« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

成分占いをやってみました

今夜はプロ野球中継を見て、そして
「中日ドラゴンズが巨人相手に勝ち越し!」というネタを書く気満々でしたが、
いかんともしがたい試合になっています。

0-5になった段階でテレビを見るのをやめたのですが、
何か二岡が凄いことになっているようで(満塁ホームラン2本)。

そんなわけで見るテレビもなくヒマになったので、
巷で噂の「成分占い」というものを、遅ればせながらやってみました。

結果は……

しげたの57%は情熱で出来ています
しげたの38%はいい加減な朝ご飯で出来ています
しげたの 3%は未公開映像で出来ています
しげたの 2%は牛乳で出来ています

まさに僕は「情熱」で生きている人間と言っても過言ではありません。
「♪情熱の真っ赤なバラを~」(情熱の薔薇/ブルーハーツ)です。
主に、「片想いの情熱」を体中にみなぎらせてきた人生です。

それと、毎晩寝る前には牛乳を欠かさず飲んでいるので、
僕の体の一部は牛乳で出来ているというのは、結構ぴったりかも。


ちなみに自分の本名でやってみると……

○○の75%は証券で出来ています
○○の19%はヒョウ柄で出来ています
○○の 6%は想像力で出来ています

うーん、惜しい。

僕の75%は妄想力で出来ています

これなら、完璧な回答だったのに。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年4月29日 (土)

また負けちゃった-コンサドーレ札幌

J2 第12節  西が丘

東京V 2-0 コンサドーレ札幌

得点:前半 8分 青葉城恋唄(by さとう宗幸)
    後半21分 斉藤

野球のナイトゲームでドラゴンズが勝ったので少しは心が癒されましたが、
コンサドーレ札幌は負けました。

東京Vはこの試合が始まるまで2連敗。前節の柏戦といい、

お腹がすいて困っている人に、自分の顔をあげちゃうアンパンマン

そんなような心優しいチームに、札幌はなっています。


前半立ち上がりは完全な東京Vペースで、
8分に柏時代からの「天敵」の大野のFKから、
池内の謎のクリアミスもあり、最後はゴールを奪われました。

ただし、このままズルズルといくかと思ったら、
ここからはそれなりに立て直しました。
こぼれ球もまぁまぁ拾えて、サイドへのいい形の展開もそこそこありました。

東京Vは、現在得点ランキング2位の平本がこの試合出場停止で、
さらに前半途中で、得点ランキングトップのバジーリオも負傷退場。

前半は0-1で終ったけど、後半は風上になるし、
「これは前節の柏戦とは逆の展開になるかも!」と期待しました。

そして後半スタート。

相手のミスから砂川がドリブルで切り込み、中央へ決定的なパス。
そこへ走りこんだ清野が左足でシュート!。

そのシュートは、

「♪かろやかに緩やかに 枠から外れたよ~」(イノセントワールド/ミスチル)

そして後半21分に、バジーリオの負傷で急遽途中出場した斉藤に
縦パス一本からゴールを奪われました。

「前節とは逆の展開に!」という願いは空しかったです。

・絶好のチャンスでシュートを外す
・急遽途中出場の選手に痛恨のゴールを与える

前節と同じでした。

ただし、結果をみると「完敗」ですが、ちょっと甘い評価かもしれませんが、
そんなに悪い試合ではなかったと思うんですよね。

結果は「0-2」でしたが、上位チームにアウェーでこの位の内容の試合なら、
満足からはほど遠いけど、とりあえずは「まぁまぁ」かなぁ、という感じです。

それと、一時期流行していた

クロスやバーの枠に当てる病

という症状は快方に向かいつつあるようで、ほっと一安心です。


その代わり

枠のだいぶ外に華麗にシュートを外す病

という難病が大流行の兆しですが、気にしません。


その他のJ2の結果は……

    仙台 4-1 水戸
    柏  4-0 徳島
    愛媛 0-0 草津
    鳥栖 2-0 山形
横浜FC 2-0 湘南

順位の上位のチームが勝ったなぁ、という印象です。
札幌が負けると、他の会場の試合結果も順位表も、どうでもよくなってきます。

次は5月3日にホームで仙台戦。
厚別の開幕戦なので、ここで連敗ストップといきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

