« 驚異の自己ベスト?-2007年「おたる運河ロードレース大会」 | トップページ | 新しいランニングシューズ購入 »

2007年6月18日 (月)

完走記-2007年「おたる運河ロードレース大会」

今日は有給休暇をとって休みでした。

昼間はレンタルCD屋(っていう表現でいいのかな?)に行って、
CDを借りまくってきました。

その中でも、1ヶ月ほど前に発売されて、今までサビしか知らなかった

「愛唄/GReeeeN」

を初めてフルで聴いたのですが、しびれました。完全に虜になっちゃいました。

さてここからが本題で、昨日走った「第19回おたる運河ロードレース大会」の
完走記なんかを書いてみたいと思います。

-------
朝は無事に5時30分に起床に成功。第一難関クリアです。

発寒駅を7時16分に発車するJRに乗り、7時50分に小樽駅に到着。
Zenibako
途中の「銭函駅」です。久しぶりの札幌脱出。

会場の「色内ふ頭公園」までは、小樽駅から歩いて20分くらい。
思ったよりも距離がありました。

それで受付をすまして、着替えと準備運動をして、
午前9時にいよいよスタート!
Start_2

日差しが強くてやはりちょっと暑かったですが、「走っていたら暑さは感じなくなる」と
思い込んでスタートしました。

スタートしてすぐの「小樽運河」の景色を楽しみつつ、
小樽築港駅の方面に向かいました。

3~4キロ地点くらいで、ダンディーで(?)長身の方に、
沿道から声をかけられました。

最近、ブログにちょくちょく書き込ませていただいている、
「二代目アザラシさん」でした。

デジカメで僕の走る姿を撮って、メールで送っていただきました。
どうもありがとうございます。

そしてその後、高速のインターチェンジ付近からの長い登り坂

話には聞いていたのですが、やはりここはきつかったです。

何とかここをクリアして、トンネルの前で折り返しました。

5キロの通過:21分52秒

目標は22分ちょうどくらいに設定していたので、
なかなかいいペース。

折り返してもう一度「二代目アザラシさん」にお逢いして、
そしてスタート地点の色内ふ頭公園の前まで一旦戻ってきました。

ここら辺に10キロの表示があったはずなのですが、
残念ながら発見できず。

というわけで、自分がどんなペースで走っているのかは不明でした。

そんなところで、自称「後半型」の僕は、
前を走っている方を目標に、リズムを意識して走っていきました。

新高島トンネルに入る前に一旦横道に入って、そして戻ってくる最中に、
僕の唯一の「ジョグノート仲間」の「kanteさん」とすれ違い、
無事に挨拶が出来ました。

そしてトンネルの中へ。結構長いトンネルでした。

よく考えたらトンネルの中を走るのって、初めての経験かもしれません。

独特の雰囲気で、排気ガスの匂いなんかも特に気にならずに、
何よりも太陽がさえぎられて涼しいのが非常にありがたい。

なかなか貴重な体験でした。

15キロの通過:1時間02分28秒(5~15キロまでは40分36秒)

15キロの表示は発見できて、ようやくタイムが計れたのですが、
この10キロが「40分36秒」。

………、早くねぇか?

疲れた頭でゴールタイムを必死に計算したら、1時間30分を余裕で切れるタイム。

頭の中は「??????」で一杯でしたが、
「とにかく冷静に」と自分に言い聞かせて、おたる水族館の折り返しに。

折り返してからは、これからおたる水族館へ向かう人達とすれ違うのですが、
その人達から勝手にパワーをもらって、またトンネルへと。

せっかくなので、「トンネル走り」をじっくり味わおうと思い、
いろいろと観察しました。

暗い中で、照明がある意味「ムード満点」に照らされている雰囲気は、
思いのほかたまらないものがありました。

残り2キロ:1時間18分06秒

これで1時間30分切りはほぼ確実と思えたので、
ちょっと気を抜いてしまいました。

残り1キロ:1時間22分38秒(この1キロは4分32秒)

