« 決勝は鹿島×広島-サッカー天皇杯 | トップページ | 2008年箱根駅伝の予想 »

2007年12月29日 (土)

2008年ニューイヤー駅伝の予想

元日の1月1日に行われる「ニューイヤー駅伝」。

正式名称は「全日本実業団対抗男子駅伝」とかだと思いますが、
「ニューイヤー」が一般的に浸透しています。

1区:12.3キロ
2区:22.0キロ
3区:11.8キロ
4区:10.5キロ
5区:15.9キロ
6区:11.8キロ
7区:15.7キロ

の、群馬県庁を発着点とする計100キロです。

ちなみに1年前の結果は、

優勝:中国電力
2位:旭化成
3位:日清食品
4位:コニカミノルタ
5位:トヨタ紡織
6位:安川電機
7位:大塚製薬
8位:日産自動車
9位:カネボウ
10位:富士通

4区までは日清食品がトップも、5区で中国電力の佐藤敦之選手が、
「神様、仏様、佐藤敦之様」の驚異的な走りで、
2分ちょっとの差を引っくり返すという逆転劇があり、
そのまま中国電力が優勝となりました。

そんなわけで、来年のレース(といっても3日後)の予想をしたいと思います。

1~5位までは順位まで予想、6~10位まではチーム名だけを予想ということで。
どうしても前回の順位を基に考えるしか、判断基準がないのですが。

【予想】

優勝:コニカミノルタ
2位:日清食品
3位:中国電力
4位:Honda
5位:トヨタ自動車九州

6~10位:スズキ、山陽特殊製鋼、トヨタ紡織、トヨタ自動車、安川電機

僕も走った「函館ハーフマラソン」で5位までを独占したコニカミノルタが、
何だかんだ言って強いのではないかと思います。

坪田選手、松宮兄弟、そして外国人といますし。

予選を兼ねた「東日本実業団駅伝」では日清食品が1位だったそうです。
前回はケニアの「マサイ族」の「ガトゥニ・ゲディオン選手」が3区で
笑ってしまうくらいのスピードで走っていたのが印象に残っています。

あとは、法政大の頃から応援している徳本選手に期待。

前回優勝の中国電力は一番応援しているのですが、
マラソンの層の厚さなら断トツですが(尾方、佐藤、油谷選手など)、
距離の短いこの駅伝では、今回はちょっと厳しいかな、と思っています。

そして、トヨタ自動車九州の前評判が高いようで。

1万メートル27分台の三津谷選手。
この前の福岡国際マラソンで、初のフルマラソンながら
2時間6分台で優勝したサムエル・ワンジル選手。

ちなみにワンジル選手は、ハーフマラソンの世界記録保持者。
そして松浦亜弥の大ファンだそうです。

そして、何と言っても山の神こと、順天堂出身の今井正人選手が今年加入。

知名度は抜群ですが、はたして社会人の中でどんな走りをするのか、
非常に楽しみ。

このトヨタ自動車九州が優勝争いに加わってくれると、
オモシロいレースとなりそうなのですが、どうなるのでしょうか。

あとは、中部地区のトヨタ紡織には、
佐藤秀和選手が加入してたんですね。

佐藤選手は仙台育英高出身で、高校時代はワンジル選手と同学年でチームメイト。
当時は佐久長聖高の佐藤悠基選手(東海大)と「W佐藤」と呼ばれていました。

1年前は順天堂大学の2年生で、箱根でたしか区間賞を獲ったと思うのですが、
社会人になっていたのですね。知らなかった。

あとは、このニューイヤーで僕の注目は何と言っても、

安川電機の飛松誠選手

あの独特の風貌と走り方で、
帝京大時代から一部のマニアに絶大な人気を誇っている彼ですが、
前回はエース区間の2区で14人抜きの快走をしていて、
しっかりと実力も伸ばしているようで、嬉しい限りです。

今年は何区を走るのかは分かりませんが、
是非とも中継のTBSには、彼専用のカメラを1台用意してほしいものです。

僕はすっかり彼の虜です。
ちなみに、彼はまだ26歳とのこと。

そんなわけで思いっ切り長くなってしまいましたが、
元日が今から楽しみです。

明日あたりは箱根駅伝の予想ということで、
また長々と書きたいと思います。

|

« 決勝は鹿島×広島-サッカー天皇杯 | トップページ | 2008年箱根駅伝の予想 »

コメント

こんにちは~^^
あさってなんですね、ニューイヤー駅伝。
楽しみです~☆
私はあまり詳しくないのですが、徳本選手と今井選手が好きなので^m^
日清食品とトヨタ自動車九州には頑張っていただきたいです。
日清はいいところまで行くんですけど、優勝はいつも出来ないんですよね・・・。
今井君、卒業以来見ていないなぁと思っていたんですが、九州方面では凄い活躍をされているそうですね。

今年のニューイヤー駅伝で、1番印象に残っているのは佐藤敦之選手の走りだったんですよね~。
あの走りは凄かった・・・怖いくらいでした^^
飛松選手のあの走りも印象的です。
また、一緒に語りましょう☆
明日の箱根駅伝の予想も楽しみにしています。

投稿: 苗坊 | 2007年12月30日 (日) 10時18分

>苗坊さん

ニューイヤー駅伝は、箱根で活躍した選手もたくさん走っているので、
そういう面でも楽しみなんですよねぇ~。

日清はいつも2位とか3位とか、いいとこまではいくんですよね。
「優勝候補筆頭」かもしれませんが、何となくまた2位になりそうな予感が。

今井くんは社会人になってからの走っているシーンを見ていないので、
是非とも走ってほしいです。

ここ何年か、「5区で激走する佐藤敦之選手」を観て、

「あぁ~、年が明けたんだなぁ~」

と実感するのが恒例行事となっていますが、
またまた我々をびっくりさせるような走りが観たい!

そして飛松選手。彼の熱狂的なファンの僕にとって、
少しでも長くテレビに映ってほしいと、そう心から願っています。

お正月は駅伝観戦三昧ですねぇ~。

投稿: しげた | 2007年12月30日 (日) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/17518088

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年ニューイヤー駅伝の予想:

« 決勝は鹿島×広島-サッカー天皇杯 | トップページ | 2008年箱根駅伝の予想 »