄いなぁ~」と思ってしまいました。

どういう状態かは分かりませんが、重症じゃなきゃいいのですが。

上武大は3位で箱根初出場。

上武大は福山という選手が、前回の本戦で学連選抜の5区の山登りで走って、
区間3位という好成績だったとのこと。

何年か前に5区の距離が伸びてからは、あの山登りの1区間で
やたらと各校に差がついてしまう傾向にあるのですが、
そこに信頼の出来る選手がいるのは、かなり上武大は期待できるのかも。

そんなところで、やはり今日観ていても、

「練習をやり過ぎて無理して走って、将来性豊かな選手達をケガで潰す大会」

というのがこの箱根駅伝という気がするのですが、
それと同時に、2ヵ月半後の本戦が今から待ち遠しいという、
そんなワクワク感を持ってしまうのもまた事実ですなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年10月17日 (金)

明日は「2009年箱根駅伝」の予選会

お正月恒例の箱根駅伝。明日はその出場校を決める予選会があります。

CS放送の日テレG+というチャンネルで朝8時45分から生中継があるので、
寝坊しないようにします。

ちなみに、今年の正月の箱根駅伝本戦の結果は、

優勝:駒澤大
2位:早稲田大
3位:中央学院大
4位:関東学連選抜
5位:亜細亜大
6位:山梨学院大
7位:中央大
8位:帝京大
9位:日本大
10位:東洋大
-----
11位:城西大
12位:日本体育大
13位:国士舘大
14位:専修大
15位:神奈川大
16位:法政大
17位:東京農大
-位:東海大
-位:大東文化大
-位:順天堂大

で、3校が途中棄権するという波乱の展開でした。

10位の大学までがシード権を獲得で、予選会無しで本戦に出場。
とは言っても、4位に関東学連選抜が入ったので、実質的にはシード権獲得は
9校でした。

例年は本戦に参加出来る大学は19校+学連選抜1の計20校でしたが、
今回は第85回の記念大会ということで、出場枠が3校増えて22校+1と
なるとのことです。今さっき初めて知りました。

そんなわけで、明日の予選会で切符を獲得できるのは13校ということに。
この3枠の増加は大きいでしょうねぇ。

それでも、東海大、順天堂大、大東文化大といった前回の途中棄権組も
いますし、通過ギリギリの大学にとっては厳しいことには変わりありません。

予選会は、20キロのコースを一斉スタートで各校が12人走って、
上位10人の合計タイムで順位を決めるとのこと。

その合計タイムで10位までの大学は出場決定。

11位以下は「関東インカレポイント」も加味したタイムで残り3校が決定。

ここ最近、毎回のように物議を醸し出す「関東インカレポイント」ですが、
今年はどのような影響を及ぼすのでしょうかねぇ。

城西大、日本体育大、国士館大、専修大、神奈川大、法政大、東京農業大、
東海大、大東文化大、順天堂大、青山学院大、明治大、拓殖大、上武大、
平成国際大、國學院大、麗澤大、創価大、関東学院大、流通経済大、
松蔭大、慶應義塾大、筑波大、国際武道大、立教大、東京大、駿河台大、
東京学芸大、防衛大、学習院大、成蹊大、東京理科大、東京理科大、
横浜国立大、東京大院、筑波大院、埼玉大、首都大東京、北里大、
一橋大、千葉大、文教大、帝京平成大、群馬大、創造学園大、白鴎大、
東京工業大

の計47校が出場するとのこと。コピー&ペーストするだけで疲れましたcoldsweats01

おそらく半分以上の大学は、現実的には予選会突破はほぼ不可能で、
「この予選会が1年間でメインレース」という感じだと思います。

注目度は高いし、CS放送とは言え全国中継もあるし、
個人と大学の両方の記録と順位も残りますし、特典が盛りだくさん。

明日、結果と感想を書きたいと思います~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

長谷川が防衛、粟生は残念-ボクシング

今夜はボクシングのダブル世界タイトルマッチのテレビ中継を観ました。
---------
●WBC世界フェザー級タイトルマッチ
   チャンピオン オスカー・ラリオス(メキシコ) VS 挑戦者 粟生 隆寛(帝拳)

  結果:ラリオスが2-1の判定勝ちで防衛(114-112,114-112,112-114)

 4ラウンドに粟生選手がダウンを奪った時には、

 「よしっ!勝てる!!」

 と思ったのですが、僅差の判定で残念な結果に……

 4ラウンドのあの状態から盛り返してポイントを何とか拾っていった
 ラリオス選手の底力が、結果的にはですが、ちょっとだけ上だったという
 感じでしょうか。
--------
●WBC世界バンタム級タイトルマッチ
   チャンピオン 長谷川 穂積(真正)×挑戦者 アレハンドロ・バルデス(メキシコ)

