« ミスチルのコンサート(札幌)の感想 | トップページ | 2007年「ピンネシリ登山マラソン」の受付票 »

2007年6月24日 (日)

東京Vに勝利!-コンサドーレ札幌

「ラモス嫌い」の僕にとって、この試合だけは何としても勝ちたかった
東京Vとのアウェー戦で、勝利しました!

------
サッカーJ2リーグ 第23節 味の素スタジアム

東京ヴェルディ1969 0-1 コンサドーレ札幌

得点:後半6分 曽田!
------

ゴールシーンは夕方のNHKの道内版のニュースで見られました。

西谷のFKからの曽田の頭でのゴールでした。

そのセットプレーでの得点を守りきっての、お得意の「1-0」での勝利。

・つまらないサッカー
・引きこもり
・例え昇格したとしても、J1では通用しない

とか言いたい人は好きなだけ言って下さい。

「勝ち点3」をとれれば何でもいいです。

|

« ミスチルのコンサート(札幌)の感想 | トップページ | 2007年「ピンネシリ登山マラソン」の受付票 »

コメント

アレだけのタレントを引き抜いたJ2銀河系チームなのですから
うちに勝てて当然という感じだったのでしょうか。
確かにタレントなんていない貧乏チームだけど、いまなぜ勝てて
るかといえば、あの苦悩の3年間の経験があったからこそだと思う
のです。
若い選手を辛抱強く育ててくれた前監督、そしてその後を引き継い
だ現監督。
二人のやり方は違うけれど、でも前のやり方を真っ向から全否定し
ているわけじゃない。
いっぺんにできるほど器用な選手たちじゃないから、課題の守備に
てこ入れをし、そろそろ攻撃も・・・となってきているのだと思いま
す。
っていうか、「ひきこもり」じゃないからw
何を言われてもいいです。
そんなチームに勝てないお前らのほうが情けない、ってことで。

投稿: ゆり | 2007年6月24日 (日) 23時32分

>ゆりさん

この前の徳島戦のテレビ中継だったと思いますが、
STVのアナウンサーが、
「去年までやってきたことの下地があって、そして今年の今までの結果が……」
というコメントをしていて、それを受けて解説のノノも「まさにその通りですね」
というやりとりがありました。

それを聞いて、ちょっと感動してしまいました。

何となく「去年までのやり方は全くダメで、今年の三浦監督が素晴らしい」
みたいな雰囲気があちらこちらで漂っているので……。

札幌のサッカーがもし「つまらない」と感じるなら、
その原因は「ひきこもり」じゃなくて、
「パスやコンビネーションやシュートの精度がまだ悪くて、決定的な形を多く作れないから」
なんですけどねぇ~。

投稿: しげた | 2007年6月24日 (日) 23時48分

去年までの闘い方、あれはあれで攻撃の形を覚えさせるためには
必要だったのだと思います。
ただ、守備がざるでしたから勝ちきれなかったのですけれど。
今年だって、攻撃がツボに入れば去年の片鱗が見え隠れしますからね。

今年がよくて去年がダメ、なんてことないと思います。
ただ、元気と曽田については今年開花したと思っています。
システムにうまくはまったからだとは思いますが、特に曽田はブルー
ノの加入が大きいですよね。

それにしても、去年の柳下さんといい、今年の三浦さんといい、
ここ最近のコンサはいい指導者に恵まれていると思います。

投稿: ゆり | 2007年6月24日 (日) 23時59分

>ゆりさん

曽田と元気は本当に今年開花しましたよねぇ~。
元気の場合は「もう少しゴールを……」というのはあいかわらずですが(^^)。

誰もが忘れているであろう「5段階計画(?)」の今は何段階目かは分かりませんが、
紆余曲折がありながら、それが全て基礎となっての今があるわけで、
感慨深いものがあります。

次はもう水曜日に試合なんですねぇ~。
とにかく一歩一歩、着実に。

投稿: しげた | 2007年6月25日 (月) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/15547967

この記事へのトラックバック一覧です: 東京Vに勝利!-コンサドーレ札幌:

« ミスチルのコンサート(札幌)の感想 | トップページ | 2007年「ピンネシリ登山マラソン」の受付票 »