« 2008年の北海道マラソンは8月31日に | トップページ | 壮絶な優勝争い-2007年全国高校駅伝 »

2007年12月22日 (土)

ホンダFCが大健闘!-サッカー天皇杯

今日の午後は、NHK-BSでずっとサッカーの天皇杯を観ていました。
「ヒマ人」とか言わないでね。

2試合目の、

鹿島アントラーズ×ホンダFC

は、J1リーグのチャンピオンチームと、JFL5位のチームとの対戦。

ここまでJリーグチームを3チーム倒しているホンダFCに
ひそかに期待はしていたのですが、

「さすがに、ここはアントラーズが無難に勝つだろうなぁ~」

と思っていました。

1試合目のガンバ大阪×清水エスパルスが延長戦となったため、
この試合のテレビ中継は前半30分過ぎから開始しました。

ここまでで「0-0」だっただけでも「大健闘」だと思ったのですが、
前半はこのまま0-0で終了。

後半も得点が入らないまま進み、20分過ぎからはむしろホンダFCの方が
ゴール前のチャンスを多く作る展開。

それにしても、ホンダFCの選手はとにかくよく走る!
鹿島の選手がボールを持ったら、すかさず2~3人がプレッシャーをかけにいく。

「これはもしかして、大金星も!」

と期待した後半35分過ぎ、ホンダFCの中盤の選手が2枚目のイエローで退場

もちろん審判は、ルールに基づき公平にジャッジをするのみなのは分かるのですが、

「そこまで職務に忠実にならなくていいだろぉ~!」

と、軽くこのレフェリーに「殺意」すらを覚えました、というのはさすがに大げさですが。

1人少なくなったホンダFC、さすがにここまでかと思いましたが、
そのあとも必死に守って得点を与えず、
逆に後半終了間際には、かなり惜しいシュートも。

延長戦に入っても、とにかく粘って耐えていたのですが、
延長後半7分に、柳沢にとうとう勝ち越しゴールを与えてしまいました。

ここで「がくっ」ときて、もう残り時間は試合にならないかなとも思ったのですが、
その後も何とかパスをつないで、鹿島のゴール前まで何度かいい形でボールを
運んでいました。

残念ながらゴールは生まれずに、1-0で鹿島の勝利。

しかし、サッカーの試合を観て、こんなに感動したのはあまり記憶にないくらい、
ホンダFCの戦いぶりは見事なものでした。

「もしあの退場がなければ……」

と、言っても仕方がないことですが、
今日の主審には八つ当たりをしたいところです。

しかし、ホントにいい試合でした!

特に、途中出場の背番号15番の選手(吉村選手だったかな?)の、
3~4人抜きのドリブルには、

「コンサドーレ札幌にほしい!」

と思わせる、素晴らしいものがありました。

ちなみに第1試合(ガンバ大阪×清水エスパルス)は、延長戦の末、
元コンサドーレ札幌の播戸のアシストによりあげた1点を(ゴールは寺田)、
元コンサドーレ札幌のGK藤ヶ谷の再三の好セーブにより、
1-0でガンバ大阪が勝って、ベスト4へと進出を決めました。

明日は、J2の愛媛FCに期待です!

|

« 2008年の北海道マラソンは8月31日に | トップページ | 壮絶な優勝争い-2007年全国高校駅伝 »

コメント

試合後、ホンダの鈴木選手が「すごく悔しい」とインタビューに答えていましたね。
鹿島の選手は一様にほっとした表情だったし、
対照的でした。
親会社の方針で、Jに上がらない彼らにとって天皇杯は特別なんでしょうね。

本当に、もうちょっとだったのに。

「 こ こ で す か 」
って鹿島がちょされるとおもったのにwwww

投稿: ゆり | 2007年12月23日 (日) 00時45分

>ゆりさん

いやぁ~、ホンダは素晴らしかったですね!
この天皇杯に賭ける彼らの意気込みが痛いほど感じられ、
ホントに胸が熱くなりました。

でも、本当にもう少しだった……。

アジア最強のクラブチームに勝った愛媛FCと、
Jリーグチャンピオンに勝ったホンダFCの元日決戦が
観たかったなぁ。

投稿: しげた | 2007年12月23日 (日) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/17447129

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダFCが大健闘!-サッカー天皇杯:

« 2008年の北海道マラソンは8月31日に | トップページ | 壮絶な優勝争い-2007年全国高校駅伝 »