      結果:長谷川が2R2分41秒TKO勝ちで防衛

 こちらは長谷川選手の見事な勝利でした!
 Hasegawa

 最後のレフェリーストップは妥当なタイミングだったのでしょうが、

 「あと1発クリーンヒットがあってから止めてくれれば、もっとすっきりと……」

 と、やや物足りなさも感じてしまったのも正直なところ。
 そんな贅沢な不満を持ってしまったくらい、見事な勝利でした。

 これで7度目の防衛となって、その防衛戦のうち4つがKO勝利ということで、
 まさに日本ボクシング界のエースです。

 一般的な知名度が上がってくれれば、さらに嬉しいのですが……。

 あとは試合が早く終わったので、テレビ中継の残りの時間で

 1990年2月11日 マイク・タイソン VS バスター・ダグラス

 の「世紀の番狂わせ」の世界ヘビー級タイトルマッチの映像を放送していて、
 この試合が僕が「ボクシング・マニア」になるきっかけの一つとなった試合なので、
 非常に感慨深くみていました。

 当時観ていたときは、8Rにダグラスがダウンした時のレフェリーのカウントが
 異常なまでにもの凄くスローだった印象があったのですが、今日観てみたら
 それほどでもなかった感じでした。

 それでも、やはり微妙に(はっきりと?)遅かったような気はしますが。

 そこら辺のマニアックな話は、またいつか気が向いたときに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

昨年の北海道ロードレースは……

1年前の北海道ロードレースを振り返ってみようと
このブログの過去ログを見てみたら、

・気温が10℃あったかどうか
・雨
・豊平川河川敷の行きが追い風、帰りが向かい風

で、手元の時計のタイムが

5キロ       20分52秒
10キロ         41分15秒(20分23秒)
15キロ     1時間02分33秒(21分18秒)
残り5キロ 1時間07分11秒
残り4キロ 1時間11分30秒(4分19秒)
残り3キロ 1時間15分49秒(4分19秒)
残り2キロ 1時間20分04秒(4分15秒)
残り1キロ 1時間24分18秒(4分14秒)
ゴール   1時間28分26秒(4分08秒)

ということでした。

「寒かった」というのだけは良く覚えていたのですが、
前半が下り&追い風、帰りが上り&向かい風だったということを考えると、
我ながらいいペースで最後まで走ったと自画自賛したくなりますなぁ。

このコースは、最後の河川敷から真駒内公園に入るための恒例の「登り坂」の
途中で「残り1キロ」の表示がたしかあって、そこから公園内に入ってすぐの橋を
登り終えると、前方にゴールのスタジアムの緑色の芝が見えて、

「あぁ~、今シーズンもこれで終わりだぁ~!!」

と思いながら、実際にはほとんどスピードは上がっていないながらも、
気分的には最後の猛ダッシュをかましてゴールするという、
このゴールシーンは毎回、非常に印象深く残っています。

今のところの10月19日当日の天気予報は

・晴れ時々曇り 最高気温18℃、最低気温10℃、降水確率10%

という、去年とは打って変わって、非常に穏やかな天候になりそうな予報です。

タイムを狙うにはもう少し気温が低い方がいいのかもしれませんが、
気分よく走るには絶好の条件が期待できるので、
この中で何とか「1時間30分切り」を達成して、
今シーズンを締めくくりたいとひそかに燃えていますhappy01

そんなところで、本番まであと4日です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

「2008年北海道ロードレース」まで後6日

僕の今シーズンの最終戦となる、

「第29回北海道ロードレース」

のハーフマラソンまで、後6日となりました。

今日は出雲駅伝のテレビ中継を観てから、僕の最も嫌いとしている

・16キロほどを4分20秒~4分30秒のイーブンペースで最後まで走り切る

という練習を何とか敢行しました。

終わった後は「あぁ~、これでもう来年までこんな練習しなくていいんだ」と、
練習嫌いの僕は既にシーズンが終わった気分になってしまいました。

本番でどういう結果になるかはもちろん走ってみないと分かりませんが、
とりあえずは「1時間30分切り」を狙えるような状態にはあるとは
言えるような気がすると言ってもいいような気がすると言っても
やぶさかではないような気がしないでもないです。

そんな気になる本番の10月19日当日の天気予報は今のところ

・晴れ時々曇り 最高気温17℃、最低気温8℃、降水確率10%

ということで、この時期としては平年よりも暖かそうな予報に。

タイムを狙うには、もう少し肌寒いくらいの涼しい方がいいのかもしれませんが、
気分良く走るには絶好のコンディションとなってくれそうな、
そんな今のところの予報です。

というわけで、明日からは「禁酒・禁欲生活」で本番に備えたいと思いますhappy01
実際の効果の程は不明ですが、あくまで気分的なもので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年出雲駅伝は日本大学が優勝

6区のアンカー区間での大逆転劇でした(6区間44キロ;22チームが参加)。

優勝 日本大学
2位 駒澤大学 14秒
3位 第一工業大学 43秒
4位 山梨学院大学 51秒
5位 東洋大学 1分38秒
6位 東海大学 1分56秒

16位 北海道学連選抜 8分11秒

1区は広島経済大の留学生の選手が区間賞でしたが、
2位は東洋大の1年生の柏原竜二選手(福島県いわき総合高校)。

昨年の年末の全国高校駅伝には出場できなかったのですが、
年明けの全国都道府県対抗駅伝で各高校のエース級を抑えて
区間賞を獲ったのが印象に残っていたのですが、
これから楽しみな存在ですねぇ。

