« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月30日 (日)

2008年箱根駅伝の予想

今日は、1月2日、3日に行われる

「第84回箱根駅伝」

の順位予想ということで。

まずは1年前の結果。

優勝 順大
2位 日大
3位 東海大
4位 日体大
5位 東洋大
6位 早大
7位 駒大
8位 中大
9位 専大
10位 亜大

1区の佐藤悠基選手の区間新の走りにより東海大がトップを独走するも、
5区の山の神こと今井くんの激走で、順大が往路優勝。

復路も9区の長門選手、10区の松瀬選手の区間賞の走りもあり、
順大が往路、復路、総合優勝の完全優勝を飾りました。

ただし、上に書いた順大の3人は全員が4年生で卒業してしまったため、
今回の順大はちょっと厳しいかも。

今回の大会は上に書いた上位10チームのシード校に加え、
予選会から勝ち上がってきた、

中央学院大、帝京大、城西大、山学大、大東大、神大、
国士舘大、東京農大、法政大、

そして学連選抜の計20校で争われます。

●10月 出雲駅伝(6区間44キロ)
--------
優勝 東海大
2位 日大
3位 日体大
4位 駒大
5位 順大

●11月 全日本大学駅伝(8区間106キロ)
-------
優勝 駒大
2位 日体大
3位 中大
4位 東海大
5位 早大

という今シーズンの結果からみると、距離が長くなればなるほど、
人数が増えれば増えるほど、駒大が強いような気がします。

ただ、駒大が優勝だと、何となく順当でオモシロくない気分になるので、
あえて駒大は外します。

そんなわけで予想を(最大の根拠はです)。

優勝 東海大
2位 日体大
3位 駒大
4位 東洋大
5位 日大

6位~10位 順大、中央、亜大、中央学院大、城西大

(*1月3日午後11時追記)
 悲しいくらいに予想は外しまくりでした。レースを観た感想は
  往路:
http://run-consa-dra.way-nifty.com/hero/2008/01/2008_0b41.html
  復路:http://run-consa-dra.way-nifty.com/hero/2008/01/2008_60a3.html
 に書きましたので、よかったら読んでみてください~

区間エントリー表を見ると、東海大は伊達選手がエース区間の2区。
佐藤悠基選手は補欠ですが、たぶんこれは作戦で、
当日の区間エントリーで変更して走ってくると思われます
(もしかしたら本当に調子が悪くての補欠かもしれませんが)。

東海大には、同じく補欠で荒川丈弘という4年生の選手がいるのですが、
彼は札幌山の手高校出身で、今日の北海道新聞には
「走る可能性が高い」ということが書かれていたので、
その応援を込めて、東海大を優勝に予想します。

日体大は、「山の神」の名付け親の北村聡選手(4年)が、
前回までは3年連続5区の山登りでしたが、
今回はエース区間の2区に。

今シーズンの日体大は出雲が3位、全日本が2位と安定した結果となっているので、
優勝争いに絡んでくれると新鮮で面白い。

あとは、前回2区で区間賞を獲った早稲田大の竹澤選手は、
坐骨神経痛(だったかな?)で出場は微妙との情報がありましたが、
3区にエントリーされています。

本来は2区で使いたかったと思うので、やはり状態はあまり良くないのかも。

そんなわけで、早稲田は今回はシード落ちを予想。

2区は山梨学院大のモグス選手の区間新を期待。
前回は最初飛ばし過ぎて、最後にがっくりと落ちたのですが、
今回はどうなるのでしょうが。

モグス選手がまた失速するようなら、中央学院大の木原真佐人選手が2区の
区間賞を獲るような気がします。

そんなわけで、1月2日、3日とも朝8時スタートなので
早起きをしなければなりませんが、今から非常に楽しみ。

--------
*( )内は区間記録です。

1区 21.4キロ(1時間01分06秒;東海大  佐藤 悠基 07年)
2区 23.2キロ(1時間06分46秒;順大  三代 直樹 99年)
3区 21.5キロ(1時間02分12秒;東海大 佐藤 悠基 06年)
4区 18.5キロ(55分20秒;順大 村上 康則 06年)
5区 23.4キロ(1時間18分05秒;順大 今井 正人 07年)
6区 20.8キロ(58分21秒;大東大 金子 宣隆 01年)
7区 21.3キロ(1時間02分53秒;早大 武井 隆次 93年)
8区 21.5キロ(1時間04分05秒;山学大 古田 哲弘 97年)
9区 23.2キロ(1時間08分38秒;駒大 塩川 雄也 05年)
10区 23.1キロ(1時間08分59秒;順大 松瀬 元太 07年)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

2008年ニューイヤー駅伝の予想

元日の1月1日に行われる「ニューイヤー駅伝」。

正式名称は「全日本実業団対抗男子駅伝」とかだと思いますが、
「ニューイヤー」が一般的に浸透しています。

1区:12.3キロ
2区:22.0キロ
3区:11.8キロ
4区:10.5キロ
5区:15.9キロ
6区:11.8キロ
7区:15.7キロ

の、群馬県庁を発着点とする計100キロです。

ちなみに1年前の結果は、

優勝:中国電力
2位:旭化成
3位:日清食品
4位:コニカミノルタ
5位:トヨタ紡織
6位:安川電機
7位:大塚製薬
8位:日産自動車
9位:カネボウ
10位:富士通

4区までは日清食品がトップも、5区で中国電力の佐藤敦之選手が、
「神様、仏様、佐藤敦之様」の驚異的な走りで、
2分ちょっとの差を引っくり返すという逆転劇があり、
そのまま中国電力が優勝となりました。

