« 完走しました!-2007年札幌マラソン | トップページ | 東海大が3連覇-2007年出雲大学駅伝 »

2007年10月 8日 (月)

「2007年札幌マラソン」の完走記

昨日の文章にコメントをいただいたkanteさんからの情報で

「読売新聞(北海道版)の一面に僕の写真が載っている」

とのことで、さっそく近所のコンビニに行って、読売新聞を買ってきました。

Yomiurisinbun

たしかに写っていました。しかも結構写真の前方に。
嬉しい。

さてさて、昨日の「札幌マラソン」の完走記を。

昨日の札幌市の最高気温は「21.9℃」ということで、
平年より4℃高かったそうです。

ただし、晴れてはいたのですが、太陽が雲にそこそこ隠れてくれていて、
それほど日差しは気になりませんでした。

後半の「向かい風」も、「体感温度を下げる」という意味では、
ある面プラスだったのかも。

今回のゼッケンは「400番台」ということで、
スタート時は一番前のブロックに並べました。
その中でも、割と前の方、おそらく15列目くらいに並んでしまい、
スタートは非常にスムーズにいけました(ロスタイムは10秒くらい)。

しかし、2キロくらいまでは、後ろの人にどんどんひたすら抜かれることになり、
自分の実力からみて、ちょっと前に並び過ぎたかと反省しています。

公園内のスタートからすぐに一般道路に出て、
中の島通りなどを通って、5キロ通過。

やはり結構な下り坂。

●5キロ通過 21分18秒

22分くらいの予定でいたので、ちょっと不安になりましたが、
下りで追い風なので、あまり気にしないことにしました。

そして河川敷を右手に見下ろしながら走り、南大橋の下りを走っているときに、
折り返してきたカネボウの高岡選手、野田選手とすれ違いました。

Takaoka
前が高岡選手です(三越前のあたりで撮影)

あと僕が30秒ほど遅かったらすれ違えなかったでしょうし、
ギリギリのところでラッキーでした。

それで、僕はこの2選手がトップ争いをしているものと、
今朝までずっと思っていたのですが、
その前に、駒澤大学の堺晃一選手が通過していたらしく、
そのまま優勝したとのことです。

Sakai

今年の正月の箱根駅伝で、実況の人から「ふともも」「ふともも」と連呼され、
有名になった選手です。この大会2連覇!

そして、いよいよ、何よりもの楽しみである

駅前通り

に入りました!

中島公園前から、すすきの、そして三越前で折り返して、
反対にすすきの、中島公園前までを走ることの出来るこの大会、
やはりたまらなく魅力です。

普段は車道の上を走る(歩く)ことなんて、絶対出来ないですからねぇ~。

最高に気持ちいい!

非常に迷惑な交通規制にご協力いただいた方々に、
深く感謝いたします。

そんな「一瞬の夢舞台」も終わり、
豊平川河川敷に降りていく途中で、「10キロ」の表示がありました。

●10キロ 42分30秒(21分12秒)

このままのペースでいけば、「1時間30分切り」はギリギリいけそうなタイム。

しかし、

●15キロ 1時間05分01秒(22分31秒)

ということで、タイムだけを見ると、完全にペースダウン。

なのですが、コース図によると、
10キロ~15キロまでの高低差は50メートルほどの登りですし、
向かい風も強かったので、まぁ、それほど悪くはないのかと思います
(逆に言うと、それまでが下り&追い風)。

ただし、

12キロ~13キロ 4分40秒
13キロ~14キロ 4分45秒

ということで、ここら辺になると、この大会の自己記録が1時間34分53秒で、
その更新には余裕がありそうだったし、
向かい風にやる気を奪われ加減で、

「無難にまとめた走りで、自分の大会記録を超えればいいかなぁ~」

という「守り」の気持ちにもなっていました。

そこに「救世主」が登場!

14キロの表示を過ぎた直後に、僕を追い抜いていった方がいました。

後ろ姿を見る限り、高校生か、せいぜい20歳くらいの非常に若い感じ

ここで僕に不思議なことに、スイッチが入りました。

「若い者に負けたくない!」

そんな「おっさん思考」が頭の中に満載になり、
三十路パワー」で、彼についていきました。

背中のゼッケン番号を覚えていたので、
家に帰ってからプログラムで確認してみると

「16歳 高校生」

の方でした。高校2年生か、もしかしたら1年生?

