« まさかの途中棄権……-2008年箱根駅伝往路 | トップページ | 駒大が総合優勝-2008年箱根駅伝 »

2008年1月 2日 (水)

早大が往路優勝-2008年箱根駅伝

高校サッカーの室蘭大谷は、藤枝東(静岡)に「1-4」で負けてしまいました。

0-3から後半に1点返した後はずっと「もしかして」という期待を持たせる内容で、
惜しいチャンスも何度もあったのですが、やはり相手が強かったです。

そんなわけで、今日の箱根駅伝の往路の感想、というかあらすじ書きを。

1区
   15キロくらいまでは20チームが団子状態に。そこから最初に遅れたのが、
  去年の優勝の順天堂大。立ち止まりそうになったときもあったので、
  脚の痙攣でもあったのでしょうか。
   
   結局、城西大がラストスパート対決に勝って、見事区間賞。
   
   一時期はゴールすら危ういと思った順天堂大も、最下位ながらも何とか
  1分51秒差でタスキ渡し。この時点ではまだまだ挽回可能と思ったのですが…。

   あとは法政大の選手が、ずっと左手を下げたままで走っていて、
  何かトラブルがあったとは思うのですが、腕か肩にでも異変があったのでしょうか。

●2区
   ここ10年くらい、毎年のように山梨学院大
  「1区で出遅れ→2区の外国人選手が最初からゴボウ抜きも後半失速」
  というのが定番となっていましたが、今年は1区で珍しく(?)7位で、
  トップから7秒差という非常にいい位置でモグス選手にタスキ渡し。

   そのおかげか、モグス選手も落ち着いた出だしから、それでも前半であっさりと
  トップに立ち、去年のように最後に失速することもなく見事に区間新
   9年前の順大の三代直樹選手(今は富士通)の記録を更新となりました。

   1区で出遅れた優勝候補の東海大は、伊達選手の13人抜きの快走で
  3位に浮上。

   その伊達選手よりもタイムが良かったのが、中央学院大の木原選手。
  まだ3年生なので、来年も楽しみな存在。

   1区で19位の日本大は、ダニエル選手の15人抜きで4位に浮上。

●3区
   早稲田大の竹澤選手と中央大の上野選手に注目が集まりましたが、
  2人とも故障や風邪とのことで、万全ではなかったみたいです。
   それでも竹澤選手が区間賞、上野選手が区間2位だったので、
  悪い状態ながらにも結果は残しました。

   トップの山梨学院大の田中選手(4年生)は、これが本格的な大会の最後の
  レースということでしたが、区間6位のいい走りでトップを守ってタスキを渡せて、
  最高の締めくくりだったのではないでしょうか。

   順天堂大は19位に低迷したまま……。

●4区
   この区間は、ここ何年か、あと一歩で本戦出場を逃している拓殖大
  久野選手をひそかに応援していました(関東学連選抜)。
   19位までのチームが中継所でタスキを渡した段階では、この久野選手が
  一番いいタイムだったのですが、何と、最下位で中継所に入ってきた
  国士舘大の阿宗選手が、その久野選手を30秒も上回る驚きの区間賞。

   タスキを貰った段階で国士舘大は独走の最下位で、前のチームの姿も
  見えない状況で、この区間賞は凄いものです。

   国士舘大はここ何年か、予選会で「インカレポイント」に救われて出場権を得て、
  そして本戦では最下位かそれに近い成績が続いたので、正直印象が良くなかった
  のですが、この区間賞はびっくりです。

   トップ争いは、山梨学院大が差をつめられながらも、そのままトップでタスキ渡し。

●5区
   6位でタスキを受け取った早稲田大の駒野選手がどんどん順位を上げて、
  駒澤大の安西選手と一緒に並んで、とうとう山梨学院大を抜いてトップに。

   「飛ばし過ぎて、後半ヘロヘロになるんじゃないのか?」

   と思ったのですが、駒澤大も引き離して、1分14秒差をつけてのゴール。
  去年の今井選手の区間記録にも8秒遅れただけでした。

   早稲田大のこの往路優勝は、全く想像もしていませんでした~。
  
   駒澤大はまずは順当という感じでしょうか。東海大と3分42秒差がありますし、
  明日の総合優勝の可能性はかなり高そう。
   あいかわらず、あまり目立たないけど堅実なレース運びで、
  オモシロい展開を期待している身にとっては、ちょっと残念な結果。

