« 水戸とは2勝2敗-コンサドーレ札幌 | トップページ | ♪冬がはじまるよぉ~ »

2006年11月19日 (日)

土佐が優勝-東京国際女子マラソン

東京国際女子マラソン

優勝 土佐 礼子(三井住友海上) 2時間26分15秒
2位 尾崎 朱美(資生堂)      2時間28分51秒
3位 高橋 尚子(ファイテン)    2時間31分22秒

テレビの映像で見た限り、途中までは雨は「ぱらぱら」程度で
風も強くなく、気温が10℃前後だったので
「涼しくていい条件かなぁ」とも思ったのですが、
途中から雨が強くなって、かなり厳しいコンディションとなったようです。

土佐選手は最初から積極的に前を走って、
31キロ過ぎからは独走になって、見事な優勝でした。

しかしながら、僕は高橋尚子選手の大ファン

31キロあたりから、どんどん土佐選手に離されていったシーンは、
正直いってショックでした。

しかも、一応「土佐選手のペースアップに付いていけなかった」
ということに中継ではなっていましたが、実際は

・土佐選手が1キロ3分30秒~40秒くらいのイーブンペースで粘った
・高橋選手が一気にペースダウンした

ということで、どんどん差が開いていきました。

39キロ~40キロの間の1キロが「5分5秒」と、
いくら上り坂があったと言っても、信じられない落ち込み方です。

まぁ、これで「引退か?」と、引退させるのが好きな人たちは騒ぐでしょうが、
来シーズンのオリンピック選考レースで勝てばいいので、
もう一度立て直してほしいのが、僕の願いです。

なお、2位になった尾崎選手は、
2ヶ月前に僕も走った函館ハーフマラソンの、女子の優勝者です。

途中ですれ違ったのもはっきりと覚えていますし、
とにかく一瞬でも間近で走りを感じた選手が健闘したのは、
非常に嬉しいです。

2週間後は福岡国際男子マラソン、年末には高校駅伝、
正月には実業団駅伝と箱根駅伝と、
走るのは観るのも大好きな僕にとっては、
楽しみがどんどんあるこれからのシーズンです。

|

« 水戸とは2勝2敗-コンサドーレ札幌 | トップページ | ♪冬がはじまるよぉ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/12750457

この記事へのトラックバック一覧です: 土佐が優勝-東京国際女子マラソン:

« 水戸とは2勝2敗-コンサドーレ札幌 | トップページ | ♪冬がはじまるよぉ~ »