« 明日は天皇杯ベスト8-コンサドーレ札幌 | トップページ | FC岐阜がJFL昇格 »

2006年12月23日 (土)

ベスト4だ!-コンサドーレ札幌

第86回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝
ユアッテックスタジアム仙台

ヴァンフォーレ甲府 0-2 コンサドーレ札幌

得点:前半45秒 オウンゴール
    後半28分 加賀(札幌)

…………、勝ってしまいました。

これで賞金の「2000万円」はとりあえず確保です。

北海道ではNHK総合で生中継をしてくれました(BSでは夜の録画放送)。

しかも、

実況:町田アナウンサー
解説:原 博実

という、僕にとっては最高の2人。

先制点はたしかにラッキーではありましたが、
砂川のインターセプトから西谷の絶妙のクロス、
そして中山がゴール前に詰めていたからこそのオウンゴールで、
いい得点シーンでした。

2点目の加賀のダイレクトのボレーシュートは素晴らしすぎました。
その得点のきっかけとなった川崎のクロスもいいボールでした。

今日の試合を見て

「川崎と再契約してもいいんじゃないか?」

と少しだけ思いました。

トドメの3点目を決められなかったケンゴは、次は決めてね。

さて、やはりこの試合のファンタジスタは何と言ってもキーパーの佐藤。

・バックパスのボールを手で扱っての間接フリーキック
・ペナルティーエリアの外のボールを手で扱っての間接フリーキック(黄紙獲得)

どっちも、相手が近くにいなく、余裕があった状況でのエンターティナーっぷり。
さすがに魅せます。

あとは、相手のコーナーキックのボールに対して、
勇猛果敢に出て行ってパンチングをしようとして、
そして触れずにボールが頭の上を超えていく。

そんなシーンが何度もありました。

最後には解説の原さんが

札幌の選手は、佐藤が出ていくもんだと思って、
しっかりとカバーに入っていますよ。
まぁ、いいんじゃあないんですか。思い切って出ていくのは。
相手の選手もびっくりしますし。


という、優しいお言葉。
さすが原博実です。

さらに、2-0でリードしている場面で、町田アナが

この両チームの対戦は、1年前に後半ロスタイムまで札幌がリードしていて、
そこから甲府が3点とって大逆転という試合がありまして


という、両チームの多くのファンが頭の片隅にあったであろう、
過去の伝説のエピソードをタイミングよく出してくるあたり、
さすが町田アナ。

やはりこの2人のコンビは素晴らしかったですね。

あとは、今日の加賀はゴールだけでなく、
本来の守備でも非常に頼もしかったですね。

来年はジュビロ磐田に戻ることが濃厚らしいですが、
残念ですなぁ。

そんなわけで次は29日の金曜日に、
静岡のエコパでガンバ大阪と。

播戸は累積警告で出場停止ですが、
J1得点王のマグノアウベスは残念ながらブラジルに帰国していなく、
他にも、遠藤、加地、二川、家長と相変わらず豪華な顔ぶれ。

正直言って勝てる気が全くしませんが、
希望の光を探すと、リーグ戦の試合でも頻繁に見せてくれる、

「宮本の思いがけないクリアミス」

に期待して、次の金曜日を迎えたいと思います。

|

« 明日は天皇杯ベスト8-コンサドーレ札幌 | トップページ | FC岐阜がJFL昇格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/13175975

この記事へのトラックバック一覧です: ベスト4だ!-コンサドーレ札幌:

« 明日は天皇杯ベスト8-コンサドーレ札幌 | トップページ | FC岐阜がJFL昇格 »