そんなわけで、来年のレース(といっても3日後)の予想をしたいと思います。

1~5位までは順位まで予想、6~10位まではチーム名だけを予想ということで。
どうしても前回の順位を基に考えるしか、判断基準がないのですが。

【予想】

優勝:コニカミノルタ
2位:日清食品
3位:中国電力
4位:Honda
5位:トヨタ自動車九州

6~10位:スズキ、山陽特殊製鋼、トヨタ紡織、トヨタ自動車、安川電機

僕も走った「函館ハーフマラソン」で5位までを独占したコニカミノルタが、
何だかんだ言って強いのではないかと思います。

坪田選手、松宮兄弟、そして外国人といますし。

予選を兼ねた「東日本実業団駅伝」では日清食品が1位だったそうです。
前回はケニアの「マサイ族」の「ガトゥニ・ゲディオン選手」が3区で
笑ってしまうくらいのスピードで走っていたのが印象に残っています。

あとは、法政大の頃から応援している徳本選手に期待。

前回優勝の中国電力は一番応援しているのですが、
マラソンの層の厚さなら断トツですが(尾方、佐藤、油谷選手など)、
距離の短いこの駅伝では、今回はちょっと厳しいかな、と思っています。

そして、トヨタ自動車九州の前評判が高いようで。

1万メートル27分台の三津谷選手。
この前の福岡国際マラソンで、初のフルマラソンながら
2時間6分台で優勝したサムエル・ワンジル選手。

ちなみにワンジル選手は、ハーフマラソンの世界記録保持者。
そして松浦亜弥の大ファンだそうです。

そして、何と言っても山の神こと、順天堂出身の今井正人選手が今年加入。

知名度は抜群ですが、はたして社会人の中でどんな走りをするのか、
非常に楽しみ。

このトヨタ自動車九州が優勝争いに加わってくれると、
オモシロいレースとなりそうなのですが、どうなるのでしょうか。

あとは、中部地区のトヨタ紡織には、
佐藤秀和選手が加入してたんですね。

佐藤選手は仙台育英高出身で、高校時代はワンジル選手と同学年でチームメイト。
当時は佐久長聖高の佐藤悠基選手(東海大)と「W佐藤」と呼ばれていました。

1年前は順天堂大学の2年生で、箱根でたしか区間賞を獲ったと思うのですが、
社会人になっていたのですね。知らなかった。

あとは、このニューイヤーで僕の注目は何と言っても、

安川電機の飛松誠選手

あの独特の風貌と走り方で、
帝京大時代から一部のマニアに絶大な人気を誇っている彼ですが、
前回はエース区間の2区で14人抜きの快走をしていて、
しっかりと実力も伸ばしているようで、嬉しい限りです。

今年は何区を走るのかは分かりませんが、
是非とも中継のTBSには、彼専用のカメラを1台用意してほしいものです。

僕はすっかり彼の虜です。
ちなみに、彼はまだ26歳とのこと。

そんなわけで思いっ切り長くなってしまいましたが、
元日が今から楽しみです。

明日あたりは箱根駅伝の予想ということで、
また長々と書きたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

決勝は鹿島×広島-サッカー天皇杯

今日の北海道は全般的に大荒れの天気でした。

札幌も「大荒れ」まではいかなくとも、みぞれ混じりの雨と風で、
外に出る気力をすっかり無くしてしまい、午後からはずっとNHKで
サッカー天皇杯の準決勝の2試合を観ていました。

サンフレッチェ広島×ガンバ大阪【3-1で広島の勝ち】

開始早々の20秒過ぎに、佐藤寿人のゴールで広島が先制。

今日の広島を観てると、

「どうして来年はJ2なんだろう?」

と不思議で仕方がありませんでしたが、やはり長丁場のリーグ戦は
難しいものですね。

それにしても、柏木くんは運動量も豊富だし、
足元のボール捌きも安定感があるし、非常に魅力的ないい選手。

今日、審判への異議(?)でイエローカードをもらってしまい、
累積警告で元日の決勝戦に出られないのは非常に残念。


●鹿島アントラーズ×川崎フロンターレ【1-0で鹿島の勝ち】

お互いにゴール前で多くのチャンスを作った、
非常にオモシロい試合でした。

川崎の方が押し気味に感じましたが、そこで得点をとれないところが、
ナビスコカップ、アジアCSと、

「あと一歩なんだけど」

という今シーズンを象徴していたようで。

鹿島の本山の決勝ゴールは、川崎のDFの箕輪(not ハリセンボン)の
クリアミスがきっかけだったのですが、そこをダイレクトボレーで鮮やかに決めた
本山が素晴らしかったということで。

決勝はサンフレッチェ広島を応援します!


-------
ちなみに、広島×G大阪の試合で、

「広島の駒野、佐藤寿人のシュートを受けるG大阪のGKの藤ヶ谷」

のシーンを観ていて、

2001年のワールドユース(20歳以下の世界大会)

を思い出してしまいました。

この大会の日本代表に、藤ヶ谷山瀬という、
当時コンサドーレ札幌に所属していた2選手がスタメンとして出ていたので、
予選の3試合を全て早朝から観ていたのを覚えています。

結果は残念ながら予選リーグ敗退だったのですが、
このときのメンバーは、今日の試合に出ていた中にも、

G大阪……藤ヶ谷
広島……駒野、森崎兄弟、佐藤寿人、
鹿島……青木、野沢(違ったかな?)


