« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月30日 (水)

内藤大助が逆転KO防衛!!-ボクシング

北海道出身(胆振管内豊浦町)のプロボクシング世界チャンピオン、
内藤大助選手の3度目の防衛戦が本日行われました。

9Rまでポイントでリードされながらも、10Rの逆転KO勝利!!
観ていてかなりヒヤヒヤしましたcoldsweats01
----------
●WBC世界フライ級タイトルマッチ

内藤大助 10R57秒KO勝ち 清水智信
----------

WBCのタイトル戦はオープンスコアリングシステム(?)だったかで、
4Rと8Rにそこまでの採点を公開するようになっているのですが、

4R終了 
 内藤37-39清水
 内藤38-38清水
 内藤38-38清水

8R終了
 内藤75-77清水
 内藤76-77清水
 内藤76-76清水

だったと思いますが、ポイントではわずかながら劣勢でした。

試合終了後の実況によると、9Rもどうやら3人のジャッジが全員
清水選手の10-9としていたようで、ポイントではかなり厳しい状況となって
いました。

10Rは序盤に何が何だか分からないうちに清水選手がダウンして、
さらに連打をして2度目のダウンを奪っての10カウント(たぶん)。

後のスポーツニュースで見ると、内藤選手の左一発がきっかけで
一気に勝敗がひっくり返ったみたいです。

ここまで完全な一気の逆転KOというのもなかなか無いですよねぇ。
清水選手としてはホントにあと一歩でした。

そして試合終了後のリング上のインタビュー。

そこへ乱入してきた亀田興毅。
Naitouv3

「インタビューが終わってから上がって来いよ。うっとおしいなぁ~」

と正直思ったのですが、おそらくは中継のTBS関係者の指示で
リングに上がった可能性がかなり高いと思われるので、
亀田選手に文句を言うのはやめておきます。

次は内藤VS亀田興毅が実現するのかも。
素直に「観たい」とは言いたくないのですが、やはり盛り上がりそう。

また、内藤VS清水の前に行われた、同じフライ級のWBA戦は

----------
●WBA世界フライ級タイトルマッチ

坂田健史 判定勝ち 久高寛之
----------

ということで、チャンピオンの坂田選手が4度目の防衛に成功。

ポイントは116-112、117-111、118-111の3-0だったと思います。

この試合は9Rくらいからしか観られなかったので分かりませんが、
前半は結構ポイントを失いながらも、中盤から後半にかけて猛烈に追い上げる
坂田選手のお得意のパターンだったようで。

内藤 VS 坂田の統一戦も是非観てみたいです。
たしか昔、坂田選手が日本チャンピオン時代に内藤選手が挑戦して
引き分けているんですよね。

その対戦した2人ともが今は世界チャンピオンなのは素晴らしい。

ちなみに話は全く変わって、あさってから1泊2日で名古屋出張となりました。

天気予報を見ると、

金曜日:最高気温34℃
土曜日:最高気温35℃

ということで、死なないように無事に北海道へ生還してきたいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

悲愴感/「はねるのトびら」より

水曜日の夜にフジテレビ系で放送の「はねるのトびら」。

先々週、先週の放送の企画で歌われた、

♪悲愴感~悲愴感~♪

というメロディーが、どういうわけだか頭から離れません。

これは、

・鈴木拓(ドランクドラゴン)
・山本博(ロバート)
・田中卓志(アンガールズ)

の3人で結成された、あの「羞恥心」を参考にした(?)

悲愴感

というユニットのデビュー曲のサビです。

タイトルも、これまた羞恥心と同じように「悲愴感」ということで、
完全にパクリではあるのでしょうが、この曲のメロディーに
妙にはまってしまっている自分がいます。

「デビュー曲」とはいえ、CD発売されるのかどうかは不明ですが、
もし発売されたら買ってしまいそう。

そんなメンバーの中の一人、ロバートの山本博が、
今夜テレビ朝日系で放送された

Qさま!!真夏の決戦 汗と涙の大感動スペシャル!!
~ロバート山本が挑戦 ボクシングプロテスト今回が最後のチャンス~

で、見事にプロテストに合格していました。

合格発表で名前があったときには、思わず僕も熱くなってしまいましたhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年7月26日 (土)

月間走行距離200キロ&ピンネの写真

今日の夕方に16キロを走ってきました(たぶんキロ5分くらいのペース)。

ジョグノートの記録によると、これで今月の月間走行距離が
ちょうど200キロとなりました。

この「1ヶ月に何キロ走ったか」の数字にこだわり過ぎるあまりに、
脚に違和感があるのに無理して走ったり、
月末に数字合わせのために詰め込んで走ったりで、
結果的に故障につながる危険性はかなりあると思います。