   東海大は実力のある選手達を補欠にエントリーしているらしく、
  今日はエントリー変更が一人もいなかったので、明日の復路には期待が
  持てますが、何となくこの作戦は失敗のような気がします。
  明日もイマイチの結果になる予感が……。根拠は無いですが。

   関東学連選抜が9位から4位へ。亜細亜大が11位から7位へ。
  そして国士舘大が最下位の20位から13位へと、大幅に順位を上げました。
   もちろんその逆のチームもいるわけで、ちょっとこの5区の1区間で差が
  着き過ぎる印象で、5区の距離を伸ばしたのははっきりいって大失敗だったと
  思うので、元に戻してほしいです。

   学連選抜はこの区間も上武大の福山選手が区間3位の走りで、
  往路は何と4位までジャンプアップしてのゴール。
   もし明日、駒澤大がブレーキでも起こせば、優勝争いに絡むことすら夢では
  ないので、是非ともそうなってほしい。

   そして、順天堂大の小野選手は18位でタスキをもらって、そして途中で12位
  まで上がってきたので、結果的にはオーバーペースだったのでしょうね。
   ただ「後半失速したら、それはそれで仕方が無い」という気持ちで前半から
  突っ込んだのでしょうし、まさか途中棄権とは本人も想像してなかったでしょうが、
  ある意味、勝負をかけた走りだったので、何とも言えない気分。

   そんなところで、明日は駒澤大が順当にトップに立って、順当に逃げ切る展開を
  予想しますが、何が起こるか分からないので世の常なので、
  明日も早起きしてしっかりとみたいと思います。

-----
【第84回箱根駅伝 往路】

優勝:早稲田大(3位→12位→5位→6位→1位)
2位:駒澤大(2位→5位→6位→5位→2位)
3位:山梨学院大(7位→1位→1位→1位→3位)
4位:関東学連選抜(8位→10位→10位→9位→4位)
5位:中央学院大(9位→2位→2位→3位→5位)
6位:日本大(19位→4位→9位→10位→6位)
7位:亜細亜大(14位→13位→13位11位→7位)
8位:東海大(16位→3位→7位→8位→8位)
9位:東洋大(4位→6位→4位→4位→9位)
10位:中央大(5位→7位→3位→2位→10位)
11位:大東文化大(13位→11位→11位→12位→11位)
12位:帝京大(6位→15位→15位→16位→12位)
13位:国士舘大(12位→20位→20位→20位→13位)
14位:日体大(11位→9位→8位→7位→14位)
15位:法政大(18位→17位→18位→19位→15位)
16位:城西大(1位→14位→12位→13位→16位)
17位:専修大(15位→16位→16位→15位→17位)
18位:東京農大(10位→8位→14位→14位→18位)
19位:神奈川大(17位→19位→17位→17位→19位)
-位:順天堂大(20位→18位→19位→18位→-)

【区間賞】
1区:佐藤直樹(城西大)
2区:モグス(山梨学院大) 区間新!
3区:竹澤健介(早稲田大)
4区:阿宗高広(国士舘大)
5区:駒野亮太(早稲田大)

|

« まさかの途中棄権……-2008年箱根駅伝往路 | トップページ | 駒大が総合優勝-2008年箱根駅伝 »

コメント

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ここ数年、山梨はいい感じで走っては途中失速で・・
今回も山登りで失速しましたね。
まあ1年生だったので、経験不足もあったんだとは思いますが・・
明日の復路、どこまで差をつめられるか楽しみです。
そして、今日ゴールした学校全てが襷リレーできますように。
繰上げ出走後に走ってきたランナーが、崩れ落ちる姿を見るのがどうも辛くて。