がいました。

あとはFWは前田(磐田)、田原(京都)、平本(東京V?)。
今はヨーロッパのどこかのチームにいる松井大輔も中心メンバー。
ケガで出られなかったのが阿部(浦和)、大久保(神戸)。

懐かしいですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

2007年のランニング生活を振り返って

今日で年内の仕事は終わりということで、問題点は多々あり過ぎますが、
とにかく2007年を乗り切れました。

このブログでは、仕事の話題は極力一切書かないように決めているので、
今日は、今シーズンのランニング生活を振り返るということで。

今年の年明け(1月7日)に、今シーズンの目標みたいなものを
このブログに書いていたので、それを基に振り返ってみたいと思います。


黒字が今年の1月7日に書いた文章、赤字が今日書いたコメントです。


-------
昨年は「初遠征」ということで函館を走ったので、
今年も函館以外にどこか一つ遠征したいものですなぁ。

*「ピンネシリ登山マラソン(新十津川町)」と「おたる運河ロードレース」で
 走ったので、まずまず。来年は別海?サロマ?


それで、今年の目標は、タイムとしては

・ハーフの1時間30分切り
・北海道マラソンの3時間30分切り

ハーフの自分の記録の上位タイムを並べていくと

1時間30分45秒
1時間30分56秒
1時間31分21秒
1時間31分34秒
1時間32分27秒

という感じで、「1時間30分の壁」というものが、
妙に高いものになっているんですよね。

今年は走り始めてから4シーズン目、
何とか突破したいです。

*ハーフは念願の1時間30分切りを達成!

そして北海道マラソンは去年が「3時間43分59秒」だったのですが、
今年は例年より開催が2週間遅くなるため、
ある程度涼しい中でのレースを期待したいということで(*残念……、蒸し暑かった)、
思い切って「3時間30分切り」を目標にしておきます。

*タイムは3時間49分でしたが、とにかくゴールできたので100点満点とします。

あと、タイムよりも何よりも、最大の目標は

故障をせずに、年間を通して思いっきり走る

ということです。これが何よりも一番の望みです。

*あやしい部分もありましたが、とりあえずは最大の目標達成!


あとは、お得意の「妄想」としては、

好きな人がゴールで待っていて、そんな中、胸をキュンキュンさせながら走る

*何でこんなことを書いているのか、今となっては不明
*この文章を書いた時はまだ「20代」だったので、若気の至りです
*ちなみに、29歳と350日くらいの時です


とか、いろいろあるのですが、それはさておき、
今年も「ランニング・ライフ」を満喫したいものです。

(*いろいろとありましたが、充分に満喫できた1年でした!)


----------
そんなわけで、こうして目標や抱負を書いておくと、
後々振り返ってみたら、意外とオモシロいものです。

年が明けたら、

「2008年の目標・抱負」

を書いてみたいと思います~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

あと1日で休み~

僕の職場の年末年始は、

12月29日~1月3日

の6日間が休みということで、明日1日行けば、今年も終わりです。

年明けは1月4日の金曜日に1日出勤して、
そうしたらまた土・日で休みということで、
曜日の並びがいいんだか悪いんだか良く分かりませんが、
6連休はやはり嬉しい!

1月1日、2日、3日は前にも書きましたが「駅伝観戦三昧」となるので、
休みの前半の29日か30日あたりに、JRにでも乗って気楽に、
ちょっとした日帰り旅行でもしてみたいなぁ~と思っていたのですが、
29日から天気が荒れるみたいなのが気がかりなところ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

大会名で自分のブログを検索

今年の5月だったと思いますが、

ピンネシリ登山マラソン

に妙に興味を惹かれて、ヤフーかグーグルで「ピンネシリ登山マラソン」で検索して、
そこで最初に出てきた画面の、上から3つ目くらいにあったページにいってみると、
その方は去年走られたとのことで、その完走記がありました。

そこで、僕が思わずそのブログにコメントを残して、
それがきっかけで、その方と実際にお会いする機会があって交流が始まった、
そんなことがあった今年でした。

この前の日曜日の「忘年会」でもちょっとだけその話題になったのですが、
それに関連して、

「僕のこのブログは、どんな感じで検索されるんだろう?」

と先程ふと思ったので、やってみました。

(1)検索サイトは代表的な「ヤフー」と「グーグル」
(2)今年は7つの大会で走ったので、その大会名で検索
(3)5ページ目(50件目)まで探してみて無かったら諦める

そんな感じで。画面は、1ページにつき10件表示の設定です。

●豊平川ラン&ウォーク
  ・ヤフー……無し
  ・グーグル……1ページ目(上から7番目)

●おたる運河ロードレース大会
  ・ヤフー……1ページ目(上から7番目と8番目)
  ・グーグル……1ページ目(上から4番目と5番目)

●ピンネシリ登山マラソン
  ・ヤフー……1ページ目(上から7番目)
  ・グーグル……1ページ目(上から8番目)

●北海道マラソン
  ・ヤフー……無し
  ・グーグル……無し

●函館ハーフマラソン
  ・ヤフー……4ページ目(1番上)
  ・グーグル……1ページ目(上から6番目と7番目)

●札幌マラソン
  ・ヤフー……無し
  ・グーグル……2ページ目(上から3番目と4番目)

●北海道ロードレース
  ・ヤフー……2ページ目(上から8番目)
  ・グーグル……1ページ目(上から5番目と6番目)