2区で東洋大がトップに立って、4区で駒澤大が逆転して、
そして5区で差を広げるという、

「あぁ~、駒澤大らしい(つまらない)展開だなぁ~」

と思ったのですが、6区のアンカーにタスキを渡した段階で

1位 駒澤大 
2位 東洋大 30秒
3位 第一工業大 1分7秒
4位 山梨学院大 1分26秒
5位 日大 1分29秒

だったのですが、3位・4位・5位のチームは共にアンカー区間(10.2キロ)に
留学生選手を起用しているという、オモシロい展開に。

結局、残り2キロくらいで日大のダニエル選手が駒澤大を逆転して、
最後は14秒差をつけての優勝となりました。

6区の区間記録は、

1位 ダニエル(日大) 28分28秒(区間新)
2位 コスマス(山梨学院大) 29分22秒
3位 NJUGUNA(第一工業大) 29分33秒
4位 佐藤 悠基(東海大) 29分49秒
5位 宇賀地 強(駒澤大) 30分11秒

ということで、テレビ中継では駒澤大の宇賀地選手が大ブレーキのような
取り扱われ方でしたが、ベストではないにしろそこそこのタイムでは
走ってはいたんですよね。

日大のダニエル選手が凄過ぎたということで。

テレビでの優勝インタビューでは、日大の他の選手の、

「優勝は嬉しいけど、ダニエル頼りで、自分の走りとしては……」

というような感じの、微妙な受け答えが妙にオモシロかったです。

3位の第一工業大は、外国人選手を2人使ってはいましたが、
3区のエース区間で中野選手が区間賞を獲るなど、
日本人選手の踏ん張りが印象に残ったので、
11月の全日本大学駅伝も楽しみです。

北海道学連選抜は1区で16位。

ラッキーにも、注目の早稲田大学が1区で17位と出遅れたために、
思いのほかテレビにたくさん映って、大満足でした~。

2区も北海道学連選抜16位、早稲田17位は変わらず。

毎年テレビにもほとんど映らず、中継が終わるまでにゴール出来ないことが
多かったので、今年は最後の順位も22チーム中16位で中継内にもゴールして、
健闘したと言っていいと思います。

北海道出身では、この前の北京オリンピックでも、

・男子100×4メートルリレーで銅メダルの高平選手
・女子100メートルで56年ぶり(?)出場の福島選手
・女子400メートルハードルで1次予選突破の久保倉選手

などがいますし、高校生の全国大会の結果をみても
ちょっとした「トラック種目の強い地域」となっている感じなのですが、
長距離もこれからいい結果を出してくれると非常に嬉しいです。

次は今度の土曜日に「箱根駅伝の予選会」があるので、
またこのブログにマニアックな文章を書きたいと思います~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

明日は2008年出雲駅伝

明日は「第20回出雲全日本大学選抜駅伝競争」があります。

一般的には「出雲駅伝」の名称で知られていると思います。
「大学3大駅伝」の初戦となっています。

東海大学 〔関東学連〕 (15回目)
日本大学 〔関東学連〕 (18回目)
北海道学連選抜 (20回目)
東北学連選抜 (20回目)
駒澤大学 〔関東学連〕 (16回目)
早稲田大学 〔関東学連〕 (16回目)
中央学院大学 〔関東学連〕 ( 3回目)
亜細亜大学 〔関東学連〕 ( 7回目)
山梨学院大学 〔関東学連〕 (16回目)
中央大学 〔関東学連〕 (20回目)
帝京大学 〔関東学連〕 ( 4回目)
東洋大学 〔関東学連〕 ( 9回目)
北信越学連選抜 (20回目)
愛知工業大学 〔東海学連〕 ( 7回目)
立命館大学 〔関西学連〕 ( 9回目)
京都産業大学 〔関西学連〕 (19回目)
広島経済大学 〔中四学連〕 (10回目)
中国四国学連選抜 (20回目)
第一工業大学 〔九州学連〕 (13回目)
日本文理大学 〔九州学連〕 ( 3回目)
米国IVYリーグ選抜 (11回目)
大東文化大学 〔関東学連〕 (14回目)

という、22チームが出場するとのことです。

この大会は「6区間44.0キロ」で、最長距離がアンカーの6区の10.2キロ
ということで、箱根駅伝の「1区間平均20キロちょっと」と比べると距離が短く、
「スピード駅伝」ともテレビ中継ではよく耳にします。

去年までは東海大学が3連覇をしていたそうなのですが、
今年はどうなるのでしょうか。

エントリーリストを見ると、その東海大学ではアンカーに、
今まで3年間で全て箱根の区間新記録(3区、1区、7区)を作ってきた
佐藤悠基選手(4年生)がエントリーしています。