そんなわけで、あまりこの「月間走行距離」は気にしないようにしているのですが、
それでもどうしても気になってしまうという、片想いをしている乙女心(おっさん心)
のような心境なのですが、とりあえずやはり「200キロ」という数字は
気分的にも結構な達成感があります。

さてさて、夕方のランニングに出発する前、
郵便が我が家に届きました。

それは3週間ほど前の「ピンネシリ登山マラソン」の記録証と写真でした。

まずは記録証。
Pinnekiroku

30キロコース男子で第5位という、僕のランニング史上で過去最高順位を
大幅に更新しました。

ちなみに、去年のこのピンネの同じ30キロでの第9位が過去最高で、
それが「初の記念すべき一ケタ順位」でした。

この30キロコース男子で実際に参加した人は40人ちょっとだったみたいで、
規模の大きくない大会ならではの順位ではあるのですが、
そんなことは一切関係なく非常に嬉しいものがあります。

次は写真ですが、
・スタート前の集合写真
・15キロ地点の折り返し直前と直後
・ゴール
の計4枚が送られてきました。

その中でゴールの写真がこちら。

Pinnegoal

これだけ見ると、まるで優勝のゴールテープを切っているかのようですが、
もちろん違っていて、ゴールする全員にこのゴールテープが用意されていました。

ゴールする時に、

「どんなポーズでゴールしよう?」

ということしか頭になく、ストップウォッチを押すのをすっかり忘れていたほどですが、
出来れば帽子をとってゴールすればもっと良かったですなぁ。

今年は、僕の微妙な啓蒙活動が功を奏したのかどうかは不明ですが、
同じ職場の方が2人参加しました。

来年はさらに「ピンネ人口倍増化計画」といきたいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ROOKIES」は今夜が最終回

昔からほとんどドラマを見ない僕が、土曜日の夜にTBS系で放送している

ROOKIES(ルーキーズ)」

を見続けています。

見出したのは途中からで、たぶん5回目か6回目くらいだったと思いますが、
主題歌のGReeeeNの「キセキ」を聴きたいがために見たのですが、
すっかりとはまってしまいました。

野球部のメンバーでは、エースの阿仁屋役の市原隼人くんと、
キャプテンの御子柴役の小出恵介くんしか顔と名前が残念ながら
一致しないのですが、今夜の放送が最終回となってしまいました。

今夜は2時間スペシャルということで、TBSもこの「ROOKIES」には
随分と力が入っているようで。

今日の二子玉川学園の対戦相手の目黒川高校のエース役は、
あの「羞恥心」でダイブレークの上地雄輔なんですねぇ。

彼は今29歳らしいですが高校生役ということで、
そこら辺の適当さもまた魅力です。

「ニコガク」のメンバー役の中にも28歳の人もいるようですし。

そんなわけで、今夜はJリーグ中継も気になるので、
ビデオに録画して明日にでもじっくりと見たいと思います。

--------
ROOKIES(終) TBS系 午後7時~8時54分

「最終章終幕~さらば愛しの恩師…」

佐藤隆太 市原隼人 小出恵介 城田優 中尾明慶 高岡蒼甫
桐谷健太 佐藤健 五十嵐隼人 川村陽介 尾上寛之 上地雄輔
浅野和之 吹石一恵 大杉漣 ほか

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月22日 (火)

「2008北海道マラソン」の参加承認証

今日家に帰ると、北海道マラソンの「参加承認証」という
重々しい名称のものが無事に届いていました。

Doumarasyounin

これで「参加が出来る」ということが分かって一安心。

よく考えると本番の8月31日(日)まで後1ヶ月ちょっとですが、
とにかくケガをしないように準備をしていきたいですhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

山本昌が通算198勝目!-中日ドラゴンズ

200勝まであと2勝!
-------
プロ野球 セリーグ ナゴヤドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
中日 1 0 1 0 0 4 1 1 × 8

勝ち:山本昌 5勝3敗
負け:大竹   5勝10敗

ホームラン:森野9号
-------

来月8月の誕生日で43歳になる山本昌。

今日は中5日での先発となったのですが、6回を無失点(80球)という
素晴らしいピッチング。

6回裏のチャンスに、昌の代打で出た立浪が2点タイムリー2塁打という、
久しぶりに快心の気分での勝利(昨日の阪神戦は最後は半分泣きそうだった)。

これで山本昌は通算198勝目

先週も書きましたが、今シーズンは200勝に留まらずに2ケタ勝利までいって、
是非とも「カムバック賞」を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

2人退場も神戸と引き分け-コンサドーレ札幌

後半途中に2人退場するという大ピンチも、何とか引き分けに持ち込みました。
-------
サッカーJ1リーグ 第18節 札幌厚別

コンサドーレ札幌 1-1 ヴィッセル神戸

得点:前半22分 ボッティ(神戸)
    前半44分 ダヴィ(札幌)

