« 勝った!-コンサドーレ札幌 | トップページ | 東京ドームへ!-中日ドラゴンズ »

2007年10月14日 (日)

昨夜は…(そして今日の将棋の羽生-中川)

昨日はコンサドーレ札幌と日ハムの勝利(ロッテの敗戦?)を見届けた後、
夕方に出かけました。

ランニング仲間の方々と、地下鉄麻生駅近くの
「今昔」というお店で飲み会でした。

Konzyaku
暗いですが写真です。

途中、噂の「K整骨院」の先生もサプライズゲストで来られて、
非常に楽しい夜となりました。

その後、K先生のご自宅に招いていただき、
大変恐縮の限りです。

その場でK先生から

「上り、下り、平地を走る際の腕のふり方の違い」

というのをお教えいただきました。
これからランニングに出るので、ちょっと意識してみようと思います。

ちなみに、昨日のプロ野球のセリーグのクライマックスシリーズは

中日ドラゴンズ 7-0 阪神タイガース

ということで、川上の力投と森野、ウッズのホームランで快勝!

今日は夜6時からしっかりとテレビの前で、
心の底から我が中日ドラゴンズを応援します。

それと非常にマニアックな話題なのですが、
今日の午前中にNHK教育テレビで放送していた

「NHK杯将棋トーナメント:羽生善治二冠×中川大輔八段」

は、羽生二冠の大逆転勝利。

解説の加藤一二三九段(愛称:ひふみん)も大興奮の大どんでん返し。

「ここで投げるんでないべかぁ~。まだ粘るのかぁ~。少し悪あがき気味……」

最後の方はそんな感じで正直見ていたのですが、
「悪あがき」と思えた粘りの手順が、実は相手の王様の詰みを
虎視眈々と狙っていたわけで、やはり羽生二冠はです。

・王手馬取りをかけられたときの6五銀の中合
・詰めろを消しながら、相手の王のラインに入れた9八角
・詰めろをひとまず消した、一時凌ぎとしか思えなかった2六飛の桂取り
・とられそうだった4一金、2三歩、1九香が全て詰みに効いていた
・最後は一歩も余さずに即詰み

最後まで諦めずに、出来る限りを尽くして
淡々と自分の仕事をやり遂げた羽生二冠。

午前中から凄いものを見せてもらいました。
ホントに感動して興奮しました!

ほとんどの人にとっては、何のこっちゃ、さっぱり分からないと思いますが……。

|

« 勝った!-コンサドーレ札幌 | トップページ | 東京ドームへ!-中日ドラゴンズ »

コメント

>ほとんどの人にとっては、何のこっちゃ、さっぱり分からないと思いますが……。

はい・・・・・・(笑)
でもその大逆転が偶然ではなく必然と思えてきました。

投稿: 二代目アザラシ | 2007年10月14日 (日) 15時12分

中日先勝!最高の夜でしたね!!

午前中の将棋は見てませんし、理解力なし。
将棋も奥が深そうですね。ちょっと挑戦してみます。

投稿: 田舎侍 | 2007年10月14日 (日) 15時21分

>二代目アザラシさん

昨日はどうもありがとうございました~。

将棋に関しては、ここで語るともの凄いマニアックになってしまいますが、
とにかく今日放送の羽生二冠には「プロの頂点」の凄さを感じました。

投稿: しげた | 2007年10月14日 (日) 23時18分

>田舎侍さん

我らが中日ドラゴンズ、阪神を撃退しましたねぇ~。

次は東京ドームで、レギュラーシーズンのあの悔しさをぶつけましょう!

将棋は非常に奥が深いゲームで、僕は大好きです。
今日の放送の羽生二冠には、

「非常に苦しい状態でも、自分のやるべきことをひたすら遂行する」

という、「プロ」を感じて、寒気すら感じました。

投稿: しげた | 2007年10月14日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/16756033

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜は…(そして今日の将棋の羽生-中川):

» サプライズ [サプライズ]
トラックバックよろしくお願いいたします [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 20時06分

« 勝った!-コンサドーレ札幌 | トップページ | 東京ドームへ!-中日ドラゴンズ »