ストイック生活に突入

昨日書いたように、来週金曜日のハーフマラソン大会まで、
ちょうど後1週間となりました。

出場できるかどうかはまだ微妙なところですが、
一応「レース1週間前からの儀式」ということで、
本日から「ストイック生活」に突入となりました。

まずは「酒断ち」。

とは言っても、普段から飲むのはせいぜい週1~2回程度のペースなので、
これはあまりどうということはありません。

「ストイック生活」を送るために我慢するべきもののメインイベント
他にあります。

しかしながら、「さわやか系ブログ」を目指すこのブログにとって、
それはとても書くことが出来ません。

一言だけ書くと、「ソロ活動一時停止」

いや、何でもありません。


そんなところで今日は、レース前日に布団に入ってからや
当日の朝に家を出る前に、よく聴く曲について書きたいと思います。

やはりミスチルが多いですね。

蘇生(02年、アルバムの曲)
 「♪何度でも 何度でも 僕は生まれ変わっていく~」

優しい歌(01年)
 「♪甘えてた 鏡の中の男に今 復讐を誓う~」

I’LL BE(シングルバージョン、99年)
 「♪目一杯の助走をつけて あのボーダーラインを飛ぶんだ~」

星になれたら(92年、アルバムの曲)
 「♪長く助走をとった方がより 遠くに飛べるって聞いた~」

HERO(02年)
 「♪小さい頃に身振り手振りを真似てみせた 憧れになろうだなんて
   大それた気持ちはない でもHEROになりたい ただ一人君にとっての」

 最後の「HERO」に関して、僕は「瀬古世代」(by 大泉洋:北海道限定)なので、
僕にとっての小さい頃のヒーローは「イカンガー」でした。


ミスチル以外では、

なにしてんの/SURFACE(99年)
 「♪口先だけじゃ何も変えられない 分かっているけどやっぱ不安で~」

それが大事/大事MANブラザーズバンド(91年)
 「♪ダメになりそうなとき それが一番大事~」

ランナー/爆風スランプ(89年)
 「♪走る走る俺たち 流れる汗もそのままに~」

今年はここに、

マイペース/SunSet Swish(06年)が加わる予定です。


そんなところで、今日の我が中日ドラゴンズは巨人相手に
「ワイルドピッチ2つ、パスボール1つ、当たりそこないの内野安打2つ」
で5失点で、結局3-5で負けました。

非常に気分の悪い負け方ですが、明日はドラゴンズの勝利と、
そしてコンサドーレ札幌の勝利(アウェーで東京Vと対戦)を願って
今夜は寝ます。

ストイック発動令」が出ているので、もちろんこのまま何もせずに寝ます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

痛めちゃった

今日は「ランニング」についてです。

同じように走るのが趣味のランナーの方で、
このブログを見てくれている人がいるのかどうか甚だ疑問ですが、
気にせず進めます。

先週の土・日に練習でそれぞれ10キロ~15キロ程度を走ったのですが、
それにより足を痛めてしまいました。

痛い箇所は左足の裏の外側、アーチ状になっている場所です。

ネットや本屋の立ち読みで調べたところ、
「腓骨筋腱炎」という症状に当てはまりそうです。

日曜日の朝起きたときに、
「痛い訳ではないけれど、ちょっと変な感じだなぁ」と思ったのですが、
「まぁ、大丈夫だろう」で走ったら、大丈夫ではありませんでした。

もうそれから4日間経ちますが、歩いていてもまだ若干痛みがあります。

来週の5月5日の金曜日に、「豊平川ラン&ウォーク」という大会の
ハーフマラソンに出場予定ですが、今の状態だとちょっと厳しいかも。

無理して走って、「今期絶望」というのが怖いですし。


「♪もしもまだ 願いが一つ叶うとしたら~」(君が好き/Mr. Children)
「♪もしもたった一つだけ願いが叶うなら~」(NEVER EVER/浜崎あゆみ」
「♪願い事ひとつだけ 叶えてくれるなら~」(願い事ひとつだけ/小松未歩)

