« 明日は2008年出雲駅伝 | トップページ | 「2008年北海道ロードレース」まで後6日 »

2008年10月13日 (月)

2008年出雲駅伝は日本大学が優勝

6区のアンカー区間での大逆転劇でした(6区間44キロ;22チームが参加)。

優勝 日本大学
2位 駒澤大学 14秒
3位 第一工業大学 43秒
4位 山梨学院大学 51秒
5位 東洋大学 1分38秒
6位 東海大学 1分56秒

16位 北海道学連選抜 8分11秒

1区は広島経済大の留学生の選手が区間賞でしたが、
2位は東洋大の1年生の柏原竜二選手(福島県いわき総合高校)。

昨年の年末の全国高校駅伝には出場できなかったのですが、
年明けの全国都道府県対抗駅伝で各高校のエース級を抑えて
区間賞を獲ったのが印象に残っていたのですが、
これから楽しみな存在ですねぇ。

2区で東洋大がトップに立って、4区で駒澤大が逆転して、
そして5区で差を広げるという、

「あぁ~、駒澤大らしい(つまらない)展開だなぁ~」

と思ったのですが、6区のアンカーにタスキを渡した段階で

1位 駒澤大 
2位 東洋大 30秒
3位 第一工業大 1分7秒
4位 山梨学院大 1分26秒
5位 日大 1分29秒

だったのですが、3位・4位・5位のチームは共にアンカー区間(10.2キロ)に
留学生選手を起用しているという、オモシロい展開に。

結局、残り2キロくらいで日大のダニエル選手が駒澤大を逆転して、
最後は14秒差をつけての優勝となりました。

6区の区間記録は、

1位 ダニエル(日大) 28分28秒(区間新)
2位 コスマス(山梨学院大) 29分22秒
3位 NJUGUNA(第一工業大) 29分33秒
4位 佐藤 悠基(東海大) 29分49秒
5位 宇賀地 強(駒澤大) 30分11秒

ということで、テレビ中継では駒澤大の宇賀地選手が大ブレーキのような
取り扱われ方でしたが、ベストではないにしろそこそこのタイムでは
走ってはいたんですよね。

日大のダニエル選手が凄過ぎたということで。

テレビでの優勝インタビューでは、日大の他の選手の、

「優勝は嬉しいけど、ダニエル頼りで、自分の走りとしては……」

というような感じの、微妙な受け答えが妙にオモシロかったです。

3位の第一工業大は、外国人選手を2人使ってはいましたが、
3区のエース区間で中野選手が区間賞を獲るなど、
日本人選手の踏ん張りが印象に残ったので、
11月の全日本大学駅伝も楽しみです。

北海道学連選抜は1区で16位。

ラッキーにも、注目の早稲田大学が1区で17位と出遅れたために、
思いのほかテレビにたくさん映って、大満足でした~。

2区も北海道学連選抜16位、早稲田17位は変わらず。

毎年テレビにもほとんど映らず、中継が終わるまでにゴール出来ないことが
多かったので、今年は最後の順位も22チーム中16位で中継内にもゴールして、
健闘したと言っていいと思います。

北海道出身では、この前の北京オリンピックでも、

・男子100×4メートルリレーで銅メダルの高平選手
・女子100メートルで56年ぶり(?)出場の福島選手
・女子400メートルハードルで1次予選突破の久保倉選手

などがいますし、高校生の全国大会の結果をみても
ちょっとした「トラック種目の強い地域」となっている感じなのですが、
長距離もこれからいい結果を出してくれると非常に嬉しいです。

次は今度の土曜日に「箱根駅伝の予選会」があるので、
またこのブログにマニアックな文章を書きたいと思います~。

|

« 明日は2008年出雲駅伝 | トップページ | 「2008年北海道ロードレース」まで後6日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/42780287

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年出雲駅伝は日本大学が優勝:

« 明日は2008年出雲駅伝 | トップページ | 「2008年北海道ロードレース」まで後6日 »