« ランニングコースを散歩 | トップページ | 疲れた人へ/地名しりとり(ノブナガ)より »

2006年11月 5日 (日)

駒大が優勝-2006全日本大学駅伝

第38回 全日本大学駅伝対抗選手権大会
(8区間106.8キロ:名古屋・熱田神宮→伊勢・伊勢神宮)

優勝 駒大
2位 日大
3位 中大
4位 順大
5位 山梨学院大
6位 日体大
----
7位 亜大
8位 東洋大
9位 第一工大
10位 城西大
………
25位 札幌学院大(たぶん)

今日は朝の8時から、午後の1時30分過ぎまで、
ずっとテレビ中継を観ていました。

駒大が優勝すると、なぜか「つまらない」気分になってしまうのは
どうしてでしょうか。

5区から6区の中継所では、駒大と2位日大との差は5秒でしたが、
6区の駒大3年生の平野選手の「空気を読まない快走」により、
一気に優勝争いの興味がなくなってしまいました。

この大会は6位までが来年のシード権を得られるのですが、
山梨学院大はアンカーのモグスで

・去年 15位→4位
・今年 11位→5位

と一人で順位をあげて、シード権獲得。
今年は区間新。

テレビ朝日は、途中まで「モグスが区間新か?」と騒ぐだけ騒いでおいて、
残り3キロくらいの地点で、
「区間新から20秒ほど遅れてそう」
という情報で、一気にトーンダウンでそこからは記録には一切触れず。

そしてゴールしてみたら、30秒近く記録更新
実況の人の
「え~、これは記録更新、ということになるのでしょうか?」
という戸惑いのアナウンスが切なかったです。

さすがテレビ朝日。
盛り上げどころをのがしまくりです。
日本シリーズのときもそうでしたが、コマーシャルも多いし。

まぁ、中継してくれるだけでもありがたいので、
あまり文句は言えませんが。

札幌学院大は、3区から4区の中継地点で無念の繰り上げスタート。
かなり予想はできていましたが、やはりタスキをつなげさせたかった……。

今日は東海大が出ていれば、もっと面白かったかもしれないので、
どうして予選落ちしてしまったのかと、残念です。

正月の箱根駅伝が今から楽しみです。

|

« ランニングコースを散歩 | トップページ | 疲れた人へ/地名しりとり(ノブナガ)より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/12562838

この記事へのトラックバック一覧です: 駒大が優勝-2006全日本大学駅伝:

« ランニングコースを散歩 | トップページ | 疲れた人へ/地名しりとり(ノブナガ)より »