というような曲が頭に浮かびますが、今現在、
「もし僕の願い事が一つだけ叶う」としたら、
迷わずに「この足の痛みをとってくれ!」と願います。

あるいは、王子様の口づけで目が覚めた白雪姫(っていう話でよかったかな?)
のように、

僕の好きな女性の方に、「痛いのが治りますように」と言われながら
僕のこの左足にキスをしてもらえば、
一瞬で痛みがウソのように消えるかもと考えてみましたが、
これは完全な妄想です。

その場合は、足の痛みはとれなくても一向に構わないので、
その前段階の妄想ストーリーだけでも、是非実現してほしいものです。

そんなわけで、今は歩くのにも若干痛みがあって、
足をかばうような、ぎこちない歩き方となっています。

こういう状態になって初めて、

「普通に何の気兼ねもなく歩ける」

という当たり前と思っていることが、実は非常にありがたいことだと
気付かされます。

BUMP OF CHICKEN の「supernova」 という曲の
-----
熱が出たりすると気付くんだ 僕には体があるって事
鼻が詰まったりすると解るんだ  今まで呼吸をしていた事
-----

という部分が胸に染みます。

そんなところで、途中で余計な妄想話はありましたが、
今夜は真面目な締めで終わりたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

♪ギリギリでいつも~

Real Face/KAT-TUN

ここ1週間ばかり、この曲の

「♪ギリギリでいつも生きていたいから~」の部分が朝起きてから寝るまで、
頭から離れない状態です。

ジャニーズ系の曲って、何故かその曲の一部分が頭にこびりついてしまうことが
よくあるんですよね。

ちょっと前までは

「♪地元じゃ負け知らず~」

でしたし、1年くらい前は

「♪ファンタス~ティポ~」

でしたし、昔、大学の卒業論文の作成時期には

「♪You are my soul soul いつもすぐそばにある~」

でした。

もっとさかのぼって僕が中学生の頃には

「♪イッツ ア タイム・ゾーン!」

でした。ここら辺になると、分からない方も多いかもしれません。

まさに「ジャニーズ・マジック」です。

「YOU!気にせずに、どこでも構わず口ずさんじゃいなよ!」

という声が幻聴として聞こえてきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

検索ワード

僕はポルノグラフィティの「アゲハ蝶」という曲が
大好きなのですが(こっちにも書いてます)、
今日、夜7時からのネプリーグを見ていたら、

「アゲハ蝶」を漢字で書くと「鳳蝶」ということを初めて知りました
(他には「揚羽蝶」も有り)。

決して「姉歯蝶」ではありません。

ついでに今ちょっと調べてみると、英語では
「swallowtail  butterfly」と言うんですね。

10年くらい前に、CHARAが、映画の中に出てくる架空の
「YEN TOWN BAND」というバンドのボーカルとして、

「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」

という曲を出していたのですが、「swallowtail  butterfly=アゲハ蝶」だったのですね。
知りませんでした。

そんなわけで、ちょっとだけ賢くなった気がした今夜は、
このブログの「アクセス解析」についてちょっと書いてみようと思います。

アクセス解析の中に「検索ワードランキング」というのがあります。
これは「Google」とか「Yahoo !JAPAN」とかから、
どんな言葉で検索してこの僕のブログに来ているのか、
というのが分かるものです。