投稿: ゆり | 2008年1月 2日 (水) 23時14分

こんばんは

見てる点がすごいですね♪

小野くんはかわいそうでしたが、
これは完全に他の4選手にも問題があった訳だし、
監督の選手の人選ミスでもあるから、
今年はダメでも来年復活してもらいたい。

幸い、小野くんは2年前の難波くんと違い、
3年生なのだから

投稿: リリヲー | 2008年1月 2日 (水) 23時16分

こんばんわ。
いや~大波乱の本戦でしたね。
いろいろ語りたいのですが、ブログで書ききっちゃったので^^;
ちょっと端折ります。
順天堂大はビックリでしたね。
最初、20位での襷リレーでしたが、シード権内まで這い上がれるだろうと思ってたんです。
でも、実力のある選手もなかなか発揮できないんだなって事が分かりましたね。
あと印象的なのは学連選抜ですね。
拓殖大の久野選手の走りが素晴らしかったです。
個人的に区間賞を獲ってほしいなぁと思っていたのですが、国士舘大の阿宗選手も素晴らしかったですね。
あとは上武大の福山選手ですね。
4位にくい込むなんて凄いです^^
早稲田大学が往路優勝は嬉しかったですね~。
今井君の記録が抜かされちゃうんじゃないかってドキドキでしたが^^;
渡辺監督も嬉しそうでしたね。
明日も楽しみです。

投稿: 苗坊 | 2008年1月 2日 (水) 23時35分

>ゆりさん

明けましておめでとうございます。
今年もコンサドーレ札幌に一喜一憂しましょう!
(出来るだけ「喜」が増えますように……)。

山梨学院大、山登りの1年生の彼は、2人に抜かれた後に
それでもよく粘りましたよねぇ。
何とか3位はキープ。
明日はどうなることか。シード権は獲得してほしい。

山梨学院出身の漫画家の「あの方」も、きっと応援していることでしょう。

何とか明日はタスキを全てのチームが渡してほしいです!
「繰り上げスタートの悲劇のドラマ」は3~4年に1回くらい
見られれば充分です。

投稿: しげた | 2008年1月 2日 (水) 23時40分

>リリヲーくん

順大の5区の小野くんは、出遅れた分を少しでも取り戻そうとした
末の結果なので、何とも言えない気分。

2年前の難波くんを僕も思い出したけど、小野くんには
来年またこの舞台に戻ってきてほしい。

「大ブレーキ」のシーンはもう見たくないので、
明日の駒大の選手達には「ちょっとだけブレーキ」を期待して、
優勝争いをもつれさせてほしい。
早稲田がどこまで粘れるのかも注目。

投稿: しげた | 2008年1月 2日 (水) 23時49分

>苗坊さん

順天堂は1区の段階では、何だかんだ言ってシード圏内には
挽回してくるだろうと思っていたのですが、4区が終わっても
18位でしたもんねぇ~。

「駅伝はやはり流れが大切なのかなぁ~」

と思っていたら、最下位を独走していた国士舘大の4区の
選手が区間賞を獲ったのにはびっくり。

5区も快走で、「手の平返し」で国士舘を明日応援したく
なってしまいました。

「拓殖大の久野主将のファン」というマニアックな共通点を
持つ我々にとって、
今日の走りは嬉しかったですねぇ~。

早稲田には明日も何とか粘ってほしい。
渡辺監督の大学時代の雄姿を覚えている身としては、
今の監督の体型に対して違和感がありまくりですが……。

明日は優勝争いもシード権争いも楽しみです!

投稿: しげた | 2008年1月 2日 (水) 23時57分

明けましておめでとうございます。ピザテンフォーのyutakrlsonです。昨年はお世話になりました。私のブログでは、函館の初日の出の様子など掲載してあります。是非ご覧になって下さい。テンフォーは、年末年始は稼ぎ時なものですから、お店も会社もフル操業です。ですから、毎年残念ながら駅伝は見ることができません。初詣は落ち着いてから行きます。本年もよろしくお願いいたします。

投稿: yutakarlson | 2008年1月 3日 (木) 11時06分

>yutakarlsonさん

明けましておめでとうございます!
年末年始もお仕事、お疲れ様です~。

ブログのトップページの五稜郭公園の写真、綺麗ですねぇ。
高校生までは函館に住んでいたので懐かしい。

今年もよろしくお願いいたします。

投稿: しげた | 2008年1月 3日 (木) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/17555811

この記事へのトラックバック一覧です: 早大が往路優勝-2008年箱根駅伝:

« まさかの途中棄権……-2008年箱根駅伝往路 | トップページ | 駒大が総合優勝-2008年箱根駅伝 »