退場:後半10分 高木(札幌)
    後半36分 芳賀(札幌)
-------

試合を観ていないので内容は分かりませんが、2人退場しながらの引き分けは
「貴重な勝ち点1」と言うしかないのでしょうね。
公式ページの速報経過を見た限りではポストにも何回か助けられたみたいですが、
よく粘って耐えました。

とはいえ、ホームなのでやはり「勝ち点3」がどうしてもほしかったのですが……。

これで厚別では今シーズン「3戦3分け」。

厚別では、2年前の9月から15試合くらい負けていないそうなので、

「不敗神話」

が続いていると言えばそうなのですが、同時に「勝てていない」というのも事実。

とりあえず今夜の試合で千葉(18位)、横浜FM(16位)、清水(15位)、
東京V(14位)が全部負けることを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

白石~北広島エルフィンロードを走ってきました!

僕の今年の「北海道マラソン完走プロジェクト」では、

「30キロ走を3回やる」

というのを設定したのですが、
1回目は2週間前のピンネシリ登山マラソンの30キロ。

実際は後半はかなり歩きまくったので微妙なところですが、
とりあえずは「1回目は達成」ということで強引に認定。

そして2回目は今日、東札幌から北広島まで続くサイクリングコースを
走ってきました。

午後1時プレイボールの高校野球南北海道大会決勝のテレビ中継が
気になったのですが、最後まで観ていると遅くなるので、

「5回終了 北海4-0札幌第一」

の段階で家を出発しました(結局、北海が6-0で甲子園出場決定)。

地下鉄に乗り、東西線の「南郷7丁目駅」で降りてサイクリングコースへ。

残念ながら、地面に書かれているはずの距離表示をなかなか発見できず、
地下鉄1駅分を戻った白石駅付近の橋の頂点あたりで「4.0キロ」の文字を
ようやく確認できて、そこからスタート。

ここのサイクリングコースは、札幌市内は500メートルごとの距離表示、
北広島市に入ると200メートルごとの距離表示という、
ペースを確認するには非常に素晴らしいコースです。

細やかにペースを確認するのが、必ずしもプラスな面ばかりでは無いですが…。

今日走ろうと思った「32キロ」という設定は、

・30キロをちょっとオーバーしたい
・でも、35キロまで行くとやり過ぎかも……

という、複雑な心境から生まれた距離。

ストップウォッチの記録による1キロごとのラップタイムは(全て秒未満は切り捨て)、

 1キロ 距離表示を確認できず
 2キロ 9分44秒
 3キロ 4分41秒
 4キロ 4分42秒
 5キロ 4分50秒
 6キロ 4分44秒
 7キロ 4分46秒
 8キロ 4分41秒
 9キロ 4分41秒←ここら辺で北広島市へ
10キロ 4分46秒
11キロ 4分47秒
12キロ 4分49秒
13キロ 4分45秒
14キロ 4分40秒
15キロ 4分45秒
16キロ 4分43秒
17キロ 4分51秒←折り返し
18キロ 4分55秒
19キロ 5分 7秒
20キロ 4分56秒
21キロ 5分 3秒
22キロ 4分55秒
23キロ 4分53秒
24キロ 4分52秒
25キロ 4分57秒←再び札幌市へ
26キロ 5分 6秒
27キロ 4分45秒
28キロ 4分56秒
29キロ 5分 2秒
30キロ 5分 5秒
31キロ 5分 3秒
32キロ 4分56秒

計:2時間35分43秒(平均で4分52秒/キロ)。

でした。

このコースはアップダウンが思いのほか激しかったので、
1キロごとのタイムだけでは判断しにくい部分もあります。

また、言い訳としては、今日の風はそれほど強くなかったとはいえ基本的には、
「前半が追い風、後半が向かい風」だったような気がします(たぶん)。

そんなところを考慮に入れると、今日の走りは後半のタイムの落ち込みも
最低限にしのげて、最後まで粘って走ることができたので、かなり満足な走りでした。

そんな満足感と一緒に、

「本番の北海道マラソンは、ここからさらに後残り10キロかぁ~sad

という憂鬱な気分も同時に強くおそってきたのですが、
とりあえずは今の段階で思いがけず快心の走りとなりましたhappy01

ここ最近ほぼ「禁酒生活」だったのですが、思わず久しぶりに

719beer

ビール500mL×4本をやってしまいました。

今日は湿度は少し高かったようですが、夕方の段階では気温が20℃程度で、
曇り空で日差しも強くなく、後半の向かい風も「涼しさ」という面ではプラスであり、
今の時期としてはかなり良い条件だったと思います。

とにかく明日は「完全休養日」で、コンサドーレ札幌の勝利を祈る1日とします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