こうしてみると、思いのほかこのブログが早めにヒットして、
ちょっとだけびっくりしました。
別に僕が何一つ偉いわけでは無いのですが、結構嬉しかったりします。

北海道マラソンはやはり参加者も多いし、多くの人がネタに書いていると
思われるので、残念ながら出現せず。

あとは、どの大会で検索しても「こうめさん」という方のページがヒットした感じ。
しかもほとんどが1ページ目か2ページ目に。

僕もひそかに、この方のページはちょくちょく見ています。

そんなところで、

「だからどうした?」

と言われると返答に困る今回の調査でしたが、
ランニング関係に限らず、アクセス解析の「検索ワード」なんかを見て、

「どの単語で検索すれば、自分のブログが上位にくるのかな?」

なんてのを調べてみると、意外とオモシロいのかもしれませんねぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

お正月は駅伝観戦三昧

僕のお正月は、

1月1日 ニューイヤー駅伝(午前9時スタート)
1月2日 箱根駅伝往路(午前8時スタート)
1月3日 箱根駅伝復路(午前8時スタート)

を、スタートからゴールまで欠かさずに観るというのが、
毎年の年明けの恒例行事となっています。

おかげで、この3日間は早く起きるために規則正しい生活に。

それで、この駅伝中継を観た後に刺激を受けて、雪道の上を

「初走り」

するというのも、ここ何年かの恒例行事に。

そんなわけで、今年もあと残り1週間を切りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

昨夜は忘年会

昨夜は、ランニングをしている方々の集まりによる「忘年会」でした。

1223nomi_2

遅れて参加されてきた方も含めると、全部で12人だったかな。

とはいえ、実際には知り合いの方は2人だけで、
大半が初対面の方々だったので、
「借りてきたネコ」のように大人しくしているつもり(?)でしたが、
自然と楽しく過ごせてしまいました。

その会話の中で、

「ハーフで1時間30分を切れるなら、サブ3(フルの3時間切り)もいけるよ!」

と何人かの方に言われましたが、

「いやぁ~、さすがにそれは……」

と、曖昧に答えるしかありませんでした。

あくまでそれは「きっちりと練習をして」の条件つきですし……。

宴の最後は、それぞれの来年の目標を述べるということで、
僕はだいたい、次のような事を言った記憶があります。

-----------
今年の北海道マラソンは最後の駅前通りを歩いてしまったので、
来年は颯爽と駆け抜けたい。

その前に5月の洞爺湖マラソンのフルで「3時間20分切り」をして、
将来の「サブ3」に向けてのステップの年にしたい。

----------

まぁ、「サブ3」は話の勢いということで、すっかりと忘れてください。

前にも書いた記憶がありますが、
僕はフルマラソンは「北海道マラソン」しか出たことが無いので、
来年は別の大会も走ってみたいということで、

洞爺湖マラソン

に出てみたいという願望が。

例年のスケジュールだと、来年は5月18日(日)になるそうですが、
来年はサミットがあるので、ちゃんと開催されるのか、
実はほんのちょっとだけ一抹の不安があったりするのですが、
たぶん大丈夫と信じています。

思い起こせば、今シーズンの最大の目標は、

「脚を痛めずに、1年間コンスタントに走る」

だったのですが、ランニングを始めて5シーズン目で、
初めてこの念願の目標を達成することが出来て、
よく考えると今シーズンはかなりいい1年でした~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

壮絶な優勝争い-2007年全国高校駅伝

今日は午前中から、ずっとNHKで「全国高校駅伝」を観ていました。
「ヒマ人」と言わないでね。

午前中は女子、午後からは男子だったのですが、
特に男子の優勝争いが凄かった。

仙台育英と佐久長聖の争いは、アンカー対決までもつれこむ展開。

ほぼ同時にタスキを受け取り、そして並走したまま、
ほぼ同時に競技場内へ。

結局、競技場内で先に仕掛けた仙台育英が、
同タイムながらも2年ぶりの優勝となりました。

外国人留学生を使っていない分だけ、
佐久長聖の方を最後は応援していたので、ちょっと残念。
初優勝をしてほしかった。

でも、ホントに見応えのあるレースでした!

北海道代表は、女子の室蘭大谷が44位、男子の山の手高校が45位と、
どちらも残念な結果でしたが、どちらも無事にゴールできて何よりです。

女子は、1区の豊川高校の留学生選手の「蛇行走法」に微笑ましさを感じながらも、
優勝候補と言われていた立命館宇治高校が見事に優勝。

そんなわけで、この高校駅伝が終わると、

「あぁ~、いよいよ今年ももう少しだなぁ~」

という気分になります。

----------
全国高校駅伝 結果

●女子

優勝 立命館宇治(京都)
2位 千原台(熊本)
3位 興譲館(岡山)
4位 仙台育英(宮城)
5位 須磨学園(兵庫)
6位 神村学園(鹿児島)
7位 豊川(愛知)
8位 山田(高知)

44位 室蘭大谷(北海道)

●男子

優勝 仙台育英(宮城)
2位 佐久長聖(長野)
3位 西脇工業(兵庫)
4位 埼玉栄(埼玉)
5位 豊川工業(愛知)
6位 九州学院(熊本)
7位 那須拓陽(栃木)
8位 青森山田(青森)

