« 本日のスープ/大泉洋 with STARDUST REVUE (2004年) | トップページ | 藤原新が2時間8分台で2位に!-東京マラソン2008 »

2008年2月16日 (土)

世界が終るまでは…/WANDS(1994年)

昨日の篠原涼子の「恋しさと せつなさと 心強さと」に引き続いて、
僕が高校3年生だった1994年のヒット曲で。

Sekaigaawaru

世界が終るまでは…/WANDS(1994年6月発売)

「終わる」では無くて「終る」という表記なんですね。

この前のお正月の特番の、

「カラオケ 歌詞を見ないで歌いきったら200万円」

というような感じの番組で、たしか野久保直樹(クイズ!ヘキサゴンⅡで有名)が
この曲を歌いきって、200万円を獲得していました。

「アニメソング トップ10」という形で取り上げられていたのですが、
この曲はテレビ朝日系で放送されていたアニメ、

「スラムダンク」

のエンディング・テーマとなっていました。

オリコンのこの年の年間ランキングでは第10位という大ヒットでしたが、
残念ながらWANDSにとって、これが最後のヒット曲ともなってしまいました。

僕にとっては、「WANDSの最高傑作」と言えるほどに大好きな曲です。

2番のサビの歌詞の中の
-------
誰もが望みながら 永遠を信じない
…なのに きっと 明日を夢見てる

-------

という部分が、特に「胸キュン」です。

僕はまだ聴いたことが無いのですが、最近、「ACID(アシッド)」という
グループが、この曲をカバーして発売しているそうです。

WANDSのミリオンセラー曲はたしか

・もっと強く抱きしめたなら(1992年7月発売)
・時の扉(1993年2月発売)
・愛を語るより口づけを交わそう(1993年4月発売)
・世界が終るまでは…(1994年6月発売)

と4曲あるのですが、これが僕の高校生時代とちょうど重なっていて、
この当時はひたすらWANDSを聴いていた日々でしたなぁ。

近いうちに、

部屋とWANDSと私

というタイトルで、WANDSについての僕の熱かった想い入れなどについて
書きたいと思います。

ちなみに、この「世界が終るまでは…」のカップリング曲の

「Just a Lonely Boy」

という曲も非常に好きな曲で、このシングルは僕にとって
かなり価値の高い1枚です。

--------
●世界が終るまでは…
    作詞:上杉昇/作曲:織田哲郎/編曲:葉山たけし

大都会に 僕はもう一人で
投げ捨てられた 空カンのようだ
互いのすべてを 知りつくすまでが
愛ならば いっそ 永遠に眠ろうか...

世界が終るまでは 離れる事も無い
そう願っていた 幾千の夜と
戻らない時だけが 何故輝いては
やつれ切った 心までも 壊す...
はかなき想い... このTragedy Night

そして人は 形(こたえ)を求めて
かけがえのない 何かを失う
欲望だらけの 街じゃ 夜空の
星屑も 僕らを 灯せない

世界が終る前に 聞かせておくれよ
満開の花が 似合いのCatastrophe
誰もが望みながら 永遠を信じない
…なのに きっと 明日を夢見てる
はかなき日々と このTragedy Night

世界が終るまでは 離れる事も無い
そう願っていた 幾千の夜と
戻らない時だけが 何故輝いては
やつれ切った 心までも 壊す...
はかなき想い... このTragedy Night
 
このTragedy Night

|

« 本日のスープ/大泉洋 with STARDUST REVUE (2004年) | トップページ | 藤原新が2時間8分台で2位に!-東京マラソン2008 »

コメント

はじめまして
見も知らぬ方へのメール 失礼いたします。

WANDSがデビューした頃は私はもう30歳を超えていて、子供もいましたので、青春時代に彼らの音楽をに接することが出来た方をとても羨ましく思います。
私も「世界が終るまでは・・・」は好きですが、特に2番の「そして人は形(こたえ)を求めて かけがえのない何かを失う」という言葉に惹かれます。上杉は22歳の若さで、形のない、目に見えないものこそが大切であることを知っていた。
だからこそ その後の決断と行動があったわけですね。

それから私はこの曲以降のWANDSも大好きです。

では長文 乱文 失礼いたしました。

次回も楽しみにしております。

投稿: かぜまち | 2008年2月19日 (火) 09時29分

>かぜまちさん

はじめまして~。コメントありがとうございます!

この当時で上杉さんは22歳だったんですね。
デビューしたのが20歳くらいだったのかぁ。
彼の書く歌詞、そして歌声と、完全に虜でした。

ここら辺から、WANDSの曲が大きく変わりましたよねぇ。
正直なところ、僕はちょっとその変化に戸惑いが大きくなって、
知らず知らずのうちにWANDSから疎遠になってしまいました。

やはり僕が高校生の時にはまった音楽なので、
今でもWANDSを聴くと、懐かしいようなちょっと切ないような、
そんな気分になります。

またこのブログをのぞきに来てくださいねぇ~happy01


投稿: しげた | 2008年2月19日 (火) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/40143748

この記事へのトラックバック一覧です: 世界が終るまでは…/WANDS(1994年):

« 本日のスープ/大泉洋 with STARDUST REVUE (2004年) | トップページ | 藤原新が2時間8分台で2位に!-東京マラソン2008 »