「2008函館ハーフマラソン大会」に申込み完了

「今の調子の悪い状態の上原を、何で野球の日本代表に選ぶんだろう?」

と疑問に思った木曜日の夜、皆様いかがお過ごしででしょうか。

さて、一昨年、去年と2年連続で参加している「函館ハーフマラソン大会」。
Hakodate1_3

今年も参加しようと、今日の帰り道にローソンでお金を払ってきました。

Hakodateokane

今年は9月28日(日)開催です(午前9時50分スタート)。

札幌からはJRで片道3時間ちょっとかかるのでやはり遠いのですが、
函館は僕が小学4年生~高校生までの9年間住んでいた街ということもあり、
3年連続で参加の予定となりました。

この大会のお勧めのポイントは、前にも何回か書きましたが、

1.沿道の応援が多くて温かい
2.函館山のふもとや海岸通り沿いを走り、景色がいい
3.実業団などの日本のトップクラスの選手も参加(2回すれ違えるチャンスがある)
4.スタートとゴールは、千代台陸上競技場の400メートルトラックを使用

というところです。

この「函館ハーフマラソン」は、北海道マラソンの4週間後の大会となります。

道マラの後は、結果がどうあれ間違いなく一回燃え尽きた気分になると思うので、
この4週間の間隔というのは、練習を再開して大会に臨むには
ちょうどいいくらいだと思います。

去年の道マラの後の「燃え尽き症候群」の期間も2週間でしたし。

9月~10月は今のところ、

 9月28日 函館ハーフマラソン(ハーフ)
10月 5日 札幌マラソン(ハーフ)
10月13日 古平ロードレース(15キロ)
10月19日 北海道ロードレース(ハーフ)

という怒涛の4連戦を考えているのですが、まずはともかく「大一番」の
北海道マラソンに向けて、雨が降らなければ明後日の土曜日にでも
30キロ走をやる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

大分トリニータと引き分け-コンサドーレ札幌

今日の夜は、

・最近恒例としている水曜日ランニング
・札幌ドームへ中日ドラゴンズ×巨人の観戦
・厚別へコンサドーレ札幌×大分トリニータの観戦

という選択肢があり悩んだのですが、結局ランニングを選びました(12キロ)。

我らが中日ドラゴンズは8回表に一挙5点をとっての逆転勝ちだったようで、
いい北海道シリーズとなった2連勝でした。

さて、我らがコンサドーレ札幌は……
---------
●J1リーグ 第17節 厚別公園競技場

コンサドーレ札幌 0-0 大分トリニータ
---------

現在7位の大分と引き分けでした。2試合連続無失点というのは嬉しいのですが、
やはり勝ち点3がほしかったですねぇ。

公式ページの速報経過を見た限りでは、セットプレーを中心に
そこそこチャンスを作ってはいたようですが。

大分の先発メンバーの攻撃陣を見てみたら、ウェズレイ、前田俊介、金崎夢生、
鈴木慎吾、高橋大輔 と、いつの間にか結構なタレント揃いとなっていて、
まだまだ大分は「J2からの昇格組」というイメージがあったのですが、
J1で6年経つとやはり違うものです。

今日で17試合目ということで折り返し地点。
これで全てのチームと対戦したことになります。

「17試合で勝ち点15(4勝3分10敗)」

というのは、決して良くはないけど、残留に向けて致命的に悪い状況でもないので、
後半戦が勝負です。

次節は20日に厚別でヴィッセル神戸と対戦。

振り返って見るとここまで、

・ホーム  1勝2分5敗
・アウェー 3勝1分5敗

ということで、アウェーの成績だけ見れば全く悪くないのですが、
ホームで勝ち点がとれていないのが痛い。

そんなわけで、次節は厚別での今シーズン初勝利を飾って、
試合数と勝ち点を並べたいです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

山本昌が200勝までマジック3!

今日の我らが中日ドラゴンズの試合がデーゲームだったのを
すっかり忘れていました。
---------
●旭川スタルヒン球場

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
中日  2 0 0 3 0 1 0 0 1 7
巨人  1 0 0 3 0 0 0 0 0 4

勝ち:山本昌(4勝3敗)
セーブ:岩瀬(2勝2敗25セーブ)
負け:木佐貫(4勝3敗)

ホームラン:荒木、森野、中村、その他
--------

山本昌が今シーズン4勝目で、これで通算勝利が197勝に!!

山本昌は来月8月11日の誕生日で43歳になるのですが、
不思議なくらいに「年齢」というのが話題になりません。

一昨年はたしか11勝だったのですが(ノーヒットノーランも達成)、
去年は2勝止まりでした。

今シーズンもまだまだイマイチな感じではあるのですが、
ここから勝ち星を積み重ねて、マジック3とした200勝達成に留まらずに
2ケタ勝利で「カムバック賞」を狙ってほしいものです。

最近ドラゴンズが負けまくっていたので、久しぶりに気分がいいですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

今週末はミニ合宿?

