« 20回目のハーフマラソン | トップページ | サンフレッチェ広島がJ1昇格決定! »

2008年9月23日 (火)

大分トリニータに後半ロスタイムの失点で負け-コンサドーレ札幌

最後の「残酷な結末」は、つい3日前に全く同じようなものを観た気がするのですが、
きっと気のせいです。
--------
サッカーJ1リーグ 第26節 鹿児島鴨池

大分トリニータ 3-2 コンサドーレ札幌

得点:後半12分 エジミウソン(大分)
    後半22分 アンデルソン(札幌)
    後半41分 ウェズレイ(大分)
    後半44分 西大伍(札幌)
    後半44分 エジミウソン(大分)
--------

この試合の前まで、J1のチームに対して「5試合連続無失点」という驚異的な
結果を残してきた大分に対して、「ほぼJ2」の札幌が意地の2得点!!
見せ場は作りました。あくまで「見せ場」ですが……。

後半ロスタイムに西の同点ゴールで追いつきながら、ここから負けるというのが、

「あぁ~、J2に落ちるチームというのはこういうチームなんだなぁ~」

と正直思ってしまいました。

いくら「勝ちたい」と思っていても、相手も当然のように同じく「勝ちたい」と思って
いるわけで、やはり実力の差がこのような結果になってしまうということで、
勝負の世界は厳しいものですなぁ~、というコメントで適当に締めくくっておきます。

|

« 20回目のハーフマラソン | トップページ | サンフレッチェ広島がJ1昇格決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/42566817

この記事へのトラックバック一覧です: 大分トリニータに後半ロスタイムの失点で負け-コンサドーレ札幌:

« 20回目のハーフマラソン | トップページ | サンフレッチェ広島がJ1昇格決定! »