このときに計算違いをして、「何とか1時間27分台か、それとも28分台か」と、
1分勘違いしていました。

そして「ふ頭公園」に入って、無事ゴール。

Goal_2  Koredeiino_2

ゴール:1時間26分40秒(ラスト1キロは4分2秒)

先ほど書いた「計算違い」により、ゴール地点のタイム表示
(右の写真の黄色いやつ)が「1時間26分」を示しているのを見て思わず戸惑って、
頭の中が訳が分からなくなった状態でのゴール。

そしてゴールしてからは、大会特製のみそ汁をいただきました。

大会の開催にご協力いただいた方々には深く感謝いたします。
おかげで、非常に楽しい1日を過ごすことができました。

来年も是非参加したいのですが、来年の6月後半は
「サロマ湖100キロマラソン」に出場したいという願望が無きにしも非ず、
と言ったらウソになるかもしれない、と言ったらウソになるかもしれなくもありません。

そんなところで、

「このペースで進歩していけば、2016年あたりのオリンピックは狙えるかも……」

という、「40歳目前の超遅咲きランナー」として日本中の話題をさらう、
そんな激しい妄想を抱けるようないい大会となりました。

|

« 驚異の自己ベスト?-2007年「おたる運河ロードレース大会」 | トップページ | 新しいランニングシューズ購入 »

コメント

完走記を拝読しました。
ラン用Tシャツに短パンの装いをダンディーと呼ぶに値するか否かはさておき(笑)、一瞬の出逢いが2度もできてラッキーでした。
私の知り合いで5km~ウルトラまで満遍なくこなす人がいるのですが今回のしげたさんはその人のタイムをも上回っていますよ。ですので2016年などと遠慮せず2008年のオリンピック参加を狙って下さい(笑)

来月中旬辺りにアルコールなんぞご一緒しませんか。

投稿: 二代目アザラシ | 2007年6月19日 (火) 07時53分

 時々、拝見させていただいています。

 先ずは、小樽での自己新記録達成おめでとうございます。

 私も、近年ではベストタイムでした。一緒の仲間達も一様に好タイムでした。

 終了後の反省会で、気温も暑過ぎず、湿度も低く、軽い海風が心地よくこれ以上のマラソン日和はないというコンディションだったのですが、10kmの表示が無かったのと15kmの表示が予想より少し早く来たよね、というのが皆の感想でした。

 私も、自分の体の感覚よりも、2分から3分位早く通過したような気がします。この大会の距離は少し短いのかもしれません。

 好タイムに喜んでいたのですが、冷静に振り返るとなるほどそうなのかも知れないと今思っています。

 走られた方、どうでしょうか。

投稿: 晴走雨読 | 2007年6月19日 (火) 20時30分

>二代目アザラシさん

無事に二度もお逢いできて嬉しかったです~。

来年のサロマ湖の100キロ挑戦は、道マラを走った後に
ちょっとだけ真剣に考えようかとも思っています。

「北京オリンピック出場への道」の「妄想」はこれから充分に
満喫していきたいです。

いいですなぁ~。
「給水」という名のアルコール。ご一緒したいです。
「アノ大会」「ピンネ」の話題なんかで、来月にでも是非。

投稿: しげた | 2007年6月19日 (火) 22時35分

>晴走雨読さん

こんにちは!お互いにいいタイムが出てよかったですね!

ちょっと暑さは感じましたが、湿度が低くかったし、
適度に風も心地よく、いいコンディションでしたね。

10キロの表示は僕が見落としたと思っていたのですが、
皆さん見つけられなかったようで、
もしかしたら無かったのかもしれませんね。

「距離」に関しては、僕も同じような疑問はあるのですが………。
ノーコメントということにさせてください。

たしか9月の北海道マラソンを走られる予定なんですよね。
お互いに完走目指して練習していきましょう!

投稿: しげた | 2007年6月19日 (火) 22時43分

遅ればせながら
自己ベスト おめでとうございます♪
いや~ 本当にスゴイ!