今週末は嬉しいことに3連休です。

8月31日の北海道マラソンまで後1ヶ月半ほどということもあり、
この3連休の中のどこかで「30キロ走」をやる予定です。

週間天気予報を見ると、

19日(土) 曇り時々晴れ 最高気温25℃ 降水確率20%
20日(日) 晴れ時々曇り 最高気温26℃ 降水確率10%
21日(月) 晴れ時々曇り 最高気温27℃ 降水確率20%

ということで、今のところは良さそうな予報。

ちなみに、北海道マラソンの公式ページを見てみたら(こちら)、
--------
参加承認証は7月18日(金)に発送いたします。
到着まで、もうしばらくお待ちください。(2008.07.09)
--------

とのこと。

今の状況は、

・申込みはしてお金も払った
・すっかり出場する気になっている
・でもまだ参加が認められているのかどうか不明

なので、この「参加承認証」という重々しい名前のものが入った封筒が
今週末に届くことを心待ちにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

濃霧の中の試合-鹿島アントラーズ VS FC東京

今夜は夜7時からNHK-BS1でのJ1リーグ「鹿島アントラーズ VS FC東京」を
観ていました。

実際は8時までは「平成教育学院」を中心に見ていましたが。
ラサール石井、うじきつよし、河合美智子はたしかに久しぶりで懐かしかった。

それはさておき、鹿島とFC東京の注目の上位対決は

Kasima2  Kasima1

という感じで、テレビ画面をデジタルカメラで撮影するのはたしかに難しいのですが、
このように画面が白いのはそのせいではなく、本当に白かったです。

カシマスタジアムは海のすぐそばに建っているようなのですが、
その海で発生した濃霧が、競技場にまで流れ込んできたとのこと。

プロ野球の千葉マリンスタジアムも同じようにすぐそばに海があって、
3年前の阪神タイガースとの日本シリーズの試合最中に、
同じような状況になったんですよね。

その時は千葉ロッテが大量リードしていたこともあって、

「濃霧によるコールドゲーム」

になった記憶があるのですが、時々こういう状況が発生するんですねぇ。
それでも珍しい。

試合が前半が0-0で、後半にFC東京が先制するも、
その後に鹿島が逆転をして、終わってみれば結局は
「鹿島4-1FC東京」という結果でした。

これで、昨日の試合で大分トリニータに負けた浦和レッズに変わって、
鹿島アントラーズが首位に浮上。

首位争いも混戦となっていて、こちらの争いは「他人事」として気楽に楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェフ千葉に完封勝ち!!-コンサドーレ札幌

今シーズンのリーグ戦16試合、ナビスコ杯6試合を通して初の「完封勝ち」です!
--------
サッカーJ1リーグ 第16節 フクダ電子アリーナ

ジェフ千葉 0-3 コンサドーレ札幌

得点:前半 2分 中山元気
    前半13分 ダヴィ
    後半15分 ダヴィ
-------

「17位 VS 18位」という裏天王山の直接対決ということで、
レフェリーも岡田正義さんというワールドカップ経験レフェリーだったこの大一番、
札幌が3-0で勝利しました!!

レフェリーの岡田さん起用はたまたまでしょうが。

クライトンが出場停止だったのですが、結果的には彼を休養させての勝利となり、
非常に大きい勝ち点3です!!

これで16試合を終了して、

        勝点
10位 大宮 22
11位 神戸 22
12位 京都 21
13位 東京V 20
13位 磐田 20
15位 清水 19
-------
16位 横浜 18
-------
17位 札幌 14
18位 千葉  9

ということでまだ「自動降格圏内」ですが、地道に勝ち点を積み重ねていけば
上は混戦模様なだけに、まだまだ挽回は充分に可能です。

リーグ戦再開後は

G大阪 ●2-4
清水  △2-2
千葉  ○3-0

ということで、「1勝1敗1分け」という、結果的には理想的なペース。

次は16日の水曜日にホーム厚別で大分トリニータと。

大分とリーグ戦で戦うのは、おそらく2000年の9月か10月のJ2リーグでの
厚別以来。

その試合は厚別に観戦に行っていたのですが、前半にいきなり小松崎が退場して
苦しい状況ながら、アウミールのリーグ戦唯一のゴールと播戸のゴールで
2-1で勝利して、J1昇格をぐっと近づけた記憶があります。

相手の大分にはウィルとアンドラジーニャがいたはずです。懐かしい。

次節も勝利を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

「地球温暖化=二酸化炭素が主犯」はウソ?