45位 札幌山の手(北海道)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

ホンダFCが大健闘!-サッカー天皇杯

今日の午後は、NHK-BSでずっとサッカーの天皇杯を観ていました。
「ヒマ人」とか言わないでね。

2試合目の、

鹿島アントラーズ×ホンダFC

は、J1リーグのチャンピオンチームと、JFL5位のチームとの対戦。

ここまでJリーグチームを3チーム倒しているホンダFCに
ひそかに期待はしていたのですが、

「さすがに、ここはアントラーズが無難に勝つだろうなぁ~」

と思っていました。

1試合目のガンバ大阪×清水エスパルスが延長戦となったため、
この試合のテレビ中継は前半30分過ぎから開始しました。

ここまでで「0-0」だっただけでも「大健闘」だと思ったのですが、
前半はこのまま0-0で終了。

後半も得点が入らないまま進み、20分過ぎからはむしろホンダFCの方が
ゴール前のチャンスを多く作る展開。

それにしても、ホンダFCの選手はとにかくよく走る!
鹿島の選手がボールを持ったら、すかさず2~3人がプレッシャーをかけにいく。

「これはもしかして、大金星も!」

と期待した後半35分過ぎ、ホンダFCの中盤の選手が2枚目のイエローで退場

もちろん審判は、ルールに基づき公平にジャッジをするのみなのは分かるのですが、

「そこまで職務に忠実にならなくていいだろぉ~!」

と、軽くこのレフェリーに「殺意」すらを覚えました、というのはさすがに大げさですが。

1人少なくなったホンダFC、さすがにここまでかと思いましたが、
そのあとも必死に守って得点を与えず、
逆に後半終了間際には、かなり惜しいシュートも。

延長戦に入っても、とにかく粘って耐えていたのですが、
延長後半7分に、柳沢にとうとう勝ち越しゴールを与えてしまいました。

ここで「がくっ」ときて、もう残り時間は試合にならないかなとも思ったのですが、
その後も何とかパスをつないで、鹿島のゴール前まで何度かいい形でボールを
運んでいました。

残念ながらゴールは生まれずに、1-0で鹿島の勝利。

しかし、サッカーの試合を観て、こんなに感動したのはあまり記憶にないくらい、
ホンダFCの戦いぶりは見事なものでした。

「もしあの退場がなければ……」

と、言っても仕方がないことですが、
今日の主審には八つ当たりをしたいところです。

しかし、ホントにいい試合でした!

特に、途中出場の背番号15番の選手(吉村選手だったかな?)の、
3~4人抜きのドリブルには、

「コンサドーレ札幌にほしい!」

と思わせる、素晴らしいものがありました。

ちなみに第1試合(ガンバ大阪×清水エスパルス)は、延長戦の末、
元コンサドーレ札幌の播戸のアシストによりあげた1点を(ゴールは寺田)、
元コンサドーレ札幌のGK藤ヶ谷の再三の好セーブにより、
1-0でガンバ大阪が勝って、ベスト4へと進出を決めました。

明日は、J2の愛媛FCに期待です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

2008年の北海道マラソンは8月31日に

昨日の新聞を見たら、来年の北海道マラソン

8月31日

に開催されるとのこと。

例年は8月の最終日曜日だったのですが、今年は大阪で行われた世界陸上の
影響もあり、例年より2週間遅いQ月Q日の開催でした。

そんなわけで、来年の日程がどうなるか気になっていたのですが、
例年どおりに戻ったようで。

まぁ、北海道マラソンに関しては、

「開催日がいつであろうが、とにかく暑くなる特異日」

ということを感じるしかない今年でした。

来年の本番まではまだまだ思いっきり先の話ではありますが、
日程が決まるとやはり、今から想いをはせたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

ホワイトイルミネーション-大通公園

今日は仕事帰りに、大通公園に行って、

ホワイトイルミネーション

を見てきました。

Irumi1

Irumi2

札幌に住んでから10年以上経つのですが、このイルミネーション、
大通公園の中を歩いてちゃんと見たのは、
去年が初めてでした。

まぁ、去年の場合は、誘われて「2人」で見に行ったりしちゃったとか、
そんなことがあったりしちゃったりしちゃったのですが、、
君がいた冬は遠い夢の中、空に消えてった打ち上げ花火です。

Irumi3

Irumi4

今年は当然のようにおっさん1人で、
鼻水をすすりながら、寒さでかじかむ手で、
ひたすらデジカメのシャッターを押しまくった、
そんな火曜日の夜のひとコマでしたとさ。

それはともかく、やはり綺麗でした!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

♪僕らの街に今年も雪が降る~♪

が積もるのが例年よりも遅かった札幌も、
いよいよ、下の写真の光景に突入しました。

Yukidesu

「♪白い~クリスマス~♪」

ジュンスカが歌っているクリスマスまで後1週間、
そして今年2007年の終わりまでも、残り2週間となりましたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホクレンは5位に-2007年全日本実業団女子駅伝

北海道のホクレンは、過去最高の5位でした。

優勝 三井住友海上
2位 第一生命
3位 天満屋
4位 アルゼ
5位 ホクレン

ホクレンは1区で26チーム中25位と大きく出遅れましたが、
3区のフィレス選手の「区間記録まであと1秒」だった16人抜きの走りと、
5区の赤羽選手の区間2位の5人抜きの走りがあり、
アンカーで2人に抜かれたものの、過去最高順位の5位でした。

赤羽選手は、同じく5区を走ったあの福士選手(ワコール)とわずか7秒差でしたし、
ホントに今シーズンは凄い!

