« あと10キロだぞ!もう少しだ! | トップページ | ランニングコースを散歩 »

2006年11月 3日 (金)

脚の痛みとランニングと私

僕がランニングを始めたのは、3年前の春ころでした。

どういうきっかけで走り始めたかは
またいつか書きたいと思いますが、
3年前の10月の札幌マラソンでの10キロが、
僕にとっての初レースとなりました。

そこから3年、出場したレースを数えてみると

・10キロ  2回
・ハーフ 12回
・フル    2回

ということで、まだ

「走り始めてからまだ日が浅いけど」

という気分ではあったんですが、こうして考えてみると、
それなりにキャリアを積んでいます。

僕のひそかな自慢としては

・申し込んだ大会には全て出場
・完走率100%

ということなのですが、今回書きたいのはそういう「自慢」ではなく、
多くのランナーがおそらく悩んでいるであろう
脚の痛み」についてです。

上で、「申し込んだ大会には全て出場」という、まどろっこしい表現をしましたが、

「申し込んで出る気満々だったけど、でも脚の痛みがあるから、
出場して、もしこれが悪化したらなぁ……」

ということで、走ることを断念した経験のある方も多いと思います。

僕も、「脚の痛みの不安が無い状態」でスタート地点に立てた大会って、
数少ないんですよね。

今年は「ハーフ5回」「フル1回」に出たのですが、
「脚の痛みの不安が無い状態」で出られたのは
1回だけなんですよね。

その1回が「北海道マラソン」だったのが、極めてラッキーだったのですが。

昨年も、いい状態で走ったハーフでの「1時間30分45秒」が
僕のハーフの自己ベストとなっています。

やはり脚の不安が無い方が、いいタイムも出やすいでしょうし、
それに、本番の何日前からのテンションも違うんですよね。

脚の不安があるとどうしても

・本番中に脚の痛みが悪化して、走れなくなったらどうしよう
・それでその痛みが何ヶ月も長引くかもしれない
・今回は棄権したほうがいいのかなぁ
・でもやっぱり走りたいなぁ

という感じで、なかなかテンションが上がらないんですよね。

脚の痛みの防止策としては(「走らない」を除いて)

・シューズ
・ランニングフォーム
・走る前と走った後のストレッチ
・練習方法(走るコース、、距離、ペース)

などに気を使うべきなんでしょうね。

「ランニングフォーム」というのは、どこをどう直せばいいのか自分では
分からないですし、

・適切なシューズ
・走る前の準備運動
・走った後のストレッチ

あたりが、改善しやすいところなんでしょうね。

でも、結局どうしたらいいのかは具体的に分からないのですが。

来シーズンの大きな目標は

「脚の痛みに悩まされないで、思いっきり気分よく走る」

ということです。

|

« あと10キロだぞ!もう少しだ! | トップページ | ランニングコースを散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/12535598

この記事へのトラックバック一覧です: 脚の痛みとランニングと私:

» ランニングフォームのチェックポイント@ランニングマシーンDEランニング [ランニングマシーンDEランニング]
ランニングフォームには、人それぞれ何かしらの特徴があります。腕の振り方やピッチ(歩幅)、着地の仕方等その人特有のものがあると言えるでしょう。そのような特徴は、絶対に矯正しなければならないものではありません。自分が一番走りやすいフォームでランニング...... [続きを読む]

受信: 2007年4月12日 (木) 01時08分

« あと10キロだぞ!もう少しだ! | トップページ | ランニングコースを散歩 »