その佐藤選手と同じ4年生では、この前の北京オリンピックに5千メートルと
1万メートルのトラックで出場した早稲田大学の竹澤健介選手が3区にエントリー。

竹澤選手もこの2年連続で箱根で区間賞を獲得しています(2区、3区)。

この早稲田大学の補欠では、中山卓也(須磨学園)という1年生の選手も
補欠ながらエントリー。

この中山選手は、ソウル、バルセロナと連続で男子マラソンの日本代表となった
中山竹通さんの息子とのこと。

昔テレビで観ていた名ランナーの子供がまた活躍しているかと思うと、
感慨深いものがありますな。

この早稲田大のエントリーを見てみると、同じ1年生の八木勇樹(西脇工業)、
三田裕介(豊川工業)の両選手は、高校駅伝とかの中継で注目選手として
話題となって走っていた記憶があります。

早稲田は気合の入ったスカウト活動をしているようで。

これらの選手が順調に育っていけば「早稲田黄金時代」となるのでしょうが、
必ずしもそうはいかないことも多いのが、難しくもありオモシロいところ。

北海道学連選抜は毎年最下位に近い位置をキープしていて、
テレビ中継のタスキ渡しでもほとんど映らないのですが、
エントリーの中で久保俊太(札幌学院大3年-札幌稲雲高校卒)という選手は
1500メートルでは全日本の大会で決勝に残るなど結構有名な選手なようなので、
距離はちょっと伸びますが、少しでもテレビで取り上げられてくれるように期待します。

明日は午後1時からテレビ中継がスタート。

オリックスの守備の乱れもあり、僕の嫌いな北海道日本ハムが今日で
クライマックスシリーズの次のステージの進出を決めたために、
明日はこの出雲駅伝中継をゆっくりと観られることになりましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

「2008年北海道ロードレース」のナンバーカード引換証

今日、およそ10日後の10月19日(日)に行われる

「第29回北海道ロードレース」

のナンバーカード引換証のハガキが届きました。
Roadracezekken
ハーフでの出場です。スタート時間は10時。

この北海道ロードレースは去年まで3年連続でハーフを走っているのですが、
いずれの年も「札幌マラソン→北海道ロードレース」と連戦で走っていて、

2005年 1時間37分35秒→1時間30分56秒
2006年 1時間34分53秒→1時間31分34秒
2007年 1時間31分 3秒→1時間28分26秒
2008年 1時間31分33秒→?

ということで、過去3年間は、北海道ロードレースの方がタイムが
かなり良くなっているんですよね。

これは、札マラ後の2~3週間でぐっと涼しくなったことと(スタート時間も早い)、
ひたすら豊平川河川敷を走る単調と言えば単調なコースですが、
「難コース」と言われる札マラのコースよりは走りやすいという影響が
大きいのかと思います。

あとは、札マラ本番がロードレースに向けた絶好の「スピード&スタミナ練習」に
なっているとも言えるのかも。

まさに「レースペースでの練習」ですし。

そんなわけで目標は、

1.まずはスタートラインに立つ
2.とにかくゴール
3.1時間40分切り
4.1時間35分切り
5.先週の札マラの1時間31分33分を上回る
6.1時間30分切り
7.大会自己ベストの1時間28分26秒の更新
8.自己ベストの1時間26分40秒(おたる運河ロードレース)の更新