今日の北海道新聞の夕刊の1面に
-------
温室ガス規制「不適当」 アメリカ政権が最高裁判決拒否
-------

という見出しが載っていました。

簡単に書くと、

「ブッシュ大統領は、経済活動の妨げとなるような温暖化対策には一貫して反対」

ということによる結論で、僕も「経済活動>>>温暖化対策」だと
強く思っているので、ブッシュ大統領は素晴らしいと言いたいところです。

そもそも、定説と思われている、

「地球温暖化=二酸化炭素などの温室効果ガスの増加が主犯格」

というのに異論を持つ研究者も少なからずいるようですし。

Ondankauso

2週間くらい前の北海道新聞に載っていた特集記事です。

一部を書くと、
-------
東京工大の丸山教授(地球惑星科学)は

「温暖化ガスの多くが水蒸気で、気温の変動は水蒸気の塊である雲の量の
影響が大きい」

とみる。
-------

とまぁ、良く分かったような分からないような感じなのが正直なところですが、
ヤフーやグーグルで「地球温暖化  二酸化炭素  嘘」で検索して
いくつかのページを見てみたのですが、それを読んだ感じでは、

「地球温暖化=二酸化炭素が悪いんだ!」

という説はかなりウソくさいような気がします。

本当かどうかは分かりませんが、

「温室効果の97%は水蒸気が関与」

ということで、残りのたった3%が二酸化炭素などのいわゆる話題になっている
「温室効果ガス」だそうで、そのたった3%のものの濃度がちょっと上昇したところで
そんなに影響があるとは思えないのが直感的なところです。

・地球の平均気温がここ100年間で0.6℃上昇している
・大気中の二酸化炭素濃度も、人間の産業活動によりここ100年間で上昇
・二酸化炭素には温室効果がある

だから、「地球温暖化の原因は二酸化炭素だ!」という結論付けで断言するのは
どうみても乱暴に思えます。

「コンピューターのシュミレーションによる予測によると、二酸化炭素が犯人なのは
 ほとんど確実なんだ!」

というのもよく耳にしますが、それはそもそも人間が

「二酸化炭素の濃度が上昇→地球温暖化」

という前提でプログラムをいじってコンピューターにシュミレーションさせて
いるのでしょうから、そのシュミレーションの予測結果を「神」のように扱うのも
明らかに疑問です。

何ヶ月か前に
------
北極海の氷が、シュミレーションの予測よりも速いスピードで減少している
------

というのを見た記憶がありますが、そこから考えられるのは、

「予測と現実が離れていたのは、そのシュミレーションの精度が怪しい証拠で、
北極海の氷に関しては温暖化以外の別のところに原因があるんじゃないか?」

だと思うのですが、何故か世間的には

「我々の想像以上に温暖化が進んでいるんだ!大変だ!!」

という結論になってしまったようで。

とまぁ長々と書きましたが今回言いたかったことは、今の「地球温暖化」は、
ただの自然現象による気候の変動に過ぎないような気がするということで。

もう少し言えば、

「二酸化炭素が原因かもしれないけど、今の段階では可能性の一つに過ぎない」

というようなところで、とても断言できるような確実さを感じないです。

「地球温暖化によって、1年後には日本でも何十万、何百万の人が死ぬ」

というのなら不確定でも緊急に対策を進めていくべきでしょうが、
実際はそうじゃないのだから、「怪しい」という主張をしている研究者が
少なからずいる以上、もう少しじっくりと検証してみてほしいものです。

もしかしたら何も関係ない二酸化炭素に対しての対策で、
「何兆円」という税金が無駄に投入されてしまいそうなのが
特に心配というかバカバカしいというか。

今から5年後、10年後くらいに

「あの地球温暖化のバカ騒ぎは、人類の歴史上、最大の汚点だったなぁ~」

と笑って振り返られるような世の中になっていてほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

ピンネのメロンを食す

この前の日曜日に行われた「ピンネシリ登山マラソン」の参加賞のメロン
食べごろとなったので、昨日・今日とで食べました~。

Pinnemelon2

あの暑い中を走った大会の参加賞と思うと、美味しさも倍増。
大変満足でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

今日は18キロのランニング

今日は仕事が終わった後、ある場所の「6キロコース」を3周してきました。
2周で終わる予定だったのが、勢いと流れで3周目に突入してしまいました。

この前の日曜日のピンネの疲れなどもそれほど無く、
脚の痛みなんかも特に感じなかったので一安心。

1周目:5分20秒/キロ
2周目:4分30秒/キロ
3周目:5分30秒/キロ

おそらく、だいたいこんな感じのペースで走ったのですが、
いろいろなペースで走ってみるのもなかなかオモシロくて、
有意義な水曜日の練習でしたhappy01

------
*新十津川町役場のホームページに、この前の「ピンネシリ登山マラソン」の
 話題がアップされていました(こちら)。
  
 写真の右側の中央あたり(将棋の盤面でいうと3五くらいの地点)に映っている
 「黄色のシャツ」はおそらく僕です。少年達が前を激走してくれたおかげで、
 この写真が選ばれたのだと思います。この少年達に感謝です~。

 大会結果も載っていて(こちら)、僕は2時間45分26秒で、
 30キロ男子の部の5位だったようです(参加人数は45人くらい)。
 6位と思っていたので、この結果を見てちょっと嬉しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

脚は大丈夫?

