« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

5失点-コンサドーレ札幌

J2 第31節 札幌厚別

コンサドーレ札幌 1-5 湘南ベルマーレ

得点:たくさん(湘南)
    後半36分 フッキ(札)

今日はテレビ観戦にしておいてラッキーでした。

前半早々に、PKで先制される展開。

しかしながらその後はボールもそこそこ回しながらで、
そんなに悪くない感じで、

「前半は仮に0-1でも、後半は風上だし、まだまだチャンスは充分あるなぁ」

と希望を持っていたのですが、
前半30分に湘南の佐藤に豪快にミドルシュートを決められてからは、
全くどうにもなりませんでした。

まぁ、サッカーの試合ではこういう「大量失点」というのは往々にしてありますし、

・大量失点したから、これからもダメだ
・1点差で負けたから、次の試合にも期待できる

というものでもありません。と、無理やり自分を納得させます。

しかしながら、前回書いたように

・自分より上位のチーム相手には勝つ
・自分より下位のチーム相手にはあまり勝てない


という、最近の傾向に「びたっ」とはまった結果となりました。

それと、今日の試合結果とは関係ありませんが、
今日のレフェリーはなかなか「ファンタジスタ」でした。

明らかに札幌のアドバンテージをとるべきような場面で
レフェリーが笛を吹いて試合を止めた瞬間、
解説の野々村が

いやぁー、何をしたいんですかねぇ~。観ているお客さんに対しても失礼ですよ

というコメントをしたのが、この試合で一番印象に残っています。
というか、その他のことは忘れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

今日も勝利-中日ドラゴンズ

ナゴヤドーム

中日 2-0 巨人

勝:佐藤充
S :岩瀬
負:内海

今日も勝ちました。

福留の1回裏の先制タイムリーが結局決勝点に。
ここ4試合で、福留は3つ目の「勝利打点」です。

そして4試合連続の「ヒーローインタビュー」。
言うことなしです。

さらに、何と言っても、佐藤充が8回まで0点に抑える好投。
開幕から無傷の8連勝

佐藤充の大躍進のきっかけとなったと言われる試合が、
5月11日の札幌ドームでの日ハムとの交流戦。

1回に連打でいきなり3失点も、
2回以降はほぼ完璧に抑えるピッチング
(試合は延長でサヨナラ負け)。

この次の登板から今日まで、5試合連続完投を含む無傷の8連勝。

そのきっかけとなった試合を生で観られたのは、
ちょっとだけ嬉しいです。

これで規定投球回数にも達して、チームメイトの川上を抜いて防御率トップに。

去年までの2年間で1勝しかしていなくて、
開幕には2軍にいたピッチャーが、
こんなに大活躍するとは、全く誰も予想していなかったことでしょう。

プロ野球は基本的に毎日のように試合があるので、
応援しているチームが調子がいいと、毎日が非常に気分良く過ごせます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月27日 (木)

3タテ!-中日ドラゴンズ

今週火曜日から始まった、
1位中日と2位阪神の首位争いの直接対決。

始まる前までは1.5ゲーム差だったのが……

火曜日 中日7-2阪神
水曜日 中日5-2阪神
木曜日 中日5-1阪神

と見事に3連勝で、4.5ゲーム差としました。

6月25日の巨人戦で足を痛めて、その後ずっと戦線離脱していた福留選手。

その福留選手がこの3連戦から復帰して、

1戦目 先制タイムリーと追加点のタイムリー
2戦目 決勝タイムリー
3戦目 ダメ押しの2ランホームラン

と大活躍。

福留選手はオールスターにファン投票で選ばれながら、
ケガで辞退していました。

その選手にオールスター明けの試合でいきなり活躍されてしまい、
阪神ファンは面白くないみたいですね。

「オールスターを休んだのはずるい」

みたいな感じで、中日ファンのサイトの掲示板とかが荒らされているという噂。

こっちにしてみれば、

「そんなこと知ったこっちゃないよ。打たれるお前らが悪いんだろ」

と言いたいですが、とにかく今は勝って気分がいいので、
何でもいいです。

まだまだ先は長いですが、
是非とも秋には「優勝の美酒」を味わいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

勝ち!-コンサドーレ札幌

J2リーグ 第30節 東京味の素スタジアム

東京V1969 1-2 コンサドーレ札幌

得点:前半29分 中山(札)
    前半44分 海本(東V)
    後半 5分 大塚(札)

出場停止明けで活躍が期待されたフッキが、
今度はケガで欠場というのを今朝の新聞で知って、
正直勝てる気がしてませんでした。

テレビ中継を観ていないので内容は分かりませんが、

試合後の柳下監督のコメント
----
前半の内容はひどかった。動いていないし、一人一人が全く別の考えをして
プレーしていた。1-1で終われたのはラッキーだった

----

そんな感じだったのでしょうか。


----
後半は立ち上がりから勝ちたいという強い気持ちがあって
良いリズムでプレーできていた。

----

大塚のシュートは、公式ページの速報によると

30メートルのミドルシュート

ということで、早く映像をみてみたいものです。


しかしながら、最近のコンサドーレ札幌は

・自分より上位のチーム相手には勝つ(たぶん今日で引き分けなしの5連勝)
・自分より下位のチーム相手にはあまり勝てない


という傾向がはっきりでているという、あいかわらず不思議なチーム。

まぁ、ちょっと前までの、

どこが相手でも勝てない

という状態と比べると天国ですが。


今日の勝利で順位を1つ上げて5位になった札幌の次の相手は、
ホーム厚別で10位の湘南。

最近の傾向からいくと危険な相手ですが、
とにかく勝ち点3をとって、上位との差を詰めたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

