« 悲愴感/「はねるのトびら」より | トップページ | 名古屋出張から無事に帰宅 »

2008年7月30日 (水)

内藤大助が逆転KO防衛!!-ボクシング

北海道出身(胆振管内豊浦町)のプロボクシング世界チャンピオン、
内藤大助選手の3度目の防衛戦が本日行われました。

9Rまでポイントでリードされながらも、10Rの逆転KO勝利!!
観ていてかなりヒヤヒヤしましたcoldsweats01
----------
●WBC世界フライ級タイトルマッチ

内藤大助 10R57秒KO勝ち 清水智信
----------

WBCのタイトル戦はオープンスコアリングシステム(?)だったかで、
4Rと8Rにそこまでの採点を公開するようになっているのですが、

4R終了 
 内藤37-39清水
 内藤38-38清水
 内藤38-38清水

8R終了
 内藤75-77清水
 内藤76-77清水
 内藤76-76清水

だったと思いますが、ポイントではわずかながら劣勢でした。

試合終了後の実況によると、9Rもどうやら3人のジャッジが全員
清水選手の10-9としていたようで、ポイントではかなり厳しい状況となって
いました。

10Rは序盤に何が何だか分からないうちに清水選手がダウンして、
さらに連打をして2度目のダウンを奪っての10カウント(たぶん)。

後のスポーツニュースで見ると、内藤選手の左一発がきっかけで
一気に勝敗がひっくり返ったみたいです。

ここまで完全な一気の逆転KOというのもなかなか無いですよねぇ。
清水選手としてはホントにあと一歩でした。

そして試合終了後のリング上のインタビュー。

そこへ乱入してきた亀田興毅。
Naitouv3

「インタビューが終わってから上がって来いよ。うっとおしいなぁ~」

と正直思ったのですが、おそらくは中継のTBS関係者の指示で
リングに上がった可能性がかなり高いと思われるので、
亀田選手に文句を言うのはやめておきます。

次は内藤VS亀田興毅が実現するのかも。
素直に「観たい」とは言いたくないのですが、やはり盛り上がりそう。

また、内藤VS清水の前に行われた、同じフライ級のWBA戦は

----------
●WBA世界フライ級タイトルマッチ

坂田健史 判定勝ち 久高寛之
----------

ということで、チャンピオンの坂田選手が4度目の防衛に成功。

ポイントは116-112、117-111、118-111の3-0だったと思います。

この試合は9Rくらいからしか観られなかったので分かりませんが、
前半は結構ポイントを失いながらも、中盤から後半にかけて猛烈に追い上げる
坂田選手のお得意のパターンだったようで。

内藤 VS 坂田の統一戦も是非観てみたいです。
たしか昔、坂田選手が日本チャンピオン時代に内藤選手が挑戦して
引き分けているんですよね。

その対戦した2人ともが今は世界チャンピオンなのは素晴らしい。

ちなみに話は全く変わって、あさってから1泊2日で名古屋出張となりました。

天気予報を見ると、

金曜日:最高気温34℃
土曜日:最高気温35℃

ということで、死なないように無事に北海道へ生還してきたいと思いますhappy01

|

« 悲愴感/「はねるのトびら」より | トップページ | 名古屋出張から無事に帰宅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/42016492

この記事へのトラックバック一覧です: 内藤大助が逆転KO防衛!!-ボクシング:

« 悲愴感/「はねるのトびら」より | トップページ | 名古屋出張から無事に帰宅 »