一昨日の日曜日の「ピンネシリ登山マラソン」から2日経ちました。

筋肉痛も思いのほか少なく、今現在ではほとんど疲労も感じません。
故障っぽい脚の痛みも無さそうで、ひとまずは一安心です。

「筋肉痛が少ない」=「ギリギリまで力を出し切らなかったのかも」というのが
気分的に少し感じてしまいますが、あまり気にしないでおきます。

特に他に書くネタが無いので、当日の写真を載せます。

Pinnetokei  Pinneasa
朝は目覚まし時計を4時20分にセットしたのですが、
奇跡的に4時15分に自然に目が覚めました。
しかも妙にすっきりとした目覚め。

今はこの時間帯で既に明るいんですねぇ。

Pinnehurusato
受付とスタート&ゴール会場の「ふるさと公園」。

この公園内には温泉とレストランの施設、野球場、サッカー場、テニス場、
パークゴルフ場などがあるみたいで、かなり立派なところです。

Pinnekouen
イベント広場です。

Pinnezieitai_2 
ご協力いただいた自衛隊の方々。
実際に山道の途中の何箇所かで、自衛隊の方々がこの車とともに
スタンバイをしていてくれました。

そんなわけで、脚が大丈夫そうなので、
明日は仕事が終わった後に走る予定です。

次の大会(たぶん)である北海道マラソンに向けて、
地道に準備していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

ピンネの新聞記事

今日の北海道新聞の朝刊に、昨日のピンネシリ登山マラソンの記事が
載っていました(上に「札幌圏」と書いてあるページなので、地域限定かな?)。

Pinneshinbun

ピンネシリ登山道 暑さに負けず快走~マラソンに194人~
---------
ピンネシリ(1100メートル)の登山道を走る第14回ピンネシリ登山マラソンが
6日、空知管内新十津川町ふるさと記念公園発着で開かれた。

今回は山頂付近が道路工事のため使えず、5キロ短縮した7合目まで
高低差約800メートルの40キロと、30キロ、15キロの3コースで競った。
札幌管区気象台によると、この日の同町は最高気温31・4℃。
道内各地から集まったランナー194人は厳しい往復コースを汗だくで走った。

40キロで優勝した札幌市の会社員○○さん(39歳)は
「暑くて苦しかったが、景色や風が変わり、自然との一体感があった」と話した。
---------

そこそこのスペースを割いて記事が載っていたので(しかも写真つき)、
妙に嬉しくなりました。

昨日も少し書きましたが、特に林道を下りきってからのラスト4キロくらいからは
見事なまでにヘロヘロになったのですが、実はスタート前から、

「今日は体調良さそうだなぁ~」

という感覚があって、実際スタートしてからも「調子の良さ」というものを感じて、
暑さを考慮しないで前半に勢いに任せて飛ばしてしまった感があります。

まぁ、前半にもし抑えていっていたとしても、後半にペースを維持して走られたか
どうかは全く分からないので何とも言えませんが、今後の大一番となる
8月31日の北海道マラソンは「暑さとの闘い」というのも大きな要因なので、

・前半は飛ばし過ぎに気をつけて、落ち着いて走る
・給水は取り過ぎない
・でも時には、立ち止まってでも給水をしっかり取ることも重要
 (道マラは参加人数が多いので、立ち止まるのは危険ですが……)

というあたりを教訓に感じました。

ただ、今回のピンネは全体的に「気分に任せたやんちゃな感じの走り」だったので、
普段は「慎重なレース運び(自称)」の多い僕にとって、後半にヘロヘロになったのも
含めて、たまにはこういう走りも良かったと思います。

ちなみに、メロンはあと2~3日くらいで食べごろになりそうですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

ピンネから無事に生還

新十津川町で行われた「第14回ピンネシリ登山マラソン」で
30キロを走ってきました~。

Pinnekaikaisiki_2

開会式の様子です。ちなみに話しているのは国会議員の橋本聖子さんです。
この大会の「大会名誉会長(だったかな?)」らしいです。

司会の方が「橋本さんには今日の大会に走っていただくことになっています」と
言ったのを聞いて、

「ファミリーコースの4キロだろうなぁ~」

と思っていたら、どうやら15キロを走ったとのこと。さすがです。

今年も参加賞は昨年に引き続きメロンでした。
Pinnemolon

そんなこんなで、札幌管区気象台のページを見てみたら、
隣の滝川市の今日の最高気温が31℃だったらしいので、
新十津川町も30℃を越える真夏日になっていたと思います。