という順位付けで、最大の目標は「6.」で、狙えたら「7.」もという気分で、
明日からの3連休は練習したいと思います。

とりあえずは「1.」の「まずはスタートラインに立つ」というのが一番重要ですが。

・ケガ
・風邪
・休日出勤
・寝坊weep

など、いろいろな危険が考えられますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨人がセリーグ優勝

昨日と今日だけの結果をみると「横浜ベイスターズ最強」ということになるのですが、
今日の試合で巨人のセリーグ優勝が決定しました。

最大13ゲーム差をひっくり返しての優勝は凄いですな。

巨人3-1ヤクルト
横浜4-3阪神

多くの人が忘れているでしょうが、去年のセリーグ優勝も巨人で、
これでリーグ2連覇。

リーグ連覇は1992年、1993年のヤクルト以来だそうで、
久しぶりになるんですねぇ。

巨人ファンの皆様、おめでとうございました(完全に棒読み)。

これで我らが中日ドラゴンズのクライマックスシリーズ第1ステージの相手は
阪神タイガースに決定(京セラドームで10月18日から)。

順番は分かりませんがおそらく

川上憲伸
チェン
山本昌

の3人の先発でいくと思います。

その前にレギュラーシーズンの最終戦で、あさって12日(日)に阪神との試合が
残っているのですが、CS本番の6日前の微妙な前哨戦。

お互いにどのピッチャーを使うのか、ちょっと気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

「スポーツの秋」はテレビ観戦に忙しい

今日、北海道新聞の夕刊に挟まれていた「1週間の番組表」を眺めていたら、
これからはスポーツのテレビ観戦が大変だということに気がつきました。

テレビ中継が無い場合にも、ネットの速報であれこれ確認しなければなりませんし。

まずはパリーグのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージの
オリックス×北海道日本ハム。

11日(土) 午後2時30分~
12日(日) 午後2時30分~
13日(月) 午後1時30分~

この13日には午後1時から「第20回出雲全日本大学選抜駅伝」の
中継もあります。

ランニングはこれからは、「自分で走る」から「テレビで人の走りを観る」に
変更になる時期となりましたなぁ。

13日はクライマックスシリーズの第3戦とこの出雲駅伝が重なってしまうため、
出来ればオリックスが2連勝で決めて欲しいです。

16日の木曜日には、夜7時からプロボクシングの

●WBC世界バンタム級タイトルマッチ
  長谷川穂積×アレハンドロ・バルデス

●WBC世界フェザー級タイトルマッチ
  オスカー・ラリオス×粟生隆寛

のダブル世界戦の中継があるので、この日は強引にでも早く帰宅しなければ。

17日(金)からはパリーグのCSの第2ステージも始まりますし、
翌日の18日(土)からはセリーグのCSもスタート。

まずは我らが中日ドラゴンズがセリーグ2位のチームと対戦。
場所は京セラドームか東京ドームかは未定ですが、

「あれだけ上位2チームとゲーム差を離されての3位だったんだよなぁ~」

というのが心の奥のどこかに引っかかりながらも、
必死に応援したいと思います。

この18日(土)には、来年の正月に行われる「箱根駅伝」の予選会が
CS放送の日テレG+で午前中に放送されます。

前回まさかの途中棄権となった順大、大東大、東海大にも注目。

翌19日(日)にはサッカーJ1リーグのコンサドーレ札幌×柏レイソルが
午後1時にホーム厚別でキックオフ。

この日に「J2参入」が決定するかもしれない、そんな試合です。

この日は午前中に「北海道ロードレース」でハーフを走る予定のため、
帰り道に携帯電話の速報で結果を気にすることになりそう。

そんなわけで、今週末の3連休は全て午前中にランニングを済ませて、
午後からの野球&駅伝観戦に備えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月 8日 (水)

巨人か阪神か

今日はプロ野球のセリーグの話題で。

今日の試合開始前までは、

1位 巨人 81勝56敗3分け
1位 阪神 81勝56敗3分け

ということで全く同じ成績で残り4試合。

そして今夜の直接対決で巨人が3-1で勝利。
これで1ゲーム差をつけて巨人が単独首位に。

ただ、今日初めて知ったのですが、

「同率で並んだ場合には、直接対決で勝ち越している方が順位が上」

というルールがあるとのことで、巨人が勝ち越しているために、
実質は「1.3ゲーム差」というところでしょうか。

微妙な表現ですが、これから引き分けることを考えると、
「1.5ゲーム差」まではいってないと言えるのかな?よく分かりませんが。

そんなところで、残り3試合で、巨人の優勝のマジック2が点灯。

もちろん、まだまだどうなるかは分かりませんが、
もしこのままいくと、我らが中日ドラゴンズはまずは阪神タイガースと
クライマックスシリーズの「敗者復活戦」を戦うことに(先に2勝で勝ち上がり)。

「まずは、今年対戦成績の悪い阪神と、あの甲子園でかぁ~」

と思ったのですが、これも今日知ったのですが、
甲子園球場は既に改修工事に入ってしまい、
クライマックスシリーズ、日本シリーズ(進んだ場合)ともに
京セラドーム(大阪ドーム)で阪神のホームゲームを行うらしいです。

阪神のホーム球場には変わりないのですが、

「甲子園のあの独特の雰囲気の中でやらないだけ、少しマシかも……」

と、ちょっとだけ嬉しくなりました。

今日現在で首位巨人とのゲーム差が、

1位 巨人 
2位 阪神 1.0ゲーム差
3位 中日 11.0ゲーム差

ということで、これだけ上位2チームに引き離されておきながら、
日本シリーズに出場できるチャンスがたっぷりあるという
明らかにおかしな状況ですが、気にせずに我がドラゴンズを
心の底から応援することをここに誓います。

その前に、巨人と阪神の優勝争いの大詰めを、
気楽な立場で楽しみたいと思います~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

パリーグは全日程が終了

プロ野球のパリーグは、今夜の楽天×ソフトバンクで、
レギュラーシーズンの全日程が終了しました。

今日の試合が開始する前の段階で、

5位 ソフトバンク 64勝76敗3分け 
5位 楽天     64勝76敗3分け

と全く同じ成績で残り1試合。

そして今日、仙台でこの両チームの「運命の最終決戦」が行われました。
先発ピッチャーも、ソフトバンク:杉内×楽天:田中という、
この最終決戦に相応しい先発になり、9回までお互いに0行進で延長戦に。

結果は延長12回までいって、最後は楽天の山崎武司のサヨナラヒットで
楽天の勝利で、楽天が5位、ソフトバンクが6位に。

ソフトバンクの王監督にとってはこれがラストゲームだったのですが、
9回で終わらずに延長戦の12回までいったのは、
野球の神様の粋な計らいだったのかもしれませんねぇ。