先週1週間分(17日~23日)の集計結果は……

18件 歌詞
10件 プレゼント
 9件 堂本剛、SunSet、Swish、
 8件 ジッタリンジン
 7件 ボクシング、マイペース
 6件 上田佳範
 4件 コンサドーレ、アイケルバーガー、あなたが私にくれたもの、ランニング
 3件 KAN、北海道、広島、上杉昇、LOVE、ランニングハイ、玉置浩二、
    love、Mr.Children、you、すいみん不足、ビーイング

というわけで、音楽に関係するものが圧倒的に多いです。
後はスポーツ関係が幾つか入っているという感じです。

そんなところで、何もオモシロくない結果ですが、
もう一つ「検索フレーズランキング」というのもあります。
これは、複数の語句を並べて検索したのを見るものです。

まぁ、これも何もオモシロくはない無難なものばかりですが、
一つだけ気になったのが先日ありまして、それは……

「ランニング 全裸 動画 無修正」

この検索をかけた人が、何を望んで調べていたのかはよく分かりませんが、
いいですよねぇ~

「全裸ランニング」

まだ北海道は手袋がほしいくらいの肌寒さなのですが、
もう少し暖かくなったら、僕も是非ともやってみたいものです。

「太陽の元、北海道の爽やかな初夏の風を受けて全裸で走る」

うーん。想像しただけで気持ち良さそう。
僕の「憧れ」「希望」「夢」というものを一つ増やしてしまった、罪な人間ですね。
このフレーズで検索してきた人は。

まぁ、もちろんこのランニングを実行するに当たっては、
「日本の法律が許せば」というのが絶対条件ですが。

そんなところで、明日は有給休暇をとって休みなので、
「朝早く起きなくても大丈夫」と考えただけで、幸せな気分です。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年4月23日 (日)

半年に

僕がこのブログを始めたのは、昨年の10月24日でした。

ということで、ちょうど始めてから半年になります。
見に来て下さっている方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。

最初は「マラソン・ブログ」にするつもりでした。
「今日は練習でこの距離を走った」「レースの結果はこうだった」という感じの。

タイトルも、「走り」にちなんで、ミスチルの曲のタイトルと併せて
「ランニング・ハイ」と名付けました。

とはいえ、走ることに関してはほとんど書いていないのですが、
それでも一応、「マラソン・ブログ」っぽく見せるため、
右の欄のプロフィールに、僕の走っている写真を載せてみました。

これは去年の8月の「北海道マラソン」のゴール直前の様子です。

ゴールとなったのは中島公園内で、
ゴール地点には、僕の奥さんと2人の子供が待っていました。

……。もちろん、これは僕の妄想です。


このレースのちょっとした思い出としては、
多分20キロ地点くらいだったと思いますが、
沿道にいた子供(5~6歳くらいかな?)が、
僕の方に向かって「パパ~!頑張って~!」と手を振ってきました。

だいぶ疲れもきて、思考能力も低下していた僕は、
「そうか~、僕の知らないところで、自分の子供がこんなに大きくなって~」
と感慨に浸り、思わず手を振り返しそうになりました。

しかしながら、冷静に考えると、

「このくらいの年齢の子供は、どう考えても物理的にありえない

ということを明晰な頭脳で導き出した僕は、
かろうじて手を振るのを思いとどまりました。

当然のように、僕の隣を走っていた人の子供さんだったようです。


そんなわけで、これからも適当に思いついたことを書いていきながら、
このブログを細々と続けていきたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

負けちゃいました-コンサドーレ札幌

J2 第11節 函館

コンサドーレ札幌 1-2 柏レイソル
得点:前半9分 フッキ(札)
    後半21分 李(柏)
    後半44分 曽田(札)→鈴木(柏)

*札幌の選手がもらったイエローカード:後半41分 フッキ
                         後半41分  フッキ
*札幌の選手がもらったレッドカード  :後半41分 フッキ(合わせ技一本)

そんなわけで負けました。
風が強い函館で、前半は札幌が風上、後半は柏が逆に風上となりました。

最後の曽田のプレーは単純なミスなのですが、
今日の曽田は基本的には頼もしく感じはしたんですよね。
カウンターをくらいそうな場面でも、冷静な判断でピンチの芽を
何度も摘み取っていたし。

