« 沖縄尚学が優勝-選抜高校野球 | トップページ | 注目の榎VS粟生は引き分け-ボクシング »

2008年4月 5日 (土)

FC東京に負け-コンサドーレ札幌

Jリーグ第5節 味の素スタジアム

FC東京 1-0 コンサドーレ札幌

得点:前半12分 カボレ(東京)

今日はNHK-BSで中継があったので観ることが出来たのですが、
残念ながら負けてしまいました。

立ち上がりの前半1分、いきなりのFKのチャンス。
クライトンからのボールを曽田が頭で合わせるも、ゴールの横をわずかに外れる。

非常に惜しいシーンで、「今日はいけるかも!」と期待しましたが、
結局、前半はこれが唯一の見せ場でした。

前半12分の失点は、曽田の守備がどうだったのかなぁ~、と思わせるような、
相手選手のカボレに競り負け、そして「ファールじゃないよ」というような意味の無い
アピールで一瞬動きを緩めてしまったのが、納得がいきませんでした。

前半はCKのチャンスで曽田と元札幌の今野が競り合うという
感慨深い場面もありましたが(お互いに2001年に入団)、
特に書くことも無く前半終了。

前半が終わった後の三浦監督のインタビューでの第一声、

「全然ダメですね」

が全てを表わしているようで。

後半も立ち上がりから何も出来ないような状態で、

「今日はもう無理だなぁ~」

とも思ったのですが、後半10分ころに砂川が入ったあたりから
不思議なくらいに流れが変わって、札幌が攻める場面も多くなりました。

砂川からのクロスから中山の惜しいヘディングシュートもあり、

「同点に追いつけるかも!」

という期待感も高まっていくような感じの展開でしたが、
なかなか得点を奪えず。

後半40分過ぎには新外国人ノナトがリーグ戦初登場ということで、
ファーストタッチ(たぶん)は、右サイドでパスを受けてのクロス。

そのボールは、我々素人がよくやるような完全なミスキックで、
ボールが「あさっての方向」にいってしまいました。

まぁ、5分くらいのプレーだったので何とも評価は出来ませんが、
「契約解除」という噂もちらほら聞こえてきますが、
もう少し我慢してチャンスを与えてほしいです。

そんなわけでゴールを奪えずに0-1での敗戦。

後半途中からの内容は、そこまでの展開を考えると意外なくらいに良い内容で、

「次からに期待が持てる」

ということで強引に無理やり、今日の敗戦の痛手を和らげておこうと思います。

最後にちょっとだけ感想を箇条書きに。

・クライトンはやはり頼りになる
・右サイドの坪内の攻撃参加はなかなか魅力
・今日の西大伍は少しだけ頼もしく感じた
・FC東京はルーキーの大竹という選手が印象に残る
・解説:宮沢ミッシェル、実況:町田祐アナウンサーだったので、
 非常に安心して観られるテレビ中継だった。

|

« 沖縄尚学が優勝-選抜高校野球 | トップページ | 注目の榎VS粟生は引き分け-ボクシング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/40779773

この記事へのトラックバック一覧です: FC東京に負け-コンサドーレ札幌:

« 沖縄尚学が優勝-選抜高校野球 | トップページ | 注目の榎VS粟生は引き分け-ボクシング »