ソフトバンクの杉内は、今日の11奪三振でダルビッシュを抜いて
奪三振王のタイトルを獲得したそうです。

楽天は岩隈が最多勝利(21勝!)、最優秀防御率、最高勝率の三冠。
リックが首位打者。

そんなわけで投打でタイトルホルダーが出ましたが、チームの順位は5位。

去年のヤクルトもグライシンガー、青木、ラミレスとタイトルホルダーが
揃いながらも最下位。

今年の横浜も村田、内川が現在タイトル争いトップながらも独走の最下位。

こう考えると、チームの成績というものはやはり難しいものですなぁ。

これでパリーグの最終順位は

優勝 西武
2位 オリックス
3位 日本ハム
4位 千葉ロッテ
5位 楽天
6位 ソフトバンク

となりました。

僕が開幕前にある場所で書いた順位予想はというと……、

優勝 千葉ロッテ
2位 ソフトバンク
3位 西武
4位 日本ハム
5位 楽天
6位 オリックス

ということで、ボロボロの予想結果となりました。

オリックスの最下位だけは自信があったのですが、
シーズン途中で大石監督に交代してから、
正直びっくりの躍進でした。

今週末(だったかな?)からのクライマックスシリーズでは、
まずオリックス×日本ハムはオリックスを応援して、
その次はどっちが勝ち上がっても西武を応援したいと思います。

正直、この3チームに特別な思い入れはないので、
リーグ優勝だった西武に日本シリーズにいってほしいです。

ただ、西武に1勝のアドバンテージとホーム開催権はあるにせよ、
今の段階ではオリックスが一番強そうな気が……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

29回目のゴール

今から5年前、2003年の札幌マラソンでの10キロが、
僕の記念すべき「大会デビュー」でした。

そこから今まで出た大会が、

10キロ……2回
ハーフ……21回
30キロ……2回
フル……4回

ということで、昨日の札幌マラソンが29回目の大会参加となりました。
何とか完走率100%を続けているのが、ひそかに(大いに?)自慢ですhappy01

こう考えてみると、この5年間でよく出続けているものですなぁ。

ただ、今でもレース前のモットーは

「常に初陣」

の心境で。

そんなわけで、2週間後の10月19日(日)の北海道ロードレースのハーフが、
記念すべき「30回目の大会出場」となります。

昨日の札幌マラソンが終わった段階で、もう既に「シーズンオフの気分」に
完全になりかけているのですが、今シーズンの最終戦をいい形で締めくくりたいと
思います~。

ちなみに、今日の読売新聞の北海道版の朝刊に、
昨日の札マラの上位者の成績が載っていました。

ハーフの男子40歳未満の部では、150位まで掲載予定というのは
事前に知っていたので、

「ギリギリで載らないかなぁ~」

とひそかに期待していたのですが、150位の方のタイムが1時間28分21秒で、
3分ちょっと足りなくて、残念ながらあまり「ギリギリ」でもありませんでした。

実は以下のタイム配信サービスで、昨日の段階で順位も出ていたのですが、
順位が上に掲載されているのに気が付かなかったので、
おかげで一晩「淡い夢」を見て過ごすことが出来ました。

http://marathon.dip.jp/taikai/2008/1005satumara/

ちなみに、今大会は1万1785人の参加者ということで、
過去最多だったらしいです。

去年からも2千人ほど増えたそうなのですが、
特に男子ハーフの40歳未満の部が、

1181人→1760人

と579人増えて、ほぼ1.5倍となりました。

ちなみに女子の10キロの30歳未満の部も、
およそ1.5倍の参加者になったみたいです。

「若者」を今年の札マラへと導いた何かがあるのでしょうか?

同じ「若者」の僕としては非常に嬉しい限りです。
ちなみに31歳の僕は「超若者」です。

そんなところで、今週末までは「燃え尽き症候群」で過ごしたいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

完走しました!-2008年札幌マラソン

本日行われた「第33回札幌マラソン」。

ハーフマラソンを無事に完走してきました~。

タイムは1時間31分33秒。

この札幌マラソンでハーフを走るのは今年で5年連続となりました。
「大会ベスト」が去年の1時間31分03秒だったので、
そこをひそかに目標にしていたのですが、残念ながら30秒遅かったです。

でも、満足なタイムでしたhappy01

今日の札幌市は最高気温が17.4℃で、晴れてはいたものの雲も多く、
それほど日差しは強くないという、絶好のランニング日和でした。

風はやや強かったのですが、基本的に「前半向かい風、後半追い風」だったので、
10キロ過ぎからの豊平川河川敷の追い風は、非常にありがたかったです。

この札幌マラソンの最大の魅力である、

「中島公園~三越前の駅前通りの往復」

は、やはり気分良かったですねぇ。元気な前半のうちに味わえるのが嬉しいところ。

手元の時計のタイムでは

 5キロ 22分16秒
10キロ 43分43秒(21分27秒)
15キロ 1時間 5分25秒(21分42秒)
20キロ 1時間26分47秒(21分22秒)
ゴール  1時間31分33秒( 4分45秒)