ただ、1失点目も、札幌の選手が自分のゴール前近くでボールを奪われたのが
きっかけとなって、同点に追いつかれました。
はっきり確認はしていなのですが、これも曽田だったような……。

そんなところで以下、努めて(無理やり)冷静に、
試合の感想を適当にずらずらと書いていきます。


●フッキがハーフライン付近から一人で持ち込んで、柏の選手に競り勝ってゴール!
 これはフッキの持ち味が最大限に出た素晴らしいゴール。

●相川はヘディングシュートを浮かし過ぎ。

●前半のうちにもう1点取りたかった。

●後半に入ってからは柏のペース。後半21分に追いつかれる。

●でもその後はどっちかというと札幌が押し込む時間帯が多くなる。
 得点の雰囲気もそれなりには感じたんだけど……。

●と思っていたら、フッキが目にも止まらぬ早さで退場。
 相手に倒されてノーファールだったので、審判に文句を言って1枚目
 そしてそのイエローカードに対して、さらに一言叫んだら、速攻で2枚目

 正直言って、テレビで見る限りでは1枚目のイエローの後に
 そんなに執拗に食い下がったわけではないので、
 2枚目はちょっと厳しい判定のような気がしました。

 この前の徳島戦のイエローも僕には「謎のイエロー」に思えましたし、
 少しだけフッキが気の毒には思います。

 もちろん結果的には悪いのは完全にフッキですが……。

●しかしその後にビックチャンス。絶妙なパスから、中山がキーパーと1対1に!

●しかしそのシュートは、「百万ドルの夜景」でお馴染みの
 「函館山」の頂上に届きそうな程の「宇宙開発」。

●思わずテレビを観ていた父親と同時に「うわぁー!」と叫んで仰け反った。
 久しぶりに、「家族の一体感」というのを味わった瞬間でした。 

●そして後半のロスタイムに、何か良く理解できないことが起こりました。

●柏は前半の最後にDFの岡山がケガをして鈴木に交代しましたが、
 この交代が実は、柏にとってプラスだったような感じでした。
 右サイドを中心に、この鈴木にやられた印象の試合でした。

その他のJ2の結果は……

山形 0-3 仙台
水戸 2-1 徳島
草津 0-0 横浜FC
愛媛 1-2 湘南
神戸 3-1 東京V

仙台はまた調子を上げてきたみたいですね。

草津は今年はどの試合も接戦が多いですね。
上位チームにとっても気になる存在です。

東京Vはようやく「ラモス、凍傷、都並の悪運の強さ」が消えて、
本来のチームの実力が出てきた感じです。と勝手に理解しています。

この東京Vと来週の土曜日にアウェーで対戦します。
東京Vは現在2連敗中。

今日、3連敗中の柏に勝利をプレゼントしたように、札幌は
調子の悪いチームに勝ち星を捧げる心優しいチーム
というのが去年からの印象です。

「♪優し過ぎたのあなた~」(つぐない/テレサ・テン)です。

そんなわけで、次節はフッキがいませんが、試合後にラモスに
「気持ちだよ!勝ちたい気持ちが足りないよ!」
というお決まりのコメントを言わせたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

ドキドキすること止められない

今日の中日ドラゴンズは、不振のウッズのサヨナラヒットで勝ちました。
巨人もヤクルト石川の好投により負け、いい1日となりました。

最近、職場の昼休みに、生命保険会社の人がよく勧誘に来ています。

今日の昼休み、職場の廊下を歩いていると、
その生命保険会社の女性の人(たぶん25歳くらいかな?)とすれ違った際、
声をかけられました。

「すみませ~ん。お名前とか聞いてよろしいですか?」

………。これは俗に言う「逆ナンパ」というやつでしょうか?
おそらく、というか120%違うのですが、「そういうこと」だとして話を進めます。

人生で初の体験に「まごまご」したシャイな僕は、

「いやぁ~、あの、その~」と、あいまいな笑みを浮かべながら
そのまますれ違ってしまいました。

僕は今までこうやって、幾つもの絶好の出会いのチャンスを逃してきたこと
でしょう。

「♪誰もが愛する人の前を 気付かずに通りすぎてく~」
(悲しみは雪のように/浜田省吾)

