« 2008年箱根駅伝の予想 | トップページ | まさかの途中棄権……-2008年箱根駅伝往路 »

2008年1月 1日 (火)

コニカミノルタが優勝-2008年ニューイヤー駅伝

毎年の年明けの恒例行事、

「1月1日はニューイヤー駅伝を、スタートからゴールまで全て観る」

を今年も達成いたしました。

結果はというと……

優勝:コニカミノルタ
2位:中国電力
3位:Honda
4位:安川電機
5位:トヨタ自動車九州
6位日清食品
7位:トヨタ紡織
8位:富士通
9位:スズキ
10位:大塚製薬

ちなみに、3日前くらいにこのブログで書いた予想は……

【予想】

優勝:コニカミノルタ
2位:日清食品
3位:中国電力
4位:Honda
5位:トヨタ自動車九州

6~10位:スズキ、山陽特殊製鋼、トヨタ紡織、トヨタ自動車、安川電機

とうわけで、コニカミノルタの優勝が当たり、
日清食品が思ったより順位が低かったけど、
10位までに入ったチームを(順位は関係なく)見ると、
10チーム中8チーム当たっていたので、まずまずの予想結果。

予想が当たったからといって、だからどうしたというわけではありませんが。

レースは1区のコニカミノルタの太田崇選手(札幌学院大出身)の
3位の走りにより(前2人は外国人選手)、
この時点で、日清食品が大きく出遅れたこともあり、

「あぁ~、これでたぶんコニカの優勝は濃厚だなぁ~」

と思わせる快走でした。

長距離で活躍している選手には、北海道出身の選手があまりいないので、
その面では嬉しかったです。僕と同じ31歳のようですし。

注目のトヨタ自動車九州は、1区で31位と大きく出遅れましたが、
2区の三津谷選手が26人抜き(?)の激走。

区間賞はコニカの松宮隆行選手でしたが、それに継ぐ区間2位の走りは
見事でした。

そして5区は山の神こと今井正人選手。

さすがに、10秒遅れでタスキを受け取った中国電力の佐藤敦之選手には
おいてかれていきましたが、それでも区間5位の記録ということで、
いい社会人デビューということで、これからが楽しみです。

中国電力の5区の佐藤敦之選手は今回はそれほど目立ちませんでしたが、
それはトップとの差が3分近くあったせいで、
それでもコニカミノルタとの差を1分ほど縮めての区間賞。

そのコニカミノルタの坪田選手が区間2位だったので、
やはり佐藤選手は早かった。

僕の大ファンの飛松誠選手(安川電機)は、2区で区間17位と
それほどではありませんでしたが、前半はテレビに結構映ったので、
とりあえずは満足です。

安川電機は4位ということで、ここまでくるのは予想外の大健闘。

日清食品は1区で29位と出遅れ、2区の期待の徳本選手もイマイチの走り。
少なくとも優勝争いには加わるとは思っていたのですが……。

3位のHondaは、アンカーの藤原正和選手が区間賞。

藤原選手は中央大時代に箱根駅伝で活躍。
たしか4年生のときに「びわ湖毎日マラソン」で初マラソンで、
いきなり2時間8分台を記録したんですよね(2003年かな?)。

しかしそこから故障の連続だったようで、ほとんど名前を聞かなかったのですが、
今回の活躍は嬉しいです。

旭化成
カネボウは2区の選手がともに大ブレーキで、
最終的には27位と33位という成績。

特に旭化成は去年は2位だったのですが、
やはり駅伝は難しいものですねぇ。

そんなわけで、出来ればもう少しトップが入れ替わって、
最後まで激しい優勝争いが観たかったのですが、
それでも充分に楽しめました。

明日からは箱根駅伝。また早起きをしなければ。

------
●区間賞

1区:G.アセファ(SUBARU)
2区:松宮隆行(コニカミノルタ)
3区:N.ゲディオン(日清食品)
4区:梅木蔵雄(中国電力)
5区:佐藤敦之(中国電力)
6区:池永和樹(コニカミノルタ)
7区:藤原正和(Honda)

|

« 2008年箱根駅伝の予想 | トップページ | まさかの途中棄権……-2008年箱根駅伝往路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/17545504

この記事へのトラックバック一覧です: コニカミノルタが優勝-2008年ニューイヤー駅伝:

» 「山の神」より、「飛松誠」!!! [「あさかぜ」4号のふしぎな更衣室。]
長丁場である(約5時間半) 「ニューイヤー駅伝」のビデオを、 やっと、観終わりました。 「山の神」と呼ばれた男、 今井正人選手と、 「佐藤敦之様」との対決に注目が、 集まっていましたが、 佐藤選手の圧勝でしたね。 流石でした。 http://www.tbs.co.jp/newyearek... [続きを読む]

受信: 2008年1月10日 (木) 01時13分

« 2008年箱根駅伝の予想 | トップページ | まさかの途中棄権……-2008年箱根駅伝往路 »