« とにかく寒い…… | トップページ | 鹿島が踏みとどまる!-サッカーJ1リーグ »

2007年11月23日 (金)

「国際千葉駅伝2007年」で日本が優勝!

Yuki

今日は3連休の初日でした。昨日の夜から、札幌も結構なが降りました。

さて、今日は昼からテレビで「千葉国際駅伝」を観ました。

今年から「男女混合チーム」でのレース。

1区( 5キロ) 上野祐一郎(中央大学)
2区( 5キロ) 福士加代子(ワコール)
3区(10キロ) 野口憲司(四国電力)
4区( 5キロ) 絹川愛(仙台育英高校)
5区(10キロ) 竹澤健介(早稲田大学)
6区(7.195キロ) 赤羽有紀子(ホクレン)

というのが、日本チームのメンバー。

1区上野選手、2区福士選手で、トップのケニアに3秒差の2位という
好位置で3区の野口選手に。

しかし野口選手はイマイチで4位に落ちて、トップのケニアとも53秒差に。

ちょっと暗雲が立ち込めましたが、4区の「スーパー高校生」の絹川選手が
区間賞の走りで再び2位に(36秒差)。

5区の竹澤選手が、さすがの走りでケニアと4秒差までつめてアンカーへ。

アンカーは赤羽選手。

赤羽選手の所属する「ホクレン」とは北海道のチーム。

やはり地元のチームの選手ということでドキドキしたのですが、
ケニアのヌデレバ選手を1キロ手前で一気に抜き去り、
最後は1分差をつけての見事な走りで優勝のゴールテープ!

というのがレース経過でしたが、アンカーの赤羽選手は
昨年の夏に出産した「ママさんランナー」としても有名ですが、
今シーズンは調子いいみたいですねぇ~。

このまま、トラック種目でのオリンピック代表に向かっていってほしいです。

それと、4区の絹川愛(きぬかわ めぐみ)選手は、まだ高校3年生。
この前の大阪の世界陸上でも1万メートルの代表になりましたし、
これからが非常に楽しみ。

あとは、瀬古さんの解説はあまり好きではなかったり、
小倉さんの「知ったかぶり解説」も生理的に受け付けないのですが、
非常に見所満載な大会でした。

|

« とにかく寒い…… | トップページ | 鹿島が踏みとどまる!-サッカーJ1リーグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/17161933

この記事へのトラックバック一覧です: 「国際千葉駅伝2007年」で日本が優勝!:

« とにかく寒い…… | トップページ | 鹿島が踏みとどまる!-サッカーJ1リーグ »