« 冬の歌ベスト10 | トップページ | 暴れん坊ママ »

2007年11月 4日 (日)

駒大が2連覇-2007年全日本大学駅伝

2週間前に走った「北海道ロードレース」で、

・燃え尽きた
・来年の春まで一切走らない
・完全に「冬眠」だ
・もしかしたらこのまま「現役引退」も

とか、ぐだぐだ考えていたのですが、
今日の朝から中継していた

第39回全日本大学駅伝

をずっと観ていて、終わった後、
単純に刺激を受けて、天気も良かったこともあって、
1時間30分ほど走ってしまいました。

走った後の「」はやはり美味しいです。

さて、その「全日本大学駅伝」の結果です
(8区間106キロ、25チーム+東海学連選抜)。

優勝 駒大
2位 日体大
3位 中央大
4位 東海大
5位 早稲田大
6位 山梨学院大
-----
7位 日大
8位 大東大
9位 拓殖大
10位 中央学院大

24位 札幌学院大


駒大は、3区でトップに立って、その後はリードを確実に広げていく、
駒大っぽい「面白味のないレース」で(ホメ言葉です)、2連覇となりました。

2区では、早稲田の竹澤選手が区間新。チームも5位に。
早稲田は今年の正月の箱根駅伝でも6位でしたし、
一時期の低迷期から脱した感じでしょうか。

それにしても、早稲田の渡辺康幸監督。
現役時代の雄姿が強烈にインパクトに残っているのですが、
今の体型は、その雄姿からは完全にかけ離れてしまっているのが残念。

東海大の2区の佐藤悠基選手は、テレビ中継では、
「調子悪い」みたいな言い方をされていましたが、
区間新の竹澤選手とも18秒差のタイムでしたし、
それなりには走っていました。

ただ、東海大は「優勝候補」と言われながら、
全体的にイマイチでした。

中央大の4区の上野選手は、9位でタスキをもらってから、
7人抜いて2位になる快走。

走る前に流れていたインタビューで、

「前に人がいたら全部抜く!」

みたいなことを言っていましたが、その宣言通りのような走りでした。
「強気な発言をして、そして本番ではコケる」というのもちょっと期待したのですが。

そして、何と言っても、アンカーの8区の山梨学院大のモグス。

去年の自分が出した区間新記録を、ほぼ1分更新する異常な走り。

13位でタスキを受け、6位の日大とは「4分10秒」の差があったのですが、
それを19.7キロの間に逆転して、チームのシード権を獲得しました。

山梨学院大はここ3年間、

15位→4位
11位→5位
13位→6位

ということで、モグスの実力のみでシード権を獲得している感じで、
それもどうかなぁ~、とも思いますが、
「全日本大学駅伝」の恒例の見せ場ということで、
来年もまた楽しめそうです(モグスは今3年生)。

札幌学院大は、残念ながら3区から4区への中継点で、
無念の繰上げ……。

しかし、最下位は免れたようで、繰り上げスタートの場面しか
ほとんどテレビには映っていませんでしたが、よく走りました。

そんなところで、次はいよいよ「箱根駅伝」。

うーん、今から楽しみ。

|

« 冬の歌ベスト10 | トップページ | 暴れん坊ママ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/16977274

この記事へのトラックバック一覧です: 駒大が2連覇-2007年全日本大学駅伝:

« 冬の歌ベスト10 | トップページ | 暴れん坊ママ »