しかもゼッケン番号は3000番台で、スタート時のロスタイムは
かなりのものがあったと思われます。

そんな「16歳 VS 30歳」の白熱のデッドヒートは、
何回も抜きつ抜かれつを繰り返し、20キロ地点くらいまで続きました。

実際には、相手の彼は、僕の存在には全く意識は無かったのかもしれなく、
僕の勝手な「片想い」だったのかもしれませんが。

ただし、僕が抜いたら、その少し後にまた彼が抜き返してきたりが何度もあり、
向こうに少しでも、

「この青シャツのおっさんには負けない!」

という気持ちがあってくれていたら、嬉しい限りです。

そんな、僕の半分くらいの年齢の彼のおかげで、
河川敷から真駒内公園内に入るための「あの登り坂」も、
ゴールの競技場がすぐそばに見えるのに、

「残り4キロ」

の表示により、アップダウンが思いのほか激しい公園内を
グルグル走らされる札マラ恒例のコース設定も、
そして強く吹いていたはずの風も、
全くといっていいほど気になりませんでした。

●20キロ通過 1時間26分17秒(21分16秒)

この5キロは非常に素晴らしいタイム!

残り1キロを切って、競技場を右手に見ながらの最後の難関の「登り坂」も
何とか乗り越え、そしていよいよ競技場の中へ!

競技場の中に入ってからも、1周近くしなければならないので、
ここからも意外と長く感じられるのですが、無事にゴール!

●ゴール 1時間31分03秒(20キロからは4分46秒)

そんなわけで、いろいろな面で非常に満足な大会となりました。

|

« 完走しました!-2007年札幌マラソン | トップページ | 東海大が3連覇-2007年出雲大学駅伝 »

コメント

完走おめでとうございます。

今回も収穫の多い大会になったようですね。
ゲストに恋して
高校生に対抗意識を燃やして
おまけに新聞1面デビューとは…(笑)

1時間30分切りはできなかったですが
またまた印象に残るレースができたのではないでしょうか。

投稿: | 2007年10月 9日 (火) 00時01分

>犬さん

ありがとうございます!

今大会で何よりも一番の収穫だった「僕の恋心」は、
残念ながら「切ない片想い」のまま、
人知れず消えてしまうものと思われます(当たり前ですが)。

これはいつもの通りですが……。

それと、高校生への対抗意識&新聞一面デビューは、
思いもがけない副産物だったわけで、
非常に楽しかったです。

少しは「三十路パワー」を札幌の大地に残せたのではないかと、
勝手に自己満足しています。

投稿: しげた | 2007年10月 9日 (火) 00時12分

完走おめでとうございます
当日は天気も良くて、マラソン日和だったみたいですね
別海もいい天気でしたよ

全体的にほぼイーブンペースで理想的ですね~
高校生とのデットヒート効果でしょうか?
自分は背が高いので、よく豊平川のレースでは風除けに使われました(笑)

北海道ロードレースも頑張ってください!

投稿: cows | 2007年10月 9日 (火) 07時38分

>cowsさん

ありがとうございます!
そして、cowsさんもフルの完走、おめでとうございます!

「別海」は2年くらい前から、気になっている大会なんですよねぇ~。
来年は……、今から悩む……。

「若者」との、僕のひとりよがりな「世界で一番熱い闘い」効果は
抜群だったと思います。

もし彼がいなかったら、15キロからの残り6キロで、
ゴールタイムが2分くらいは違っていたかも。

>自分は背が高いので、よく豊平川のレースでは
 風除けに使われました(笑)

背が高い人の後ろは、向かい風のときにはたしかに
つきたくなります~。
申し訳ない(^^)

「北海道ロードレース」、最後を気持ちよく締めたいです!

投稿: しげた | 2007年10月 9日 (火) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/16696651

この記事へのトラックバック一覧です: 「2007年札幌マラソン」の完走記:

« 完走しました!-2007年札幌マラソン | トップページ | 東海大が3連覇-2007年出雲大学駅伝 »