「過去最高順位」とはいえ、もう少しうまくいけば、
優勝争いにも加われたかも……、
そう思うと、ちょっぴり残念な気持ちもあります。

優勝は三井住友海上。

僕の大ファンの渋井陽子選手も3区でいい走りをしました。
駅伝で活躍してくれるのももちろん嬉しいのだけど、
やはりマラソンで……、と思うと、こちらもちょっぴり複雑。

来週は全国高校駅伝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

これからは駅伝観戦シーズン

僕はマラソンや駅伝中継を観るのが大好きなのですが、
今後は駅伝が、

12月16日 全日本実業団女子駅伝
12月23日 全国高校駅伝
 1月 1日 ニューイヤー駅伝
 1月 2日 箱根駅伝往路
 1月 3日 箱根駅伝復路
 1月13日 都道府県対抗女子駅伝
 1月20日 都道府県対抗男子駅伝

と、毎週のようにあります。たまりませんな。

まずは明日の「全日本実業団女子駅伝2007年」。

北海道のホクレンは、「ママさんランナー」の赤羽有紀子選手が今シーズンは
かなり調子がいいみたいなので、フィレス選手との2枚看板で、
もしかしたら優勝争いに絡めるのではないかと、ひそかに期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

コンサにアシスト

今日の夜9時54分から、テレビ北海道で放送の「コンサにアシスト」を見ました。

この番組は、タイトル名から分かるかとは思いますが、
コンサドーレ札幌についての番組です(もちろん北海道ローカル)。

今日は、

サポーターが選ぶ今シーズンのベストゴール

という特集でした。

5位 11月の京都戦、岡本の同点ゴール
4位 5月の福岡戦、石井の後半ロスタイムの決勝ゴール
3位 12月の水戸との最終戦、ダヴィの昇格&J2優勝をたぐり寄せる決勝ゴール
2位 10月の愛媛戦、西の後半ロスタイムの決勝ゴール
1位 10月の福岡戦、負傷の藤田に代わった岡本のプロ初ゴール

というわけで、やはりリーグ終盤でのゴールが強く印象に残る結果と
なりましたが、どれも納得のランクインでした。

こう見ると、岡本くんは試合出場は少ないけど、
非常にインパクトの強い仕事をしたわけで、

年俸 300万円→320万円の20万円アップ(推定)

というのは、心情的にはもうちょっとアップを、という気持ちも。

この5つのゴールを観たら、今シーズンのこと、
そしてこの厳しかった5~6年間のことを思い出して、
ちょっとだけまた涙ぐみそうになっちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

いよいよ雪かぁ……

Konayuki

写真は、先ほど午後11時30分に家の窓から撮影したものです。

今日は夕方ごろからが降ってきて、
札幌もこれで「根雪」になりそうな感じ。

例年よりは1~2週間くらい遅いのかな。

今シーズンの冬の目標は

滑って転ばない

ということで、強い決意を持って、これから冬本番にのぞみたいと思います。

毎年必ず1~2回は転倒してしまうんですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

久しぶりのボーリング

今日は、ほぼ1年ぶりにボーリングをしてきました。

2ゲームしてきたのですが、スコアは

・156
・134

ということで、いつもは「100いったらいいなぁ~」というレベルの僕にとって、
明らかに「まぐれ」の1日でした。

たぶん150を超えたのも初ですし、
とにもかくにも、

「自己ベスト更新」

のはずなので、おそらく今夜が僕の「ボーリング人生」のピークだと思われるので、
このスコアシートは大切に保管したいと思います。

Score

ちなみに投げたボールの重さは9ポンド

これでもまだちょっと「重いかなぁ~」と思ったくらいで、
とにかく力の無い、か弱いおっさんの僕です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

全国高校駅伝は12月23日に

今日の北海道新聞の朝刊を見ていたら、
23日に京都で行われる「全国高校駅伝」の記事が載っていました。

北海道代表は、男子が札幌山の手高校、女子が室蘭大谷高校です。

Koukouekiden_2

この記事の左上の写真には、

「札幌市内の体育施設で走り込む札幌山の手の選手たち」

との説明が。

「札幌市内の体育施設」で、ランニング練習でよく耳にするのは、
僕が未だ足を踏み入れたことのない憧れ(?)の場所の

つどーむ

なので、この新聞の写真もそうなのかなぁ~?とぼんやり思いながら、
1日のスタートを切りました。

それで、先ほど、ある方のブログを見てみたら、
どうやらこの写真はやはり「つどーむ」っぽいとのこと。

あまり関係の無い話ですが、「つどーむ」って正式名称なのでしょうかね?
随分と勇気のあるネーミングですなぁ。

また、札幌山の手高校に関しての記事で、
-------
今年は強力な戦力が仲間入りした、函館大川中時代に3000メートル
8分23秒80の日本中学記録を打ち立てた大住 和(2年)が、
陸上の名門、佐久長聖高(長野)から転校してきた。
「今は走るのが楽しい。チームに貢献できる走りをしたい」
と意気込んでいる。
-------

彼が中学3年生のときに、毎年1月に行われている「全国都道府県対抗駅伝」に
北海道チームで出場した際に、「そういう逸材がいる」というのをたしか知った
記憶があります。

「本州の強力校に入学する」

というのは新聞の記事で読んで、「どこなのかなぁ?」とは気になっていました。

北海道に戻ってきた事情は分かりませんが、
もし走るなら、非常に楽しみ。

今年は、男子では、

「最長区間の1区の10キロで留学生選手の起用不可」

ということが決定したようで、いろいろと物議を醸し出しましたが、
観る方としては、その方が明らかにオモシロいというのが本音です。

12月23日は、女子が午前、男子が昼過ぎのスタートということで、
NHKでの中継を毎年ほぼ欠かさずに観ています。

毎年、西脇工業(兵庫)と大牟田高校(福岡)を何となく応援してしまいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

ホームコース紹介

僕が普段、よく練習で走っているコースについて、
今日は書きたいと思います。

ここは、ある川のそばのコースです。

Home1  Home2

Home4  Home3_2

片道はおそらく2.2キロほど、と思っています。
正確な距離は未だ不明ですが。

ここをひたすら往復!

