« 阪神勝ったの!? | トップページ | カウンター数が40,000を突破 »

2007年4月22日 (日)

東京Vに4-3で勝利!-コンサドーレ札幌

3点リードを追いつかれるという嫌な展開から、
ダヴィの決勝ゴールで「勝ち点3」を獲得しました!

これで「暫定首位」です。少なくとも今度の水曜日までは「首位」です。

------
J2リーグ 第10節 札幌ドーム

コンサドーレ札幌 4-3 東京ヴェルディ1969

得点:前半 2分 曽田(札幌)
    前半10分 ダヴィ(札幌)
    前半16分 藤田(札幌)
    前半25分 金澤(東京V)
    後半11分 フッキ(東京V)
    後半14分 金澤(東京V)
    後半19分 ダヴィ(札幌)

まずは、

「♪ちょうど1年前に~」

の、昨年の「4月22日」を振り返ってみると(こちら)、
函館で柏レイソルと対戦していて、
前半にフッキのゴールでリードしながらも、
後半にミス絡みの2失点で逆転負け。

このときの柏は「3連敗中」。札幌はまだこの段階ではたぶん4位か5位くらい。

結果的には、札幌はこの試合をきっかけに「10試合連続勝ち星無し」。
一方の柏は、最終的には2位でJ1自動昇格。

ある意味、大きな分岐点となる試合でした。

今日の東京Vも現在3連敗中。

昨年と同じように、そんな東京Vを復活させるような展開となりかけたのですが、
とにかく勝ってくれて何よりです。

以下、試合展開を適当に……

・先制点はCKからの曽田のヘッド!
・2点目、3点目の東京VのDFは何?服部はどうしちゃったのかな?
・とにかくゴールをしたダヴィと藤田は偉い
・知らない選手に1点返される
・前半終了間際、ダヴィがフリーの絶好のヘディングシュートをご丁寧に外す

・後半、PKをフッキに決められ1点差に
・そのすぐ後、金澤に今日2点目のゴールを決められ同点に
・後半19分、西谷からダヴィへ絶好のパス
・シュートの瞬間、「キーパーとの1対1は確実に外すんだろうなぁ」と予想する
・シュートが決まった瞬間、「喜び」よりも「驚き」が大きかったのは秘密
・後半ロスタイム、右サイドで「ごちゃごちゃ」やって時間を使うシーンを見て、
ちょっとだけ「成長」を感じる
・最後は、ボールを持ったフッキに対してしつこく対処していってホイッスル

そんなところで、試合前に「主審、家本」と聞いて激しく動揺しましたが、
良くも悪くも今日の試合に「彩り」を加えていましたねぇ~。

実際には「ファール」の基準がよく分からないので何とも言えないのですが、
2失点目の曽田がPKを与えたシーンは、
ちょっと厳しいけど「妥当な判定」だったと思います。

後でビデオで観てみたら、曽田が相手選手を「突く」ような感じになっていたので、
PKをとられても仕方ないのかなぁ~、と。

あそこは身体を寄せるだけで、キーパーが先にキャッチ出来るような
タイミングだったので、手か肘を出してしまった曽田のミスだと思います。

審判への八つ当たりはやめましょう。
ペットボトルを投げた人は二度とスタジアムに来ないで下さい。
うっとおしいです。

それと、ダヴィのゴールで再び勝ち越した後に、

・今日2得点で、前線でちょこまかと嫌な動きをしていた金澤
・ロングボールをかなりの確率でおさめていた船越

を交代してくれたのは、スタミナとかコンディションとかいろいろな理由は
あるのでしょうが、正直ありがたく感じました。

結果的には、そこからはそんなにピンチもありませんでしたし。

とにかく、

「今日の勝利が大きかったなぁ~」

と、シーズンが終わった後に言えるような、そんな展開を「妄想」します。

|

« 阪神勝ったの!? | トップページ | カウンター数が40,000を突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/14815185

この記事へのトラックバック一覧です: 東京Vに4-3で勝利!-コンサドーレ札幌:

« 阪神勝ったの!? | トップページ | カウンター数が40,000を突破 »