« 惜しくも負け-天皇杯 コンサドーレ札幌 | トップページ | 2007年 全日本実業団駅伝の予想 »

2006年12月30日 (土)

2007年 第83回箱根駅伝の予想

年明けの1月2日、3日に恒例の箱根駅伝があります。

毎年、これが楽しみで1年を過ごしていると言ったら、
ちょっと言い過ぎかもしれませんが、そんなに言い過ぎではないかもしれません。

そんなわけで、せっかくなので予想をしてみたいと思います。
根拠は全くない、ただの勘です。

まずは1年前の成績は……

1位 亜大
2位 山学大
3位 日大
4位 順大
5位 駒大
6位 東海大
7位 法政大
8位 中大
9位 日体大
10位 東洋大

トップを走っていた順大の8区のランナーがブレーキとなって
駒大が逆転して、その駒大を9区の亜大の山下君が逆転して、
そしてそのまま優勝という、大波乱のレースでしたね。

そして、今年の今までの駅伝結果は……、

出雲           全日本 

1位 東海大      1位 駒大
2位 日大        2位 日大
3位 東洋大      3位 中大
4位 日体大      4位 順大
5位 駒大        5位  山学大
              (東海大は予選落ちで不出場)

そんなこんなで、僕の勝手な「3強」予想は

・駒大
・日大
・順大

です。

東海大は、1区の佐藤悠基、2区の伊達秀晃と、
2大エースをいきなり最初につぎ込むのが
ちょっと疑問ということで、優勝予想から外しています。

何だかんだいって駒大が手堅く勝つような予感がありますが、
それではオモシロくないので、予想は以下のとおりにしておきます
(5位までは順位も予想して、それ以降は10位までのシード権獲得校)

優勝 順大
2位 駒大
3位 日大
4位 日体大
5位 東海大

6位~10位
    亜大    
    中大
    東洋大
    早稲田大
    城西大

去年からのシードから落ちるのは山学大と法政大。
新たにシード獲得は予選会1位の早稲田と、
予選会はギリギリだったけど城西大。

順大はやはり、5区の山登りの今井君の存在が大きいということで。

あと、注目選手は……

・モグス(山学大)
  去年の2区の区間賞。今年は区間新も期待。
  でもチームはシード権はどうかな?去年は2位だったけど。

・木原真左人(中学院大)
  去年、1年生で1区の区間賞。今年の予選会は専大の座間に続いて2位。
  今年は2区。もしモグスが前半飛ばし過ぎがあれば、こっちが区間賞かも。

・上野祐一郎(中大)
  今のところ、高校時代(佐久長聖高)がピークと思えてしまう。
 ビックマウスだった彼も3年生なんですねぇ。今年は3区。

・今井正人(順大)
  2年連続5区での区間賞。今年も凄い走りを期待。

・荒川丈弘(東海大)
  札幌山の手高校出身の3年生。4区にエントリー。
 1万の自己ベストが28分54秒といいタイムを持っているけど、
 こっちの新聞によると10月か11月に疲労骨折をしたとのこと。
 それがちょっと心配。

・森賢大(日体大)
  鹿児島実高出身の1年生。高校時代の走りが印象に残っているので
 応援している。1区にエントリー。彼の走り次第では、日体大の優勝争いもありそう。
 毎年「日体大は今年はいけるんじゃないか」と言われて、
 そして結果はいつもイマイチだけど。

・高校時代は凄かったんだけどなぁ~組
  土橋啓太(日大4年)、松岡佑起(順大3年)、佐藤秀和(順大2年)など。
  特に佐藤秀和(仙台育英高)は高校時代は「W佐藤」と呼ばれていた大注目の
  選手だったけど、今となってはその呼び名が懐かしい。
  今年は補欠になっているけど、果たして走るのかなぁ。
  1万の自己ベスト「28分10秒」が、高校のときのタイムなのが切ない。

そんなわけで、スタートまであと3日。非常に楽しみです。

|

« 惜しくも負け-天皇杯 コンサドーレ札幌 | トップページ | 2007年 全日本実業団駅伝の予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/13270273

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年 第83回箱根駅伝の予想:

« 惜しくも負け-天皇杯 コンサドーレ札幌 | トップページ | 2007年 全日本実業団駅伝の予想 »