そんな感じです。

おめでたい思考回路の持ち主の僕は

「もしかしたら仕事抜きで、僕に興味があって声をかけてきたのかもしれない。
だって、世の中に絶対100%はないんだから」

と思っています。

まぁ、世の中には、

「絶対100%」はなくとも、
「99.99%確実」というものがごっそりとある、

というのもまた真実ですが。


そんなわけで、結局いつも通りオチがつかない文章となっていますが、
僕のブログのカウンターが間もなく「7000」になろうとしています。

今の段階で「6922」。
最近はだいたい1日あたり「50前後」のカウント数なので、
おそらく達成は、2日後の金曜日の夜あたりになりそうです。

「7000番」をゲットした場合は、是非ともお知らせしていただきたく思います。

特にプレゼントとかは考えていませんが、
僕の心の中で、「国民栄誉賞相当」の称号を勝手に与えたいと思います。

そんなところで、今夜は寝ます。お休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

引き分け-コンサドーレ札幌

J2 第10節  徳島

ヴォルティス徳島 0-0 コンサドーレ札幌

得点:当然ながらなし


というわけで引き分けました。
今日は家で加入しているケーブルテレビで中継があって、
今シーズン初めてアウェーの試合を観ることが出来ました。

とはいえ、仕事に手こずり、家に着いたのはちょうど前半が終了した時点でした。

後半を観た感想としては

・お互いの中盤のプレッシャーが早い
・お互いのボールコントロールが拙い

と、どっちの表現が当てはまるのかは分かりませんが、
中盤での潰し合いの印象が強く、
お互いにほとんど決定的なチャンスはありませんでした。

今日は西谷が足を痛めたため欠場で、
形としてはその代わりに関が先発しました。

僕の中では、開幕から関の評価がイマイチなんですよね。
今日も後半を観た限りでは、その「イマイチ感」がさらに強くなって、
「あぁ、西谷がいたらなぁ」と思うことが度々でした。

これはあくまで「僕の感想」なので、ファンの人は気を悪くしないで下さい。

まぁ、中2日でのアウェー戦、しかも飛行機の乗り継ぎがあったり、
ナイトゲームとはいえ最高気温が20℃くらいあったりと、
コンディションとしては厳しい条件だったので、
「引き分け」も「まぁまぁかなぁ」という結果とは正直感じます。

その他のJ2の結果は……

仙台    3-0 東京V
柏     1-3 山形
湘南    4-3 草津
鳥栖     4-1 愛媛
横浜FC 2-1 神戸

と、なかなか波乱の結果に。

東京Vはようやくチームの実力の本領発揮かなぁ、
とラモス嫌いの僕は勝手に思っています。

横浜FCは何か分からないけど強い。
「アジアの大砲」が監督になってからまだ負けなしで、暫定順位も2位に。

首位の柏は3連敗。次のコンサドーレ札幌の相手(in 函館)。

去年までの札幌は、こういう「調子を落としている相手」に
ボランティア精神で勝ち星をプレゼントしていたけど、
今年はそういうことがないように願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

3連勝で3位!-コンサドーレ札幌

J2 第9節 札幌ドーム

コンサドーレ札幌 4-1 湘南ベルマーレ

前半16分 砂川(札)
前半21分 ファビオ(湘)
前半25分 池内(札)
後半 9分   相川(札)
後半44分 加賀(札)