でした。

スタートは一番前のブロックに並べたので、スタート地点に辿り着くまでの
ロスタイムは15秒ほどでした。

来年も「400番台」のゼッケン番号を貰えると嬉しいのですが、
果たしてどうなることやら。

今回の大会では「タイム配信サービス」として、
以下のページでゼッケン番号や名前を入れると検索できるようです。

http://marathon.dip.jp/taikai/2008/1005satumara/

今日はゴールタイムと順位だけですが、明日にはハーフと10キロは
5キロごとのタイムも出るそうです。便利な世の中ですなぁ~。

そんなわけで先週の函館ハーフマラソンからの「2週連続のハーフマラソン」が
無事に終了ということで、今日からしばらくの間は「ストイック生活からの解放」の
方向で。

2週間後の10月19日に最終戦の「北海道ロードレース」のハーフがあるので、
また今度の週末の3連休から走りたいと思いますhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

バナナの涙

♪バ~ナ~ナ~の涙~♪

という、アニメ「ハイスクール!奇面組」のテーマ曲だったこの曲を
現在ハタチの僕は全く知らないのですが(うしろゆびさされ組でしたねcatface)、
それはさておいて、今の世の中は「バナナダイエットブーム」とのこと。

「朝にバナナを食べるとダイエットできる」とのことで、
バナナが売れに売れて品薄状態らしいですねぇ。

そんなわけで、明日の札幌マラソンのために、
やや不安になりながら近所のスーパーに行ってみたのですが、
Banana

普通に売っていました。

大会前日の夜と当日の朝にバナナを食べるのは一種の儀式のようなもので、
どのくらい実際に効果があるのかは分かりませんが、「気分」というのも
大きいでしょうし。

明日の天気予報は

・晴れ 降水確率10% 最高気温17℃

ということで絶好のランニング日和となりそうですが、

「北西の風がやや強い」

とのことで、「北西の風」だと、横風気味ながらも
前半が向かい風で後半が追い風っぽくなるのかもしれません。

まぁ、そこら辺は当日になってみないと分からないので、
あまり気にしない方向で。

明日の夜に、このブログで無事に結果報告をしたいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

「2008年札幌マラソン」のゼッケン受け取り

今日は仕事を無事に早く切り上げることが出来たので、
帰りに中島体育センターに寄って、あさって日曜日の
第33回札幌マラソン」のゼッケンなどを受け取りに行ってきました。
Satumarazekken
実際のゼッケン番号は3ケタです。

この正式名称(?)は「ナンバーカード」と言うらしいのですが、
「ゼッケン」の方がしっくりきますなぁ。

今回は「トルソータグ」というものでタイムが計測されます。
Satumaratagu
ゼッケンの裏についている赤いのが「トルソータグ」です。

一緒に受け取ったプログラムによると、ハーフマラソンのスタートの並び方は、
男子の場合は500番ごとにブロックに別れて、最初が1~500番、
次が501番から1000番、その次が……というように並ぶようです。

そんなわけで、一番前のブロックに並べることになったので、
スタートの混雑はあまり気にしなくて良さそうで、非常に嬉しいですhappy01

ちなみに今大会の申込み者数は(男女合わせて)、

・中学生3キロ 318名
・小学生3キロ 337名
・ファンペア3キロ 294名
・小学生2キロ 190名
・ファンペア2キロ 546名
・車イス5キロ 10名
・オープン5キロ 1404名
10キロ 3837名
ハーフマラソン 5634名

の合計12570名の申込者。

ちなみに去年のこの大会のハーフマラソンの申込者が4268名とのことで、
今年は1366名も増えているらしいです。

同じように10キロも前年度比で252名の増。

全ての種目を合わせても、

10420名→12570名

ということで、2150名も増えているとのこと。

特にハーフが増えているようで、何で去年と比べてこんなに
増えているのでしょうか?ちょっと謎です。

今のところの当日の天気予報は、

・晴れ時々曇り 降水確率20% 最高気温17℃

と、理想的な好コンディションとなりそうな期待。
あとは風が強くならないことを願います。

明日は午前中に30分程度の軽いランニングをする以外は、
のんびりごろごろと過ごしたいと思っています。

そして明日の夜は「禁酒」することを、今ここに誓います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

岩瀬仁紀が史上初の「10年連続50試合以上登板」-中日ドラゴンズ

我らが中日ドラゴンズの岩瀬仁紀投手が、今日の試合で

10年連続50試合以上登板

という、プロ野球史上初の記録を達成しました!

●横浜スタジアム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
中日 0 0 0 0 1 0 0 2 0  3   6
横浜 3 0 0 0 0 0 0 0 0  1   4

勝ち:浅尾
セーブ:岩瀬
負け:寺原

ホームラン:村田(横)、ウッズ(中)、李(中)×2

試合は李の8回表のまさかの同点2ランで追いつき、
そして延長10回表に再び李のまさかの決勝3ランで勝利。

岩瀬投手は昨日に引き続き3点リードの場面で登板して、
そして昨日と全く同じく3安打打たれて1失点してヒヤヒヤさせながら、
とにかく逃げ切り勝利。

ある意味、岩瀬投手らしいピッチングでの大記録達成です。

毎年毎年、大きな故障をせずにコンスタントに1年間投げられなければ
この記録は達成出来ないので、素晴らしいの一言。

しかも岩瀬投手の場合は「ワンポイント登板」というのはほとんどなく、
だいたいが1イニングかそれ以上投げているので、
さらにこの記録の価値は高いと思います。

ちなみに、この前の北京オリンピックで打ち込まれたことなんて、
我々にとっては全くどうでもいいことで、僕も1ヶ月以上すっかり忘れていました。

これでドラゴンズは「クライマックスシリーズ進出」まで、
残り5試合でマジック2となりました。

シーズン開幕前はこれを目指していたわけではなくて、
目標はあくまで「リーグ1位」だったのですが、今それを言っても
どうしようもないので、とにかく3位を確保してほしいです。

