« 駒大岩見沢は惜しくも3回戦敗退…… | トップページ | 「2008年北海道マラソン」の服装 »

2008年8月15日 (金)

延長戦は裏の攻撃が有利?

今日は野球の話題で。

野球中継を見ていてよく耳にするものの中に、

「延長戦になったら後攻の方が有利」

というものがあります。

「1点入ったらサヨナラで即試合終了」というのが攻撃側には有利な気持ちに、
そして守備側には大きなプレッシャーになるからというのが、
その「定説」の主な理由かと思います。

プロ野球の場合だと「後攻=ホームチームの攻撃」ということもありますし。

ただ、昨日・今日と北海道日本ハムは札幌ドームのオリックス戦で、
2試合とも延長戦でオリックスの表の攻撃に決勝点を入れられて負けました。

今日の高校野球でも、浦添商業高校VS慶応高校の試合で、
浦添商業が10回表にスクイズで決勝点を挙げての勝利となりました。

以前からこの、

「延長戦になったら後攻の方が有利」

というのには「ホントにそうなのかなぁ?」という疑問が若干あったのですが、
実際のデータとしてはどうなんでしょうかねぇ。

今ちょっとだけネットをいじって、そんなマニアックな集計のページが無いか
探したのですが、見つけられませんでした。

もし見つけることが出来たら、またこのブログに書きたいと思いますhappy01

|

« 駒大岩見沢は惜しくも3回戦敗退…… | トップページ | 「2008年北海道マラソン」の服装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/42177195

この記事へのトラックバック一覧です: 延長戦は裏の攻撃が有利?:

« 駒大岩見沢は惜しくも3回戦敗退…… | トップページ | 「2008年北海道マラソン」の服装 »