« 正月は駅伝観戦を満喫 | トップページ | 2007年 第83回箱根駅伝の予想 »

2006年12月29日 (金)

惜しくも負け-天皇杯 コンサドーレ札幌

第86回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝
静岡エコパスタジアム

コンサドーレ札幌 1-2 ガンバ大阪

得点:前半18分 加地
    後半 7分 オフサイド 1万ゴール男
    後半 9分 相川
   
昨シーズンのJ1リーグ年間チャンピオンで、今年もリーグ3位の
ガンバ大阪に対して、大健闘でした。感動しました。

あまり審判の判定には文句を書かないように、
このブログを書くときには心がけてきたのですが、
2失点目は明らかにオフサイドですなぁ。
ヘボ線審

解説の山本昌邦さんが、2失点目のシーンのVTRを観たあとに、

「ガンバ、これはもうかりましたねぇ~」

という絶妙なコメントを残してくれたので、ちょっと気分が直りました。

しかし、この2分後に相川が素晴らしいボレーシュートでゴール。

そんなわけで、

「あの2失点目がなければ……」

と普通は思うのでしょうが、不思議とそうは思わずに、

2点差で半分開き直ったからこその相川のゴールだろうなぁ。
もし1点差だったら、確実に枠のはるか上空をいっていただろうなぁ。
それが相川。


その証拠に、その後の絶好のチャンスの場面では、
シュートはサイドネットに。

1失点目も、加地のシュートを1回はよくブロックしたのですが、
そのこぼれたボールが、ちょうどまた加地の前にこぼれてしまい、
ちょっとアンラッキーと言えばアンラッキーでした。

試合前は

「全く試合にならないんじゃないかなぁ~」

という不安が大きくあったのですが、
そう意味では今日の試合はもの凄い満足のはずなのですが、
やはり、

「勝てるチャンスも充分にあった試合内容だったなぁ~」

と悔しい気持ちでいっぱいです。
もちろんガンバとの実力差は完全に感じはしましたが、
とにかく悔しい。

あと、川崎との再契約は考えてほしいです。
ルール上、それが出来るのかどうかは分かりませんが。

左サイドの西谷が故障がちだし、来シーズンいるかどうかもまだ分かりませんし。
左のウィングでは和波よりは期待できる

そんなわけで、コンサドーレ札幌の今シーズンは終了です。

|

« 正月は駅伝観戦を満喫 | トップページ | 2007年 第83回箱根駅伝の予想 »

コメント

こんにちは、しげたさん
リリヲー参上!!!

不幸にも修士論文のための実験のために
学校に来ていて、試合は見れませんでしたが、
残念でしたね。リリヲーも影ながら応援していたのですが。

ガンバが今まで5回準決勝に行って、5回とも敗戦しているから
もしかして…という気持ちがありましたが。

まぁ、こんな時期までサッカーを堪能できたのですから
良かったんじゃないですか?

決勝は因縁のG大阪vs浦和かな?
(今の時点で1-0で浦和リード)
リーグ戦では連覇を阻止されたガンバが
天皇杯の連覇を狙う浦和を倒すのかが、注目ですね。
(って、まだ浦和の決勝進出は決まっていませんが)

投稿: リリヲー | 2006年12月29日 (金) 16時22分

>リリヲーくん

実験おつかれ~!

まぁ、ここまでサッカーを堪能出来たので、
思わぬ年末のプレゼントでした。
何だかんだで大満足です。

もう1試合は鹿島が今同点に追いついて、
いったいどっちが勝つんだろう。

どっちがきても、決勝は一応ガンバを応援しようかなぁ。
元札幌の播戸もいるし。

投稿: しげた | 2006年12月29日 (金) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/13250851

この記事へのトラックバック一覧です: 惜しくも負け-天皇杯 コンサドーレ札幌:

« 正月は駅伝観戦を満喫 | トップページ | 2007年 第83回箱根駅伝の予想 »