駒大苫小牧が甲子園出場-高校野球

高校野球 南北海道大会決勝戦
(札幌円山球場:観客2万4千人)

駒大苫小牧11-1札幌光星

というわけで、
昨年・一昨年と夏の甲子園大会で2連覇している駒大苫小牧高校が、
南北海道大会で優勝して、甲子園出場を決めました。

一番驚きなのが、

「観客2万4千人」

どこまでこの数字が正確かは不明ですが、
たしかにテレビの映像で観た限り、外野席もかなり満杯に近い状態でした。

平日の昼間の試合に凄いです。

「3連覇」はともかくとして、今年のチームも期待が持てます。

田中投手の他に、もう一人通用するピッチャーがいればいいのですが……。


あとはちょっと不謹慎な言い方ですが

・不祥事を起こさないように
・不祥事が発覚しないように

そうして、無事に大会にのぞめるように祈っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

カウンターが11111

昨日の夜、このブログのカウンターがゾロ目の「11111」となりました。

そして、見事に自分で獲得しました。

11111


そんなところで、今日もプロ野球のオールスター戦を観ました。

正直、オールスター戦をまともに観たのは、
ここ最近ではあまり記憶がないのですが、
今年はセリーグに藤川とクルーンがいたり、
新庄が(おそらく)最後の出場だったりと、
なかなか見所がありました。

明後日の火曜日からはリーグ戦が再開します。

我が中日ドラゴンズは、優勝に向けて突っ走ってもらいたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

ロスタイムの悪夢-コンサドーレ札幌

サッカーJ2 第29節 厚別

コンサドーレ札幌 2-2 ザスパ草津

得点:後半 0分 中井(草)
    後半 9分 砂川(札)(PK)
    後半44分 中山(札)
    後半ロスタイム 地下(草)

試合は、後半44分に、上里のピンポイントクロスから中山のヘッドで勝ち越し。

と思ったら、ロスタイムに同点ゴールをくらい、引き分け。

これだけだと、
「痛恨の引き分けで勝ち点3を逃した」
となるはずですが、不思議とそんな感じでもないんですよね。

後半の途中からは、

草津がいつゴール決めてもおかしくないし、
札幌がゴールできそうな予感は全くしない

そんな試合展開でした。

正直、内容的には「引き分けでラッキー」という感じでした。

それだけに、途中出場の上里と中山が最高の仕事をしてくれたのですが……。

次は水曜日にアウェーで東京V戦。
フッキが戻ってきますし、上位を倒して、
また立て直してほしいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

単3乾電池で空を飛んだ

単3乾電池で空を飛んだ 世界初、160本で59秒

何日か前にネットで見つけたニュースですが、
いいですねぇ、何か「ほのぼの」として。

まぁ、多分凄いことなんでしょうが、
「だからどうなんだろう」という感想も正直あって、
こんな感じのチャレンジは大好きです。

昔、まだ夜の11時台に30分番組で放送していた頃の
鉄腕!DASH!!」って、こんな感じの企画が多かったんですよね。

「乾電池で列車を動かせるのか?」というような企画も
たしかあったような記憶があります。

そんなところで、今日はジョギング中に突然の「豪雨」と遭遇したため、
かなり壮絶な闘いをした祝日となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

負けました-コンサドーレ札幌

J2 第28節 鳥栖スタジアム

サガン鳥栖 4-0 コンサドーレ札幌

得点:新居の2ゴールを皮切りに、その他いろいろあって4得点


今日、僕の家の加入しているケーブルテレビでは

・J SPORTS1 で鳥栖×札幌
・GAORAで阪神×中日の首位攻防戦

が、それぞれ生中継で観られました。

そこで僕は、「コンサドーレ札幌の試合は前半は0-0だろう」と
決め討ちをして、野球中継の方を中心に観ていました。

野球に比べて、サッカーは点が入らないスポーツだし

そんなこんなで午後8時の段階で、

・鳥栖3-0札幌(前半終了)
・阪神1-1中日(6回裏終了)

……、いや、サッカーの方が点数入っているし……

ここからは完全に「プロ野球オンリー」の観戦モードに入りました。
中日が勝ってくれて何よりです。

そんなわけで、サガン鳥栖の4つのゴールシーンは1個も観ていませんが、
まぁ、長いシーズン、こんなこともあります。

新居は、僕の中では普通に日本代表のFWを狙えるレベルだと思います。

ヨーロッパのチームに所属経験があれば、それだけで素晴らしい

そんな神様もトルコに行くことになりましたし。

コンサドーレ札幌に関しては、

1つ勝つと「J1昇格だ!柳下は偉い!」」
1つ負けると「もうダメだ!柳下クビだぁ!」

そんな人間にはなりたくないので(気持ちは分かりますが)、
次の試合は連敗しないように祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

