« 初のアメフト観戦 | トップページ | 兵庫が優勝-2007年の都道府県対抗男子駅伝 »

2007年1月20日 (土)

明日は2007年都道府県対抗男子駅伝

明日は広島で、「第12回都道府県対抗男子駅伝」があります。

正月の全日本実業団駅伝とか箱根駅伝と比べると
「イベント的」な要素も強い感じもありますが、
この大会も僕は毎年楽しみにしています。

1区 高校生 7キロ
2区 中学生 3キロ
3区 一般  8.5キロ
4区 高校生 5キロ
5区 高校生 8.5キロ
6区 中学生 3キロ
7区 一般  13キロ

の計48キロ。

どこの都道府県から出場するかというのは、たぶん

・中学生、高校生は自分の通っている学校の都道府県
・大学生は自分の出身都道府県
・社会人は会社が所在する都道府県

という感じだと思います。

そんなわけで、エントリーデータを見ながら、
僕の注目ポイントや予想なんかを書いてみたいと思います。

●山の神がエントリー
 
  箱根駅伝で大活躍した「山の神」こと順天堂大学の今井正人(福島:原町高出)
 がエントリーしていますね。たぶん7区を走ると思います。

 1万メートルのトラックのベストタイムが「28分57秒」と、
 大学生の中でもそんなに凄いわけでもないので、

 「山は凄いけど平地ではまだまだ」

 という感じの一般の評価となっていますが、どのくらいの走りをするか楽しみです。


●長野が去年まで3連覇中

 今年も一般は、丸山敬三(日清食品-東海大)、上野祐一郎(中央大)、
そして何と言っても箱根で2連連続の区間新を出した佐藤悠基(東海大)が
エントリー。
 実際に走るのは一般は2人なので、誰が走るんでしょうね。

 中学生と高校生がそこそこ走れば、やはり優勝候補の筆頭かも。

 何といっても高校生区間に「留学生選手」はいませんし。


●他の優勝候補

高校生区間が7区間中3つあるので、年末の高校駅伝の結果を参考に……

・兵庫
 北村 聡(日体大)、竹澤 健介(早稲田-今年の箱根2区で区間賞)、
木原真左人(中央学院大)と、「全日本大学代表メンバー」と言っていいような
豪華な顔ぶれ。
 2人しか走れないのが非常にもったいない。社会人の選手にどこまで
勝負できるか注目です
 高校生も西脇工の選手を中心にかなり強そう。

・愛知
 豊川工の選手と一般のトヨタ自動車、トヨタ紡織の選手で、
ここも優勝候補でしょうね。

 それと、豊川工の2年生の三田祐介に注目しています。
たしか彼は、中学まで野球をやっていて、高校に入ってから陸上を本格的に
始めたという経歴。何となくそれを聞いて、応援しているんですよねぇ。
この前の高校駅伝ではイマイチでしたが。

・広島
  高校駅伝で優勝した世羅高校(しつこいですが今回は留学生はいません)、
 そして中国電力の選手となかなか強そうです。
  中学生の3000メートルの持ちタイムもかなりいいし、優勝もありうるかも。
  
  
●飛松 誠(佐賀-安川電機)

 何とも言えない独特の風貌と走り方で、帝京大時代の箱根から
一部に熱狂的なファン(僕を含む)を抱えている彼。
 元日のニューイヤーでのエース区間の2区で14人抜きの快走をしましたし、
是非ともNHKには「飛松カメラ」を設置してほしいものです。


●北海道チームは……

 それぞれの選手の自己記録を見ると、ちょっと厳しいレースになりそうですが、
去年は31位だったので、何とか20位台に入ってほしいです。
 
 一般では、大塚製薬の片岡祐介(北海道教育大旭川-別海町出身)に注目。
3年前の箱根駅伝で「全日本学連選抜」チームで出場した彼は、
アンカーの10区で見事区間5位の走り。
 
 結局、箱根での「全日本学連選抜」チームは総合で全体の5番目か6番目に
入っちゃったため、「強すぎる」ということで「全日本」は1年限りでしたが。

 「箱根に北海道の大学生が走っている」というのには感動しました。

 昨年の北海道マラソンでは3位に入っていますし、北海道出身の長距離ランナー
で活躍している人が少ないので、応援しています。

 あとは東海大の荒川丈弘(札幌山の手高出)。
この前の箱根では4区にエントリーされながらも、当日のエントリー変更で走れず。
1万メートルの自己ベストが「28分54秒」と、
実は「山の神」の今井くんよりいいんですねぇ~。
 
 もし走れば、走れなかった箱根の悔しさを晴らす走りをしてほしいです。

 そんなところで、明日の午後0時30分スタートです。

|

« 初のアメフト観戦 | トップページ | 兵庫が優勝-2007年の都道府県対抗男子駅伝 »

コメント

愛知からです。優勝候補が10位にズルズル~ああっ。

豊川工業の三田は補欠にしましたね。前日まで1区間三田でしたからなにかアクシデントかな。

三田が見たかったね、売り出し中だから(笑)

アンカーの7区間。
1位兵庫・北村(日体大)
2位長野・佐藤悠基(東海大)
3位愛知・糟谷(駒大OB)

タイム差があるからそのまんまかと愛知県民は3位を覚悟した。いかな糟谷でも悠基には追い付けなーい!

が!あらっ糟谷はズルと下がり3→4→5→6…10位

皆さん応援ありがとう(*^-^*)

投稿: sadakun_d | 2007年1月21日 (日) 21時10分

>sadakun_d さん

はじめまして!コメントありがとうございます。

三田選手、見たかったんですが補欠で残念。

それでも、2区を終わった段階では愛知はトップだったんですけどねぇ。
高校生と中学生の頑張りを、一般の社会人の選手2人が
台無しにしたような結果となっちゃいましたね。

しかも、3区の内田直将選手(トヨタ自動車)も駒大出身。

「駒大出身の選手は、みんな大学時代がピーク」

という僕の中の勝手な評価を増幅させる結果となりました。

僕の応援する中日ドラゴンズといい、サッカーのグランパスといい、
高校駅伝の豊川工高といい、みんな実力はあるのに、
「日本一」まではあと一歩何かが足りないような、
そんなところがたまらなく好きです。

投稿: しげた | 2007年1月21日 (日) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/13584331

この記事へのトラックバック一覧です: 明日は2007年都道府県対抗男子駅伝:

« 初のアメフト観戦 | トップページ | 兵庫が優勝-2007年の都道府県対抗男子駅伝 »