同じところを何回も往復すると、単調でつらいかと思われるかもしれませんが、
このコースの最大の特徴は、

平らな部分がほとんどない

ということで、アップダウンが結構激しいので、
思いのほか単調さは感じません。

その分、脚に負担がくるので、脚を痛めるのが心配ではありますが……。

・信号が無い
・自動車がいない
・自転車とも多くの部分で分離されている

というのは、やはり走りやすいです。

この写真は2~3週間前に撮った写真で、
木々の葉っぱも落ちて「殺風景」な光景となっていますが、
季節によって様々な表情をみせるこのコースは、
僕にとって、まさに「ホーム」の心地良さがあります。

Jinginakitatakai

ちなみに、この写真の右側に下りていくと川のすぐ横に行けて、
ここは夏場なんかは、ちょっとした

「ジンギスカン・焼き肉のスポット」

となっていて、土・日の夕方あたりの天気のいい日は、
結構な人でにぎわっています。

そんな楽しそうな人々を見ながら、

「僕だって、走り終わって家に帰ったら、しこたまビールを飲んでやるからなぁ~!」

と、よく分からない種類の敵対心を剥き出しにしながら
黙々と走っていると、少しだけ「ストイック」な気分になれます。

これからは、このコースもで埋もれてしまうので、
また来年の春です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

スープカレー

この前、スープカレーを食べに行きました(1週間くらい前の話ですが)。

実は、スープカレーを食べるのはこれが人生で3回目くらい。
前回食べたときからもう何年も経っているので、

「どうやって食べればいいんだったべ?」

ということで、連れてもらっていただいたベテラン(?)の方の食べ方を
ちらちらと見ながら、すっかりと挙動不審な食事となりました。

ちなみに行った店は、丸井今井の横にある、
SPICE LABO という店でした。

美味しかったのですが、他の店と比べてどうかなどは当然さっぱり分からないので、
僕の職場の近くにも思いのほかスープカレー店は多いようなので、
これからちょっとはまってみようかと思った、
先週の週末でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

京都がJ1再々昇格!-Jリーグ入れ替え戦

本日行われた、サッカーJリーグの入れ替え戦第2戦。

J2の京都サンガFCがサンフレッチェ広島に0-0で引き分け、
ホーム&アウェーの2戦で1勝1分けとして、
J1昇格を決定しました。

NHK-BSで前半からずっと観ていましたが、
特にどっちを応援しているわけではなくても、非常に心臓と胃が痛くなる展開。

ホントに、我らがコンサドーレ札幌は、
先週に昇格を決めることができて良かったです。

一歩間違えると、今日試合をしていたのかもと思うと、
生きた心地がしませんなぁ。

さて、J1・J2制度は1999年からスタートしましたが、
そこからの昇格チームの歴史を振り返ると

1999年 川崎F(1年で降格→4年でJ1復帰→来年でJ1が4年目)
       FC東京(そのままJ1で、来年がJ1で9年目)

2000年 札幌(2年で降格→5年でJ1復帰)
       浦和(そのままJ1で、現在の状況は説明不要)

2001年 京都(2年で降格→2年でJ1復帰→1年で降格→1年でJ1復帰)
       仙台(2年で降格→来年でJ2は5年目)

2002年 大分(そのままJ1で、来年はJ1で6年目)
      C大阪(4年で降格→来年はJ2で2年目)

2003年 広島(4年で降格)
       新潟(そのままJ1で、来年はJ1で5年目)

2004年 川崎F(そのままJ1で、来年はJ1で4年目)
       大宮(そのままJ1で、来年はJ1で4年目)

2005年 京都(1年でJ2降格、1年で復帰)
       福岡(1年でJ2降格、来年はJ2で2年目)
       甲府(2年でJ2降格)

2006年 横浜FC(1年でJ2降格)
       柏(今年はJ1残留)
       神戸(今年はJ1残留)

2007年 札幌(?)
       東京V(凍傷の負のパワーで、1年でJ2降格決定的?)
       京都(?)

というわけで、こうして振り返ってみると、なかなか

J1定着

というのは難しいようで。

そんな中、FC東京はきっちりと定着しているわけで(最近はイマイチの成績ですが)、
あとはJ1昇格を果たしたときに、

「でも、すぐにJ2に戻ってきそうだなぁ~」

と思っていた大分、新潟、そして大宮はきっちりと粘って存在感を示しています。

また、京都はちょっと出入りが激し過ぎて、
京都ファンにとっては激しい毎シーズンだと思われます。

まぁ、コンサドーレ札幌の来シーズンのことは、
来年の開幕が近くなってから考えることとして、
今はまだ昇格の余韻にしばらく浸っていたいと思います。

なにせこの5~6年間は辛かったもので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

2007年を早々と振り返る

特に書くネタが無いので、少し早いですが、無理やり年末気分にして、

「2007年を月別に振り返る」

ということで。

1月
 ・無事に30歳に到達。これからは「三十路パワー」で進むことを決意。

2月
 ・札幌雪まつりの会場で思いっきり転ぶ。

3月
 ・2年ぶりに風邪をひく。

4月
 ・コンサドーレ札幌の好調さに、喜びよりも戸惑いを感じる。

5月
 ・「豊平川ラン&ウォーク」のハーフで今シーズンスタート。
 ・「ZARDの坂井泉水さんが死去」というニュースに衝撃を受ける。

6月
 ・「おたる運河ロードレース大会」で、念願のハーフ1時間30分切りを達成。
 ・ミスチルのコンサートに行く(真駒内アイスアリーナ)。

7月
 ・ピンネシリ登山マラソン(30キロ)で、初の登山マラソンを経験。
 ・白石サイクリングロード~北広島エルフィンロード間を34キロ走り、
  完全にヘロヘロになる。