そんなわけで勝ちました!これで引き分けを挟まずに3連勝です。

試合の感想を思いつくままに………

・いきなり前半30秒でコーナーキックのピンチ。前節の神戸戦の悪夢が頭をよぎる。
・それでも何とかクリア。
・フッキ→砂川で先制!
・その5分後に札幌の右サイドで加賀が抜かれ、曽田がクロスに触れずに、
池内がファビオに前に入られ失点。湘南から見た左サイドの攻撃は脅威だった。
・西谷のFKから、待ってました!池内の今季初ゴール。さすが去年のチーム得点王。
・前半35分ころ、フッキが草津戦に続いてPKを外す。ひたすら練習してちょうだい。

そんなわけで前半は2-1で終了。もう1~2点はとれそうな展開だっただけに、
後半がちょっと心配でした。

・後半9分に西谷→砂川→相川で追加点!相川は3試合連続ゴール。
流れるような展開の美しいゴール。
・後半途中から札幌の選手も疲れたのか、こぼれ球を拾えなくなる。
攻め込まれるシーンも増える。
・それでも何とか3-1のままでロスタイム間近。
・「ロスタイムに3失点」の経験があるので、一抹の不安はあった。
・そこに加賀が、パスカットからドリブル→切り返し→シュートでダメ押し!
これは凄かった。
・その後、藤田くんが強烈なシュートを放つもキーパー正面。惜しい。
・結局4-1で勝利。暫定順位は3位に。

湘南も左サイドを中心にいやらしい攻撃を仕掛けてきましたが、
まずは快勝と言ってもいいと思います。

やはり凄かったのは加賀。
去年も、「パスカットしてそのままドリブルで駆け上がってシュート」
というシーンは何度もありましたが、
ほとんどがシュートは枠から大きくそれていました。

今日のゴールは、湘南のアジエルを吹っ飛ばしたり、
ゴール前での冷静な切り返しとか、本当に素晴らしいゴールでした。

ヒーローインタビューも、慣れていない感じがよかったです。

フッキは何本シュートを打ったか分からないくらいですがノーゴール。
でも気にせずに、次からもどんどん打ってほしいものです。

他のJ2の結果は……

仙台 0-0 横浜FC
山形 2-1 徳島
柏  0-1 神戸
水戸 0-0 徳島
東京V 3-2 草津

草津惜しかったですねぇ。後半28分までリードしていたみたいで。

東京Vはだいたい後半30分過ぎてから決勝ゴールが生まれますね。
何となく「ラモス、凍傷闘将、都並の悪運の強さ」で勝っているような気がします。

あとは山形がようやく初勝利ですね。
そして首位の柏が2連敗。ますます混戦模様となってきました。

そんなわけで、またまた気分のいい1週間を送れそうです。

と締めようと思いましたが、よく考えると次は18日の火曜日にアウェーで徳島戦。
あっという間に次の試合ですねぇ。是非とも4連勝を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

久しぶりの自転車

今日は朝の通勤で家から地下鉄駅に行くまでに、
久しぶりに自転車に乗りました。

北海道は雪のある間は「基本的」には自転車に乗れないので、
ほぼ4ヶ月ぶりでした

歩くよりは格段のスピード感覚で、やはり気持ちよかったですね。

そのスピード感覚に慣れなかったために、
あやうく通学途中の中学生の群れに突っ込みそうになりましたが、
充分注意しなければなりません。

この「自転車に乗られることによって春を感じる」ということが出来るのは、
雪国の人間の特権かもしれません。

とはいえ明日の天気予報は1日中「雨」。
明日は自転車は無理かなぁ。

そんなわけで、今日は当たり障りのない話題を書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

ハンマーブロスについて

この前、何人かで話をしていたときに
「スーパーマリオブラザーズ」の話題となりました。

「苦手だった敵キャラは?」という話題には,
ハンマーブロス」というのが一致した意見でした。

035_2 










この画面は大きなマリオなのでまだいいのですが、
チビマリオ」で挑むとなると、なかなか苦しいものがあります。

特に最後の「8-4」での、「クッパの前のハンマーブロス
これは難敵です。

042











ハンマーブロスを超えて,そのまま「B-DASH」で勢いをつけて
下から炎が上がる「火の池」を飛び越えなければなりません。

何十、何百というマリオ(ルイジー)がここで命を落としたことでしょう。

「ファイヤーマリオ」でここまでいきたいのですが、
その前の
「下から飛んでくる魚」とか「水中のゲッソー」とかにやられて
なかなかファイヤーマリオでいけないんですよね。

