« 2006年 福岡国際マラソンの結果 | トップページ | 思わぬ好成績 »

2006年12月 7日 (木)

ヒロシです……

この2日間は、このブログサイトのニフティの「ココログ」がメンテナンスのため,
更新できない状況でした。

この2日間はというと

・心で君を抱きしめて 今は少しだけ愛を信じれた
・上海ハニーと浜辺社交ダンスをした
・「何故キミに出逢えたんだろう」と疑問に思った
・「キミに出逢えたこと、それは運命」と自分で結論を出した

そんな日々でした。

そんなところで、ここからは完全に札幌のローカルネタとなりますが、
昨日の夜は飲み会でした。

その前日に

「明日の待ち合わせ場所は、大通駅の『ヒロシ前』で」

というメールが来ました。そして僕は途方に暮れました。
見慣れない服を着た君が今、出て行きました。

………、『ヒロシ前』って何?

全く分からなかったのですが、ここは

「じっちゃんの名にかけて!」

自力で、全身全霊を込めてこの謎を解こうと、
決死の覚悟でインターネットに接続して検索をかけました。

………、30秒で解決しました。

以下は、北海道新聞の過去の記事の一文らしいです。

「ヒロシ」は、三越札幌店地下二階入り口そばにある100インチの広告用
マルチビジョンの愛称。公募で愛称を募集し、2000年4月に名付けられた。
札幌の若者の間では「ヒロシ前」が待ち合わせ場所の定番となっている。



モシカシテ、シラナカッタノハボクダケデスカ?

文中の、「札幌の若者の間では」の「若者」というのが若干気になりましたが、
解決したので、気にしないでおきました。

ちなみに、「ヒロシ」といって真っ先に思い浮かべるのは、
「川口浩探検隊」ですね。

「♪川口浩が~洞窟に入る~ カメラマンと~照明さんの~後に入る~」

19歳の「若者」の僕にとって、非常に懐かしいですなぁ。

--------
*「川口浩探検隊」

1977年にスタートした「水曜スペシャル」(現在のテレビ朝日系)の人気シリーズ。
1986年ころまでに、計43回放送されたらしいです。

どんな番組だったかと言えば、上に書いた「♪川口浩が~」で始まる、
嘉門達夫が歌った「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」の歌詞を見れば、
だいたい想像がつきます。
(歌詞は「川口浩  うたまっぷ」で、ヤフーででも検索してみてください)。

|

« 2006年 福岡国際マラソンの結果 | トップページ | 思わぬ好成績 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/12972583

この記事へのトラックバック一覧です: ヒロシです……:

« 2006年 福岡国際マラソンの結果 | トップページ | 思わぬ好成績 »