なお、相手の横浜ベイスターズはこれで13連敗。
今シーズンの残りは後9試合。

日本記録は10年前の千葉ロッテの18連敗なのですが、
ちょっと危険な領域に近づきつつあるかも……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「2008年札幌マラソン」まで後3日

今度の日曜日、10月5日(日)の「第33回札幌マラソン」まであと3日となりました。

今日、先日のナンバーカード引換証に同封されていた説明書きに関して、
訂正のハガキが送られてきました。
Satumarateisi

ハーフマラソンのスタート時間は「11時50分」です。

さて、気になる本番当日の天気は、今のところは

・曇り時々晴れ 降水確率10% 最高気温18℃

という絶好の予報。是非ともこのままでいってほしいところです。

さて、この札幌マラソンのハーフのコースは、今までにも何度か書いていますが

(1)スタートは真駒内公園内。4000人ほどの参加者がスタート。

(2)公園内から公道に出て、中の島通りなどを通って、大通方面へ。

(3)幌平橋を渡り、中島公園の前を右折して、駅前通り

(4)この「中島公園前~すすきの~三越前」を往復するのが、
  何と言っても最大の楽しみ!沿道で観戦の方も多い!

(5)その後、豊平川河川敷へと降り、10キロ地点通過。

(6)先ほどまでの「にぎわい」がウソのように、静寂が訪れる。

(7)ひたすら河川敷を走る。

(8)河川敷から真駒内公園に入るための、恒例の「あの登り坂」。

(9)公園内に入って、ゴールのオープンスタジアムがすぐそばに見える。

(10)しかし、なぜか「残り4キロ」の表示が出現。

(11)あとはひたすら、公園内をグルグル。アップダウンが思いのほか多い。

(13)ようやくオープンスタジアムの中へ入るのを許される。
    しかし、その直前のスタジアム外周の登り。

(14)スタジアムに入ってからのおよそ一周が、やたらと長く感じる。

(15)そして喜びのゴール

という、21キロの間に様々な模様を垣間見せるこのコース。
僕はなぜか妙に好きだったりします。

そんなところであと3日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

「2008年札幌マラソン」のナンバーカード引換証

なかなか来なかった、今度の日曜日に行われる「第33回札幌マラソン」の
ナンバーカード引換証が、今日、ようやく届きました。
Satumarahuutou

知り合いの方からのメールやネットの情報で、昨日のうちに届いている方々が
多かったようなので少し心配だったのですが、とりあえずはほっと一安心。

今年で5年連続でハーフに参加となります。

それで、これも色々なブログなんかで書かれていますが、
記載ミスがあれこれとありました(公式ページに訂正文章が掲載)。

ハーフマラソン関門閉鎖時間

5キロ関門 12時24分(スタートから24分)

5キロで24分なら、特に一番後方でスタートすればロスタイム3~4分くらいは
考えなければいけないと思うので、それを差し引くと「キロ4分」のペースで
いかないと………。

正しくは「5キロ関門 12時24分(スタートから34分)」です。

ハーフマラソンの集合時間・スタート時間

集合時間 11時20分 スタート時間 12時50分

「1時間30分もじっと待つのかよ!」と思わず言いたくなりますが、
正しくはスタート時間が11時50分です。

まぁ、これらのミスについて別に批判する気はないのですが、
去年までずっと気になっていたのが前半の関門時間。

去年まで:5キロ→31分、9キロ→55分
今年:5キロ→34分、9キロ→58分

去年までは「キロ6分+1分」で計算されていたのですが、
キロ6分ペースでハーフを走れば、単純計算でゴールは2時間6分台で
そこそこのタイムになるんですよねぇ。

「来年から5時間」と噂の北海道マラソンで、もし出場資格の条件が設けられるなら、
ハーフで2時間10分を切っていれば間違いなくクリアになると思われますし。

札幌マラソンはハーフは毎年だいたい4000人くらい参加とのことで、
スタートの混雑を考えるとさらに結構厳しい関門設定で、

「これで毎年、どのくらいの人が引っかかっているんだろう?厳しいよなぁ~」

と疑問に思っていました。

せっかく、

「今年から関門時間が延長されましたよぉ~!!」

という良いお知らせをしたかったのに、痛恨の記載ミスですっかり批判されちゃって、
気の毒と言えば気の毒かも。自業自得と言っちゃえばそれまでですが。

警察なんかと一生懸命交渉した末に手に入れた「3分延長」なのかなと
思いますので、とりあえず評価したいですなぁ(なぜか偉そうな上から目線)。

そんなわけで、本番まであと4日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »