« 明日は2007年都道府県対抗男子駅伝 | トップページ | みそじ »

2007年1月21日 (日)

兵庫が優勝-2007年の都道府県対抗男子駅伝

2007年 第12回都道府県対抗男子駅伝(広島)

優勝 兵庫
2位 長野
3位 佐賀!
4位 長崎
5位 熊本
6位 福岡
7位 宮城
8位 群馬

46位 北海道

去年まで3年連続2位だった兵庫が、3連覇中の長野を破っての
優勝でした。

各区間のタイムを比較してみると、一般と中学生はだいたい同じタイムで、
高校生の区間の差がそのまま結果に表れた感じでした。

いくら佐藤悠基(東海大)といえど、兵庫のアンカーの北村聡(日体大)相手に
1分17秒差はきつかったですね。

しかしながら、今年のこの大会のハイライトは、僕の中ではなんと言っても
佐賀のアンカーの飛松誠(安川電機)。

「飛松の 飛松による 飛松のための大会」

そう言っても過言ではありません。

タスキを受け取った13位という順位、そして前の3位争いグループまでも
さほど離れていないという、ゴボウ抜きをしてテレビに映るには絶好・絶妙の状況。

飛松誠の熱狂的信者の僕にとって、レース前には、

「タスキ渡しとゴールしかテレビに映らないんじゃないかなぁ~」

という不安があったのですが、あり得ない位に「飛松三昧」となりました。

しかしながら、社会人・大学生のトップクラスの選手の中で「区間賞」。

調べてみると、まだ彼は26歳なんですね。
帝京大時代から「年齢不詳」でしたが。

社会人の安川電機に進んでから、確実に成長しているみたいですねぇ~。
非常にうれしい。

この前の元日のニューイヤー駅伝の、エース区間の2区(22キロ)での
快走といい、普通に「日本の期待のホープ」と言ってもいいのかも。

今日で「飛松」ファンが日本全国に広まったことは間違いないでしょう。

あとは思いついた感想を……

●「山の神」は平地でも好成績

福島のアンカーの今井正人(順天堂大)は、7区のアンカーで区間4位の好走
(同タイムが宮城の保科-日体大で今井と同じ4年生)。
チームの順位も38位から21位までジャンプアップ。

「山の神」は平地でもロードなら強かったということで。
トラックよりもロード向きなんでしょうね。

4月からはトヨタ自動車九州に行くそうですが、楽しみです。


●北海道は……

北海道チームは46位のブービー賞。
7区のタスキ渡しの時点では、青森との激しい最下位争い。
荒川、片岡の期待の一般選手もイマイチでした。

まぁ、こういうこともあります。


●新潟が過去最高の11位(今までは去年の20位)

アンカーの涌井くんは、拓殖大4年生。今シーズンの拓大のキャプテンでした。

拓殖大といえば、よく分からない「関東インカレポイント」制度により、
わずか1秒差」で予選会敗退で箱根駅伝に出場できませんでした。

涌井くんは関東学連選抜として5区の山登りに出場しましたが、
最後はフラフラになって区間最下位の走り。

そんなこんなで、何となく気になっていた選手だったんですが、
今回もタスキを受け取った順位からは順位を下げましたが、
そこからきっちりと粘って、新潟県最高の順位でゴールとなりました。

ゴールした後にちょっと微笑んで

「順位は落としたけど、まぁ、良かったかなぁ~」

みたいな感じで周りの(たぶん新潟県チームの)人に合図を送っているような、
そんな仕草が、僕の勝手な解釈ですがありました。

それを見て、何となくうれしい気分になりました。


●中山竹通の息子が区間賞

兵庫の4区の中山くんは、昔の名ランナーの中山竹通の息子だそうです。
区間賞の走りで、兵庫の優勝の最大の立役者と言ってもいいでしょうね。

他にも谷口浩美の息子も宮崎チームで走っていましたし、
宗兄弟のどちらかの娘も先週の女子駅伝で走っていましたし、
僕の小さい頃に観ていたランナーの子供が活躍するということで、
ちょっとだけ感慨深くなりました。


そんなところで、いろいろと楽しめた大会でした。

|

« 明日は2007年都道府県対抗男子駅伝 | トップページ | みそじ »

コメント

コメントありがとうございました。
都道府県対抗駅伝は、現・箱根メンバーや将来の箱根メンバー、過去の箱根メンバーなど見所が沢山あり面白いですね。佐藤悠基は正直かわいそうでした(;_;)北村くんは余裕の走りでしたしね。

投稿: いず | 2007年1月22日 (月) 00時37分

>いず さん

コメントありがとうございます!

そうなんですよねぇ~。この大会は、現箱根メンバーと
過去の箱根メンバーが一緒に走るのも大きな見所なんですよね。

中学生、高校生、大学生、社会人とも、
年末年始のそれぞれの駅伝大会の疲れなんかで、
みんなベストの状態ではないのかもしれませんが、
一生懸命タスキをつなぐ姿は観ていて熱くなります。

兵庫と長野の差が30秒くらいだったらオモシロかったんですけどねぇ~。
でも北村くんがゴールテープを切ったシーンも良かったです。

また時々このブログをのぞきに来て下さいねぇ~。

投稿: しげた | 2007年1月23日 (火) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/13602273

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫が優勝-2007年の都道府県対抗男子駅伝:

» 北村聡(日本体育大学)兵庫優勝(都道府県対抗男子駅伝)」 [ブログで情報収集!Blog-Headline/sports]
「北村聡(日本体育大学)兵庫優勝(都道府県対抗男子駅伝)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 20時35分

« 明日は2007年都道府県対抗男子駅伝 | トップページ | みそじ »