8月
 ・東京出張で、3年ぶりに飛行機に乗る。

9月
 ・今年2回目のミスチルのコンサートに行く(真駒内オープンスタジアム)。
 ・北海道マラソン完走。

10月
 ・「北海道ロードレース」において、「自称晴れ男神話」が崩壊する。

11月
 ・中日ドラゴンズ日本シリーズ制覇。来年は絶対にセリーグ優勝だ!

12月
 ・コンサドーレ札幌J1昇格&J2優勝!「生観戦不敗神話」は継続中。


こんな感じの1年でした(まだ3週間ほど残っていますが)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 3日 (月)

来シーズンのスケジュール決定?

今日、「水曜どうでしょう卓上カレンダー2008」を手にいれました。

Suidou1  Suidou2

それで、このカレンダーを眺めながら、
来シーズンの大会出場に対して、早くも想いを巡らせてしまいました。

大会日は当然ながら、全て推測です(大会名は正式じゃないものも有り)。

大会名の横の記号は、

◎…絶対出たい! ○…出たいなぁ △…どうかな?

という感じです。

 5月 5日 豊平川ラン&ウォーク(ハーフ) ◎
 5月18日 洞爺湖マラソン(フル) ◎
 6月 1日 千歳JALマラソン(フルorハーフ) △
 6月 8日 びえいヘルシーマラソン(ハーフ) △
 6月15日 おたる運河ロードレース(ハーフ) △
 7月 6日 ピンネシリ登山マラソン(30キロ) ○
 8月31日 北海道マラソン(フル) ◎
 9月28日 函館ハーフマラソン(ハーフ) △
10月 5日 札幌マラソン(ハーフ) ○
10月 5日 別海マラソン(フル) 気分的には◎だけど……
10月19日 北海道ロードレース(ハーフ) ◎
12月     NAHAマラソン(沖縄)(フル) ????
12月     ホノルルマラソン(フル) ?????

うーん、今から、いろいろと妄想は果てしなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

佐藤敦之が2時間7分台!-2007年福岡国際マラソン

第61回 福岡国際マラソン

優勝:S・ワンジル(トヨタ自動車九州) 2時間6分39秒
2位:D・メルガ(エチオピア) 2時間6分50秒
3位:佐藤 敦之(中国電力) 2時間7分13秒
4位:松宮 祐行(コニカミノルタ)
5位:油谷 繁(中国電力)

ハーフマラソンの世界記録保持者であるワンジル選手。
フルマラソンは初挑戦でしたが、いきなりの驚異的な優勝。

まだ21歳で、3年前までは仙台育英高校で高校駅伝を走っていたかと思うと、
凄いの一言です。

そして3位の佐藤敦之選手は、毎回毎回期待されながら、
毎回毎回30キロ過ぎ当たりから脱落するという、
そんなレースの繰り返しでした。

しかし、今回、やっと結果が出ましたねぇ~。

僕が一番応援していた高岡寿成選手(カネボウ)は、
22キロくらいで早々と先頭集団から脱落。非常に残念。

でも、最後まで走りきって、10位(2時間13分40秒)でゴールしたそうなので、
ほっとしました。

ちなみに、僕の知り合いの方も、北海道からこの福岡の地を走りました。

携帯電話の速報でハラハラしながらチェックしていたのですが、
無事に完走したみたいです。

去年まで2年連続で制限時間で途中リタイアしていたので、
携帯電話の画面で完走を確認した時は、
思わずちょっと涙ぐんでしまいました。

そんなわけで、刺激を受けた単純な僕は、
これから、小雪がちらつく中を1ヶ月ぶりに走ってきます~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

J1昇格&J2優勝!-コンサドーレ札幌

やったぁ~!!!!

Davi

Thankswalk


先制されたときはどうなるかと正直思ったのですが、
最高の結果となりました!

東京Vがセレッソ大阪に2-0のリードから追いつかれたため、
昇格だけではなくて優勝も!

結局、3位の京都も引き分けたため、
実は、負けていても昇格だったというオチでしたが、
勝利で決めて、夢のような1日でした。

今は気持ちが高揚し過ぎているので、
明日にでも、詳しいことを書きたいと思います。

ちなみに、J1リーグでは首位の浦和レッズが最下位の横浜FCにまさかの敗戦で、
鹿島アントラーズの逆転優勝となりました。

今日の札幌も、同じく最下位の水戸相手に、
浦和と同じような目にあう危険性も充分あったくらい、
内容としては、

「水戸の方が強いんじゃないか?」

と思えましたが、これもある意味、今シーズンのコンサドーレ札幌っぽく、

「よく分からないけど勝つ」

という1年間を象徴していました~。


--
サッカーJ2リーグ 第52節 最終戦

コンサドーレ札幌 2-1 水戸ホーリーホック

得点:前半11分 水戸の誰か
    前半43分 ダヴィ
    後半38分 ダヴィ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »