« 夏見 円が5位!-世界ノルディック選手権 | トップページ | ジャンプ団体で銅メダル!-世界ノルディックスキー選手権札幌大会 »

2007年2月24日 (土)

シモン・アマンが優勝!-世界ノルディックスキー選手権札幌大会

札幌の大倉山で行われた「世界ノルディックスキー選手権」の
ジャンプラージヒルで、シモン・アマン選手(スイス)が優勝しました。

シモン・アマンと言えば、当時20歳だった2002年のソルトレークのオリンピックで、
「ラージ」と「ノーマル」の2種目で金メダルを獲得して、一躍有名になりました。

どういう理由だったかは覚えていませんが、
「ジャンプ界のハリー・ポッター」みたいな名称もつけられていました。

しかしながら、そこからはあまりぱっとした活躍は無く、
どっちかというと「一発屋(別名:大事MANブラザーズバンド)」といった
感じでした。

しかしながら今シーズンはW杯でも好成績を残して、そして今日の金メダル。
2002年のオリンピックで20歳だったので、当然ながらまだ25歳なんですねぇ~。

1位のシモン・アマンと2位の選手のポイント差が
わずか「0.2ポイント」ということで、

・50センチの飛距離の差
・着地の際の0.5点のポイントの差

が勝敗を分けましたねぇ~。

そして日本勢は………

16位 栃本 翔平(北海道尚志学園高)
21位 岡部 孝信(雪印)
24位 葛西 紀明(土屋ホーム)
29位 伊東 大貴(土屋ホーム)

ということで、高校2年生の栃本選手の16位は立派ですが、
それが日本勢の最高順位ということで、正直切ないですなぁ~。
しかも、ある程度予想通りというところが、もっと悲しい。

そんなところで、明日も大倉山で、今度は団体戦があります。

|

« 夏見 円が5位!-世界ノルディック選手権 | トップページ | ジャンプ団体で銅メダル!-世界ノルディックスキー選手権札幌大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/14034717

この記事へのトラックバック一覧です: シモン・アマンが優勝!-世界ノルディックスキー選手権札幌大会:

» K点の遥か彼方にある世界の壁 【ノルディックジャンプ 世界選手権】 [不定期更新のスポーツニュース]
ノルディックスキーの世界選手権第3日は24日、札幌市大倉山ジャンプ競技場などで行われ、ジャンプのラージヒルは2002年ソルトレークシティー五輪個人2冠のシモン・アマン(スイス)が1回目に125メートルで首位に立つと、2回目も134・5メートルを飛び、..... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 01時20分

« 夏見 円が5位!-世界ノルディック選手権 | トップページ | ジャンプ団体で銅メダル!-世界ノルディックスキー選手権札幌大会 »