« 東京Vに勝利!-コンサドーレ札幌 | トップページ | 大倉山ジャンプ台を目指して »

2007年6月24日 (日)

2007年「ピンネシリ登山マラソン」の受付票

昨日、来週の日曜日に行われる「第13回 ピンネシリ登山マラソン」の
受付票のハガキが、無事に(?)郵送で送られてきました。

Pinnehagaki

この大会は「15キロの部」「30キロの部」「45キロの部」があるのですが、
僕は「30キロの部」での参加となります。

登山マラソン」という「未知の世界」の大会なのですが、
一切タイムを気にしないような気持ちで参加する大会って久しぶりなので、
ワクワク感」の方が強いです。

そんなわけで、1週間後の予行演習として、
今日は大倉山ジャンプ台まで走っていったのですが、
それについては明日にでも書きたいと思います。

Ookurayama

Jumpdai_3   

|

« 東京Vに勝利!-コンサドーレ札幌 | トップページ | 大倉山ジャンプ台を目指して »

コメント

こんばんは。
おー!! 大倉まで行きましたか?!上までは、行かなかったの?
遊歩道で、スタート台まで行けますよ。(ピンネシリの練習にはいいかも・・)

実はですね・・・自分のハンドル名『kante』は、大倉に関係があるのです、わかります?

しげたさんのこのブログ、過去の記事を読ませてもらいました。
その中で、2月の札幌で開催された世界ノルディック選手権について
書かれてましたよね。高校生で日本代表になった2人ともガキんちょのころから知ってます、とくに翔平はうちの息子とずーと一緒に練習してきました。翔平と翔平の父さんとうちの車に乗せて朝日町、名寄とか行きました。
この春でうちの息子はジャンプはやめてしまったんですけど、大倉はしょちゅう行ってました。
昨年の夏は息子と大倉に行って息子がジャンプ練習、自分は大倉から下って神宮近辺をRUNしたりした事もありましたよ。

しげたさん、ピンネシリ登山マラソン 頑張ってください!
完走記 楽しみにしてます。


投稿: kante | 2007年6月25日 (月) 21時32分

>kanteさん

スタート台まではリフトじゃないと行けないと思っていたので……。
今度は絶対行ってみます!

「kante」というハンドル名は、そこからきてたんですね(^^)。

それと、息子さんがジャンプをやっていたのですね。
僕は昔からジャンプは好きだったのですが(ニッカネンとかの頃から)、
栃本選手とはそんな関係があったとは。

彼は今、高校3年生なのかな?
このまま順調に育っていってほしいです。

神宮の近辺もランニングコースにはなかなかいいですよね。
何回か走ったことがあります。

では7月1日はお互いに快走を。
ピンネの完走記を無事に書けるように走ってきたいと思います。

投稿: しげた | 2007年6月25日 (月) 23時24分

ニッカネンは、強かったですよね!あの年代のゴールドベルガーとかバイスフロクとか好きでしたね。
翔平は間違いなく日本を代表する名選手になります、五輪も何回も出ることでしょう!!このなつも ドイツへの遠征メンバーに選ばれてます。これからの日本を引っ張っていく選手は、しげたさんと同じみよじの選手ですよ、彼も中学時代から抜けている存在でした。
翔平たちがもっともっと海外経験をつんだら、必ず強いニッポンの復活を彼らが成し遂げてくれます。

投稿: kante | 2007年6月26日 (火) 10時01分

>kanteさん

ゴールドベルガーとかバイスフロクとか、懐かしい!

栃本選手は期待ですよねぇ~。

あとは僕と同じ名字の選手とか、彼らの年代がこれからの日本を引っ張っていってほしいものですね。
ここ最近のオリンピックや世界選手権では悲しい結果が多いもので……。特に個人戦は。

今は「V字飛行」が当たり前ですが、僕がジャンプに興味を持ったころは
まだ「V字」じゃなかったんですよね。

その頃の映像を見ると、

「何でスキーを開かないんだ!」

と、見ていて妙にもどかしくなります。

投稿: しげた | 2007年6月26日 (火) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/15548918

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年「ピンネシリ登山マラソン」の受付票:

« 東京Vに勝利!-コンサドーレ札幌 | トップページ | 大倉山ジャンプ台を目指して »