距離が短かろうと、そんなことは無問題!!
大会の完走証明書が
しげたさんの記録を、文字通り「証明」している訳ですから。
堂々と「進化する30代」「ハーフ 1時間26分」の男として
北京を目指してください。

それにしても
ゴールしているしげたさんの勇姿を
写真撮影してくれているのが、お母様とは…

違う意味での“ゴールイン”は
まだまだ先のようですなあ。
ぜひ、そっちの方もがんばって下さい。(笑)

投稿: | 2007年6月20日 (水) 00時17分

すごい野望ですね!
サロマ100km&2016年オリンピック出場とは・・
おじさんには無理です。

筋肉痛はないですか?

投稿: kante | 2007年6月20日 (水) 19時45分

>犬さん

お祝いのコメント、どうもありがとうございます!

もちろん堂々と「1時間26分の男」としていきたいと思います。
是非とも、北京で激走する僕の姿を楽しみにして下さい。

来シーズンには「ゴールの撮影:我が妻」とする予定で。
僕の妄想では。

「♪私にはスタートだったの、あなたにはゴールでも~」

と言われないように心がけていきたいと思います。

投稿: しげた | 2007年6月20日 (水) 22時52分

>kanteさん

オリンピックはもちろん「妄想」ですが(言うまでもなく当たり前ですが)、
「サロマ100キロ」は結構本気で気になっています。

まぁ、とりあえず今年の「道マラ」が今の最大の目標なので、
まだ来年のことは全く現実味がないので、まだ「憧れ」の段階です。

それと筋肉痛ですが、次の日はそれなりに来ましたが、
1日休んだらほぼ消えました。
ちょっぴり嬉しい。

kanteさんは筋肉痛&脚の痛みはどうですか?

投稿: しげた | 2007年6月20日 (水) 22時57分

筋肉痛は、もうないです。小樽から帰ってきたその日のうちに
『きたのたまゆら』で、電気風呂及び水風呂でのアイシング
ジグソーでのマッサージ(?)が良かったのか!?
豊平川ラン&ウォークの時より回復は早かったです。
足裏痛も90%ぐらい回復しました。

しげたさんの次走は、登山ですね。
過酷だー!

投稿: kante | 2007年6月21日 (木) 06時05分

>kanteさん

『きたのたまゆら』効果ですかね。
僕も「豊平川ラン&ウォーク」のときよりも回復は早かったです。

「豊平川~」は今シーズンの1発目のレースだったので、
今はそのときよりもレースに慣れた身体になっているのかも。

それと「足裏痛」は僕も去年の春先になりました。
同じ症状かは分かりませんが、
2週間くらいは走れませんでした。

次はお互いに7月1日ですね。
僕はピンネシリを登ってきます!

投稿: しげた | 2007年6月21日 (木) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/15484252

この記事へのトラックバック一覧です: 完走記-2007年「おたる運河ロードレース大会」:

» 愛唄 歌詞 GReeeeN [歌詞 試聴なび]
愛唄の歌詞やPVを紹介しちゃいますGReeeeN情報発信です♪ デビューシングル「道」が、多くの悩める若者の支持を得て GReeeeNが今一押しでしょう。。 [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 00時17分

» 北海道 小樽の観光名所は小樽運河が一番スタートです 小樽は観光の町です [北海道札幌から始まり全道の観光地、観光名所、市町村の情報紹介]
北海道小樽の観光で、全国的に有名なのは、小樽運河ですかね。小樽に観光して、一番最初に連れて行かれるのはきっと小樽運河だと思います。小樽は、実は坂の町で、平地を探すと海沿いの一部しか平地はありません。私は、歩いて小樽で観光するなら小樽運河回りを進めます。小樽運河で記念写真を撮ったら、まず行くのはオルゴール堂、ここは目ずらしオルゴールがずらり並び目と耳を楽しましてくれます。当然おみあげもそろっています。そのとなりに、小樽ガラスで有名な北一ガラスがあり、ガラス製作の実演も見ることが...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 6日 (金) 17時24分

« 驚異の自己ベスト?-2007年「おたる運河ロードレース大会」 | トップページ | 新しいランニングシューズ購入 »