« 亀田大毅が札幌で試合 | トップページ | 初のアメフト観戦 »

2007年1月14日 (日)

2007年の走り始め

今日は昼間から「全国都道府県対抗駅伝(女子)」を観ていたら、
僕の中の走りたい欲求が、

おさえき~れな~い この気持ち今~ (by T-BOLAN)

という感じになって、駅伝を見終わったあと、
雪道の中を1時間ちょっと走ってきました。
これが今年2007年の「走り始め」です。

Yuki1_1  Yuki2

週末は少し雪が降ったので、それほど「ツルツル路面」という感じではなく、
普通のランニングシューズでもさほど問題はありませんでした。

走るのはおよそ「2ヶ月ぶり」だったのですが、
思いのほか最後までバテることなく、淡々と走れました。

やはり、走った後の「」は美味しいですね。
この感覚を久しぶりに味わいました。

走った後は、

仕事での悶々とした感じ
片想いの悶々とした感じ

が少しは発散されたような気分で、すっきりとしました。

早く雪が溶けて、乾いた路面の上を思いっきり走りたいですなぁ~。


---------
第25回 全国都道府県対抗女子駅伝

優勝 京都(3連覇)
2位 岡山
3位 兵庫

15位 北海道 2時間20分11秒

レース前は「須磨学園の小林祐梨子がいる兵庫が独走するんじゃないか」
という予想があったみたいですが、上位3チームのアンカー対決で優勝が決定した、
非常にオモシロい展開となりました。

オモシロい展開ならば、別にどこが優勝してもよかったので、
非常に楽しめて満足できました。

そして北海道は

・過去最高タイの15位
・過去最高タイムの2時間20分11秒(今までは2時間22分台)

という、いい結果となりました。

1区のホクレンの細川選手が区間9位という好位置でタスキを渡して、
それ以降の選手も粘って走れたみたいです。

よく駅伝で耳にする「流れ」。

僕は駅伝をやったことがないのでよく分かりませんが、
前の選手の走りや順位が、その後に大きく影響するんでしょうかねぇ~。

来週の日曜日は、今度は男子の都道府県対抗駅伝が広島であります。

これも楽しみです。

|

« 亀田大毅が札幌で試合 | トップページ | 初のアメフト観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/13496288

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年の走り始め:

« 亀田大毅が札幌で試合 | トップページ | 初のアメフト観戦 »