« 「2008年函館ハーフマラソン大会」のオススメ | トップページ | 立浪が決勝ホームラン!!-中日ドラゴンズ »

2008年6月27日 (金)

見応え満点の陸上日本選手権2日目

今日は夜7時30分からNHKで放送されていた

陸上日本選手権2日目(兼北京オリンピック代表選考会)

を観ました。期待以上のオモシロさでした。

まずは男子400メートルハードル
故障続きでかなり厳しい状態と言われてきた為末大(APF)が優勝。
オリンピック出場の内定を勝ち取りました。

トップでゴールに駆け込んだ瞬間、思わず手を叩いて喜んでしまいました。

次は男子200メートル。この種目は何と言っても末続慎吾(ミズノ)が有名ですが、
末次選手は3位に終わり、優勝したのは高平慎士(富士通)。

この高平選手は北海道出身(旭川大高)なので、
最後は追い上げてきた2位の選手とかなり際どかったのですが、
これまたゴールの瞬間は手を叩いてしまいました。

テレビ中継はありませんでしたが、女子400メートル障害で優勝の
久保倉里美(新潟アルビレックス)もたしか旭川北高出身ですし、
最近は北海道の選手のトラック種目はかなり強いみたいですねぇ。
高校生の大会でも色々な種目で上位に入っているようですし。

そしてメインは女子10000メートル(A標準:31分45秒)。

一般的には渋井陽子(三井住友海上)と福士加代子(ワコール)が
注目だったのでしょうが、やはり僕にとっては、北海道のチームである
ホクレン所属の赤羽有紀子に期待。

この3人の争いが凄まじかったです。

8000メートルを過ぎたころの福士選手のスパートを合図に
その競り合いの激しさがさらに増し、残り1周を切ってから
赤羽選手がスパート。

まず福士選手が遅れていき、正直「勝てる!」と思ったのですが、
最後の直線で渋井選手が逆転しました。

1位 渋井 31分15秒07
2位 赤羽 31分15秒34
3位 福士 31分18秒79

オリンピック内定は優勝の渋井選手だけですが、
代表枠はたしか「最大3」で、あとは選考する日本陸上連盟の判断ですが、
元々3人ともA標準をもっていて、今日のレースもそのA標準を大きくクリア
しているので、この3人が代表で間違いないでしょうね。

明日、あさっても夕方から中継があるようなので、
非常に楽しみです。

|

« 「2008年函館ハーフマラソン大会」のオススメ | トップページ | 立浪が決勝ホームラン!!-中日ドラゴンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/41666257

この記事へのトラックバック一覧です: 見応え満点の陸上日本選手権2日目:

« 「2008年函館ハーフマラソン大会」のオススメ | トップページ | 立浪が決勝ホームラン!!-中日ドラゴンズ »