君の髪の香りはじけた 浴衣姿が~

この1週間あまり、異常なまでにログインに時間がかかった「ココログ」も、
2~3日前のメンテナンスにより、一応は回復したようです。

そんなわけで、久しぶりの更新です。

今日の札幌の最高気温は噂によると「30.0℃」。
今年最初の真夏日です。

さて、札幌では今週から金曜日の夜に3週連続で、
豊平川で夏の恒例の
花火大会があります。

今日がその「第1弾」でした。

そんなわけで、帰りの地下鉄駅には、
浴衣姿」の女性がかなり見受けられました。

「浴衣姿」と言って、すぐに思い浮かべる曲は「夏祭り」。

♪君の髪の香りはじけた~
 浴衣姿がまぶしすぎて~
 お祭りの夜は胸が騒いだよ~

ということで、僕の年齢(19歳)ではこの曲は「ジッタリンジン」です。

この曲は以前に「曲紹介コーナー」で取り上げました(こちら)。

そこでも書きましたが、僕の最強2トップ

・ジャージ姿
・浴衣姿

ということで、今日の帰りの地下鉄は


「胸キュン三昧」

でありました。

さてさて、明日からは3連休です。

この3連休は、8月27日の「北海道マラソン」というフルマラソン大会に向けて
走り込みをしようと計画しています。

そんなところで、今日の「胸キュンパワー」は、
明日以降に向けての非常に力強い活力となりました。

では、お休みなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

ココログ絶不調

僕がブログとして使っているこのニフティの「ココログ」、
ここ一週間あまり、非常に接続が悪いです。
最悪です。

この一週間、

・中田選手の引退
・コンサドーレ札幌の勝利
・中日が調子良くて、巨人は最弱
・ミスチルの新曲が発売
・夏の星座にぶら下がって上から花火を見下ろした
・「一億人から君を見つけたよ」と根拠はないけど本気で思った
・道で拾ったチラシで紙ヒコーキ飛ばした 気持ちとは反対へ飛んでいった

そんなことを色々書きたかったけど、全く為す術がありませんでした。

そんなところでこの文章も、更新のための「保存」ボタンをクリックすると、
しばらくたって「サーバーが見つかりません」などのメッセージとともに
あっさりと何の痕跡も無く消えてしまう可能性が高いですが、
もし今、この文章を皆様が読んでいるとしたら、非常にラッキーです。

ではこれから、運命の「保存ボタン」を押します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

中体連

今は札幌は中学生の「中体連」の真っ最中なようで、
今朝の通勤途中の地下鉄にも、
それらしきジャージ姿の集団がいました。

僕はずっと「帰宅部」だったため,
そういう「部活の大会」というのには全く縁がありませんでしたが、
是非ともみんな練習の成果を出してほしいなぁと、
おじさんは心の中で思った朝のひとときでした。

よく考えると、中学生と僕の年齢を比較すると、
ほぼダブルスコアなことに気がつきましたが、
それは気にしない、気にしない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

ちょっとした疑問

サッカーのW杯は試合の行われる時間帯が厳しいので、
基本的にスポーツニュース頼みなのですが、
その中で一つ疑問に思うことがあります。

「どうして、NHKはイングランドとベッカムがそんなに好きなのか?」

何年も前から、NHKはベッカムにやたらと御執心ですし。

別に「優勝候補の本命」というわけでも無かったイングランドが負けただけなのに、
NHKでは重大ニュース。

別にどうでもいいんですが、ちょっと気になる休日の1コマでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

負けちゃった-コンサドーレ札幌

J2 第25節 アウェー

湘南ベルマーレ 2-1 コンサドーレ札幌

前半30分 石原(湘)
後半15分 池内(札)
後半36分 石原(湘)

この試合が始まる前まで……

札幌は4連勝(しかも引き分けは含まずに)
湘南は8連敗(
しかも引き分けは含まずに)

まぁ、コンサドーレ札幌だけじゃなく、サッカーという競技だけでもなく、
勝負の世界全般で、こういう状況で今日のような結果になるというのは
往々にしてあることかもしれません。

と、冷静に書きましたが、本音は

振られ気分でロックンロール」です。

まぁ、今日は10連敗中の巨人も勝ちましたし、
「連敗ストップデー」ということで、無理やり納得します。

今日はテレビ中継を観られなかったので、
試合内容は分からないので何とも言えませんが、
情報を総合すると、

池内で同点に追いついて、池内で決勝点を奪われた

ということなのでしょうか。さすが池内。魅せます。

そんなわけで、今日のことはさっぱりと忘れて、
次は来週の土曜日に札幌ドームで愛媛FC戦。

3月の初対戦のアウェーでは、さっくりと負かされている相手なので、
是非とも借りを返してほしいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »