« 内藤大助が引き分け防衛!-ボクシング | トップページ | 男女マラソンのオリンピック代表が決定 »

2008年3月 9日 (日)

中村友梨香が優勝!-2008年名古屋国際女子マラソン

北京オリンピックの女子マラソンの代表選考を兼ねた

第29回 2008年名古屋国際女子マラソン

初マラソンだった、天満屋の中村友梨香選手が優勝となりました。

レースは最初の5キロが17分53秒と、単純計算でゴールタイムが
2時間30分くらいの、かなり遅いペース。

5キロを過ぎてもほとんど同じペースの中、
テレビのコマーシャルが開けた9キロ地点くらいで映ったのは、
まさかの高橋尚子選手の遅れ。

全く予想外でびっくりしましたが、何かトラブルがあったのは間違いないでしょうね。

どんなスポーツでも、こういうトラブルというのは起こりうるものなので、
それはそれで仕方が無いのですが、気になったのは

「こいつは、高橋尚子が明らかに嫌いなんだなぁ~」

という感じの、解説の有森裕子の冷たいコメント。

同じ競技をやっていた人間なんだから少しはフォローしろよと思って、
正直言って、かなり不愉快になりました。

(高橋尚子選手は、2時間44分18秒でゴールしたらしいです。)

レースはスローペースのまま、中間地点が「1時間14分43秒」で、
単純に倍すると2時間29分30秒くらいだったのですが、
結局、優勝した中村選手は

前半 1時間14分43秒
後半 1時間11分 8秒

ということで、後半の方が3分半くらい速かったんですねぇ。
名古屋では例年の多いパターンみたいですが、かなりのペースアップでした。

タイムはたしかに物足りない部分もありましたが、
ペースメーカーがいない分「駆け引き」というものが感じられ、
これはこれでオモシロいものがありました。

25キロを過ぎたあたりから、原選手が仕掛け、坂本選手が仕掛け、
堀江選手が仕掛け、そして32キロくらいで中村選手がスパートという、
勝負としては非常に見応えがありました。

僕が一番応援していた大南敬美選手は、前半の段階から
後方で何とかくらいついている感じで、ちょっと心配だったのですが、
残念ながら30キロくらいで離されてしまいました。

39歳の弘山選手もひそかに期待していたのですが、
これも30キロくらいで離されてしまい、残念。

中村選手と同じく初マラソンの尾崎選手が、一般参加ながら2位と大健闘。

オリンピック選考は、

1.土佐礼子(三井住友海上)が内定
2.野口みずき(シスメックス)が確実

で、「3枠目」がこれで、大阪で2時間25分34秒の2位だった森本友(天満屋)と、
今日の優勝の中村友梨香(天満屋)の、天満屋同士の争いとなりました。

単純なタイム比較では森本選手の方が上ですが、
終わった後の、日本陸連専務理事の「澤木御大」の話しぶりでは、
中村選手を選びたい感じでしたね。

このメンバーで今日勝ったので、まぁ、妥当といえば妥当かも。

男女ともマラソン代表は、明日発表になるとのことです。

--------
●第29回 2008年名古屋国際女子マラソン 結果

1位  2:25:51 中村 友梨香(天満屋)
2位  2:26:19 尾崎 好美(第一生命)
3位  2:26:39 加納 由理(セカンドウィンドAC)
4位   2:27:14 原 裕美子(京セラ)
5位   2:27:16 堀江 知
佳(アルゼAC)
6位   2:29:03 大島 めぐみ(しまむら)
7位   2:29:23 平田 裕美(資生堂)
8位   2:29:34 西尾 麻耶(九電工)

9位   2:29:50 弘山 晴美(資生堂)
10位 2:30:21 坂本 直子(天満屋)

11位  2:30:30 嶋原 清子(セカンドウィンドAC)
12位  2:30:58 吉田 香織(資生堂)
13位  2:31:45 町田 祐子(日本ケミコン)
14位  2:33:12 平良 茜(パナソニック)


27位  2:44:18 高橋 尚子(ファイテン)

|

« 内藤大助が引き分け防衛!-ボクシング | トップページ | 男女マラソンのオリンピック代表が決定 »

コメント

おしゃるとおり。有森さんの解説には温かさが足りませんでしたね。だから不愉快...
個人的には 増田明美さんの解説には公平感と温かさを感じています。

Qちゃんは 今回かっこいいと思いました!言い訳がましくもなく
清々しささえ感じました。

ところで昆明での合宿って危険じゃないいのかな?
水や食べ物が気になってます
野口さんも昆明でダウンしたようですよね


投稿: まぁ | 2008年3月11日 (火) 20時56分

>まぁさん

僕も増田明美さんの解説は好きですねぇ。
有森さんの解説も、たしかに的確で正しいことを言っているのでしょうが、
ちょっと僕には………、という感じでした。

「中国昆明での合宿」って、ホントに良く耳にしますよね。
それだけトレーニングには最適な場所なのでしょうが、
何となく多くの選手がそこでトラブルを起こしているような、
そんな印象もありますねぇ。

投稿: しげた | 2008年3月12日 (水) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/40437888

この記事へのトラックバック一覧です: 中村友梨香が優勝!-2008年名古屋国際女子マラソン:

« 内藤大助が引き分け防衛!-ボクシング | トップページ | 男女マラソンのオリンピック代表が決定 »