« 完走記(1)-ピンネシリ登山マラソン2007 | トップページ | 完走記(3)-ピンネシリ登山マラソン2007 »

2007年7月 3日 (火)

完走記(2)-ピンネシリ登山マラソン2007

昨日に引き続いて「ピンネシリ登山マラソン」の完走記を。

登山マラソン」と言っても、スタートしてからいきなり山道を走るわけではなく、
最初は普通の舗装された一般道路を走ります。

とはいえ、スタートしてからしばらくは登りが続いたため、
さっそくちょっとだけ疲れてしまいました。

Kurumakara

上の写真は帰りの車の中から撮ったものですが、イメージとしては、
右を見ても左を見てもこのような景色の中を走る感じで、
5キロくらいまではずっとこんな光景でした。

天気も良く、眺めが最高。

この大会は申し込むかどうかギリギリまで悩んだのですが、

「うーん、来て良かったなぁ~」

と、ここら辺は気分爽快。森高千里です。

5~6キロを過ぎた当たりから、森林に囲まれた林道へ。
未舗装の道路となり、登りもスタート。

しばらくすると、向かいから「15キロコース」の折り返してきた方々が続々と。
下り坂も加わって、凄いスピード。

「15キロコース」の折り返し地点(7.5キロ)も過ぎ、
しばらく走っていると、向かいから何故か黄色のゼッケンをつけた方が。

「あれっ?黄色のゼッケンって、15キロコースの人のはずじゃ……」

と思っていたら、その方とすれ違うときに、

「もう折り返し地点過ぎましたか?」

と聞かれ、

「結構前にありましたねぇ~」

と咄嗟に回答。

30キロと45キロの人に引っ張られて、折り返し地点に気付かずに
通過してしまったのでしょうかねぇ~。不運。

自分の走りに話を戻して、基本的にはずっと登りとはいえ、
思ったよりは傾斜はつらくなく感じ、未舗装の道もさほど気にはなっていません。

12キロのエイドステーションを過ぎたあたりでは、

「あと3キロくらいこの調子で走ったら折り返し地点かぁ~」
「想像していたよりは厳しくはなかったっぽいなぁ~」

と、完全にこれからを甘く見た感情を持ち、

「これなら45キロに申し込んでもよかったかも~」

と、調子に乗っていました。

その12キロのエイドステーションを過ぎてしばらく走ると、
舗装された道路が出現しました(管理道路、普段は立ち入り禁止)。

♪愛されたいと願ってしまった~ 世界が表情を変えた~

とポルノグラフィティが「アゲハ蝶」で歌っているように、
ココから世界が「ガラリ」と表情を変えました。

登り坂の傾斜角度が一気にアップ!

必死で脚を前に進めようとするのですが、

「歩いた方がもしかしたら早いんじゃないのか?」

と錯覚するくらい、全く進んでいる感覚がありません。

時々訪れる、やや傾斜が緩やかになった坂に差しかかると、
それが天国のように思えました。

普通のコースなら、間違いなく「結構な厳しい登り」と言われる感じの坂では
あるのですが。

息も完全に「ゼェゼェ」言いながら、しかし、前を走っていた3~4人を
コツコツと抜いていけたのは、ちょっとビックリでした。

気分的には、箱根駅伝の5区で大活躍した
順天堂大学の「山の神」こと今井正人くんになった気分でした。

ちなみに今井くんは卒業して、現在は「トヨタ自動車九州」所属。
今度の日曜日の「札幌国際ハーフマラソン」に出場するらしいです。

ここでふと思い出したのは、開会式での挨拶で、
はっきりとは分からなかったのですが、

3位までの賞品は日本酒

というニュアンスの発言。

よく考えると、折り返してきてすれ違った人はまだ一人。
もう少しで15キロの折り返し地点のはず。

「もしかしたら、気がつかないうちに、物凄い上位にいるんでないべか?」

と、日本酒好きの僕は、奇跡への期待で胸がワクワクしていました。

ほどなくして折り返してきた2人目の方とすれ違いました。

「まだ望みはある!」

と思っていたら、さらに3人目の方が……。

「あぁ~、僕の日本酒がぁ~」

と心の中で嘆いていたら、立て続けに4人目、5人目、6人目の方が。

ここで、

「そりゃ僕が3位以内に入れるわけはないよなぁ~」

と冷静に。

そんな、例えて言うと、片想いをしているときによく姿を現す

「一瞬の淡い期待」

それと似たような感情を持ったおかげか、
何とか歩かずにこの登りをクリアして、ようやく15キロ地点の
折り返しが見えてきました。

ここで写真撮影をしていただいて、そして無事に折り返し。
スポーツドリンクを飲み、スタッフの方々の応援を受け、
再び走り始めました。

この地点の標高が約400メートルとのこと。
とにかくこれを登り切ったことで、ここでは、

・最大のヤマ場は完全に過ぎた
・やるべき仕事の大部分は終えた

と思い、清々しい気分で下りをスタートさせたのですが、
ここからがこの大会の本番でした。

まさかこれからの下りが、これほど脚にダメージがくるとは、
まだこの段階では全く想像が出来ていませんでした。

自分でもびっくりするくらいに長い文章になってしまったので、
くどいですが、続きはまた明日にでもということで。

|

« 完走記(1)-ピンネシリ登山マラソン2007 | トップページ | 完走記(3)-ピンネシリ登山マラソン2007 »

コメント

おぉぅ 下りの恐怖・・・千歳を思い出してしまいます。
15キロの折り返し、前の方がいなかったら私もわかりませんでした。ちょうど給水があり、それに気をとられていたら通り過ぎちゃいそうでしたよ~。
それにしてもすごい好順位だったんですね!
去年の賞品メロンが今年の参加賞だったのですから来年は日本酒が参加賞になってるかも??

投稿: win | 2007年7月 4日 (水) 22時37分

そうですねぇ~。基本的には千歳のコースとは類似点が多いのかも。
下りきって、それからゴールまでの道のりがつらいのも一緒かな?

7.5キロの折り返し地点、たしかにちょっと見落として
通り過ぎてしまいそうな、そんな感じはありましたよね。

そうか!「去年の賞品が今年の参加賞」の法則に当てはめると、
来年は………。

でも、どっちかというと来年はトマトがほしいかなぁ~、
トマト好きとしては。わがままですが。

投稿: しげた | 2007年7月 4日 (水) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/15642813

この記事へのトラックバック一覧です: 完走記(2)-ピンネシリ登山マラソン2007:

« 完走記(1)-ピンネシリ登山マラソン2007 | トップページ | 完走記(3)-ピンネシリ登山マラソン2007 »