という前置きは言い訳なのですが、

・前半の登りの最後で1回
・後半の林道の下りで1回
・林道の下りを終えたラスト4キロから3回

ということで覚えているだけで計5回、歩きが入ってしまいました。

ゴールタイムはたぶん2時間45分台だと思います。

「たぶん思います」というのは、この大会はゴール時に写真撮影が
サービスであるのですが、

「どういうポーズでゴールに入ろう?」

ということで頭が一杯で、時計を押すのをすっかり忘れていました。

その後も大会スタッフの方にスポーツドリンクをもらったり
水道のホースで水をかけてもらったりしているうちに、
気付くまでに時計は2~3分は進んでしまっていたと思います。

去年は2時間25分48秒ということで、順位は9位/52人という
初の記念すべき一ケタ順位だったのですが、
今年は去年より20分遅いゴールタイムでした。

プログラムを見ると、今年は男子の申込者が50人くらいで、
実際に走った人数はこれよりも少し少ないでしょうが、
まぁ、去年とだいたい同じ規模の参加人数だったと思います。

そして僕の順位は、タイムの落ち込み具合から大幅ダウンかと思いきや、
おそらく6位(もしかしたら5位かも?)。

正確な順位は2~3週間後くらいに完走証が送られてくるのですが、
たぶん「僕のランニング史上、過去最高順位の更新」は間違いないと思います。

それだけ今年の暑さに皆さんが苦しんだということでしょうねぇ。
結果的に順位は大満足と言えるほど良かったのですが、
ちょっと歩き過ぎたのが心残りといえば心残り。

とりあえずは無事に帰宅出来たので何よりですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

明日はピンネ(暑くなりそう……)

明日は新十津川町まで行って

第14回 ピンネシリ登山マラソン

の30キロを走ってきます~。

Pinnehagaki

今日はランオフにしようかどうか悩んだのですが、
結局、昼12時ちょうどくらいから30分程走ってきました。

「30分くらいなら」と軽い気持ちでスタートしたのですが、
やたらと身体がきつく感じて、

「いやぁ~、体調悪いのかなぁ~」

と思ったのですが、帰ってから調べると、今日の札幌の最高気温は30.7℃
いうことで、今年初の真夏日となりました。

そんなわけで、妙に辛かったのは「暑さが原因」ということにしておきます。

明日も暑くなるようですが、とりあえず岩見沢市の明日の天気予報は

晴れ時々曇り、最高気温28℃、最低気温19℃、降水確率10%

ということで、新十津川町がどうなるのかは分かりませんが、
間違いなく暑い中での大会となりそうですなぁ。湿度も少し高そうだし。

ただ、山道に入ったら少しは涼しくなるでしょうし、
せっかくの数少ない「遠征」なのだから、天気が良さそうなのは嬉しいです。

明日は午前4時過ぎに目覚まし時計をセットする予定。
まずは早起きがかなりの難関。

そんなわけで、明日の夜には無事に札幌に生還して、
このブログにも結果報告をしたいと思いますhappy01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

清水と引き分け-コンサドーレ札幌

今シーズンの厚別での初戦でした。
-------
サッカーJ1リーグ 第15節 厚別陸上公園競技場

コンサドーレ札幌 2-2 清水エスパルス

得点:前半14分 西澤(清水)
    前半29分 ダヴィ(札幌)
    前半44分 マルコスパウロ(清水)
    後半29分 池内(札幌)
-------

現在12位の清水に対して、ホームで勝ち点3をとって差を詰めたかったところ
ですが、そんな偉そうなことを言っていられない最近の負けっぷりなので、
まずは久しぶりの勝ち点を獲得で良かったということで。

今日の2得点ともいつも通りのセットプレー絡みだったそうですが、
そのキーマンのクライトンがおそらく累積警告をツモッて次は出場停止。

次節は来週の日曜日にアウェーでジェフ千葉との「裏首位攻防戦」です。

それよりもまずは今節の他の試合で、神戸、京都、東京V、磐田あたりの
勝ち点が伸びないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

北海道マラソンまで後2ヶ月

気がつけば8月31日(日)の北海道マラソンまで後2ヶ月を切りました。

今年の僕の中の「道マラ完走プロジェクト」としては、

「30キロ走を3回は行う」

を考えています。

今度の日曜日のピンネシリ登山マラソンでの30キロでまず1回。
次はその2週間後の祝日(海の日)がある3連休の中のどこか1日。
さらに8月に入ってからもう1回。

そんな計画でいます。

まずは何よりもピンネを無事に走ってきたいですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »