« 愛媛FCに負け越し-コンサドーレ札幌 | トップページ | 市民ランナーの年齢は? »

2006年11月13日 (月)

長谷川、イーグルが防衛-ボクシング

WBC世界バンタム級タイトルマッチ

長谷川穂積 ○ 判定 ● ヘナロ・ガルシア(メキシコ)


WBC世界ミニマム級タイトルマッチ

イーグル京和 ○ 判定 ● ロレンソ・トレホ(メキシコ)


まずは長谷川の試合。
4回と8回の終了間際に奪った2度のダウンは見事でした
(左アッパーと右フック)。

世界レベルの試合で、ワンパンチでダウンを獲れるのは素晴らしいです。

ただ、採点は

114-110
114-109
114-109

ということで、2度の終了間際のダウンと最後の減点が無ければ、
かなり際どい判定になっていたんですね。実は。

相手のメキシコ人は馬力があり過ぎでした。
普通の選手なら押しまくられて、まず勝てないでしょう。

長谷川は納得してないかもしれませんが、
KO勝利じゃなくても、充分に内容のある3度目の防衛だったと思います。

そしてイーグル。

相手のトレホは、マヨール(イーグルの前の防衛相手)に豪快に倒された映像を
WOWOWで観ていて、そのイメージしかなかったので、
無難にイーグルが勝つと思っていました。

テレビではハイライトでちょっとしか放送されていなかったので
よく分かりませんが、そのハイライトから強引に試合を振り返ると、

・3回にイーグルがダウンを奪う
・やっぱり順当に勝てそうだなぁ
・しかし、何故か6回にダウンをくらう
・さらにその直後に、もう一回ダウン
・しかも、かなり効いている様子(残りも1分くらいあった?)
・あとは一進一退の打ち合い
・最終ラウンドのゴング

判定は

114-113
113-112
113-112

と、全員が1ポイント差の3-0でイーグルの勝利。

危なかったですねぇ。そして何か、凄いオモシロそうな試合だったような感じが。
「日テレG+」で後日やってくれると嬉しいんですが。

あと、期待のホープの粟生は、対戦相手の胴回りの太さが気になりましたが、
粟生が6RでKO勝利。

インタビューの映像を観ていて、

「はねるのトびらに出てくる、ロバートの秋山に似ているなぁ」

とちょっと思ってしまいました。

そんなところで、ボクシングに関しては今までほとんど書いてきませんでしたが、
実は僕はかなりのボクシングマニアです。

今日は非常に楽しめました。
視聴率もせめて10%はいってほしいのですが……。

|

« 愛媛FCに負け越し-コンサドーレ札幌 | トップページ | 市民ランナーの年齢は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/12676498

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川、イーグルが防衛-ボクシング:

« 愛媛FCに負け越し-コンサドーレ札幌 | トップページ | 市民ランナーの年齢は? »