この「スーパーマリオブラザーズ」が発売された1985年は
僕は小学校3年生。
まさに僕は「ファミコン世代」でした。

もう発売されてから20年以上が経つのですが、
今やっても非常に面白い、素晴らしいゲームだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

逆転勝ち!-コンサドーレ札幌

J2 第7節 神戸
コンサドーレ札幌 2-1 ヴィッセル神戸

神戸:北本(前半1分)
札幌:相川(後半17分)、オウンゴール(後半33分)

そんなわけで勝っちゃいました。

テレビ中継は我が家では観られないので,午後3時過ぎにパソコンをつけたら、
いきなり「0-1」。

得点が相手のDFの選手だったので、
「多分セットプレーでマークを外してフリーで……」と想像したのですが、
後で映像を観たら、だいたい想像どおりでした。

非常に嫌な立ち上がりでしたが、内容としては札幌ペースだったそうで、
後半に

西谷→相川で同点
フッキ→丹羽(神戸のDF)で逆転

ということで、2-1の勝利となりました。

試合を観ていないので何とも言えませんが、とにかく感想を………

・いきなりセットプレーで失点。
・フッキのシュートがポストに当たったりバーに当たったりしたらしい。
 「枠に飛ばす」という基本に忠実。
・後半途中から出場の西谷の見事なスルーパス。
 短い時間でも仕事が出来る頼もしい存在だけど、やっぱり先発で使ってほしい。
・神戸のDFの丹羽選手、気の毒だけどありがとう。
・これで暫定順位5位

その他のJ2の結果は……

  湘南 1-1 山形
  草津 0-0 仙台
  愛媛 1-1 水戸
  鳥栖 1-2 東京V
横浜FC 2-0 柏

横浜FCが首位の柏に勝利。しかもゴールはカズ
さすが元日本代表コンビ(10年近く前だけど)。

あとは草津はよく頑張った。
東京Vも、もう少しで引き分けだったのに。

そんなわけで、これから1週間は気分よく過ごせます。
次は来週の土曜日に札幌ドームで湘南と対戦です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

立浪!-中日ドラゴンズ

中日VS巨人 名古屋ドーム

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 
巨人 0 1 0 0 0 0 0 0 0
中日 0 0 0 0 0 0 1 0 ×

勝ち:川上 
負け:上原
ホームラン:福留1号、立浪1号

いやぁ!今日はいい試合でした。

上原に6回まで1安打に抑えられていたドラゴンズが
7回に福留のホームランで同点に。

そして9回裏、1アウト満塁とサヨナラの絶好のチャンス。
バッターは立浪。結果は……

サヨナラ満塁ホームラン

テレビの前で当然のように叫んでしまいました。

上原と川上の投げ合いも見事でした。

去年は二人とも「エース???」というイマイチなシーズンでしたが、
今日はまさに「エース対決」。

テレビ中継のTBSが、

「1アウトランナー無し」の場面でいきなりCMを入れたりとか、
別のイニングで、長いCMが終わったらすでに2アウトだったりとか、

そんなことは気にしません。

とにかく最高の試合でした。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年4月 5日 (水)

3試合ぶりの勝利!-コンサドーレ札幌

J2 第7節 札幌ドーム
コンサドーレ札幌 3-0 ザスパ草津
得点:前半43分 相川(札)、後半13分 鈴木(札)、後半42分 フッキ(札)

というわけで勝ちました!

試合は観ていないので内容は分かりませんが、とにかく勝って何よりです。

今日はフッキが出場停止3試合明けから戻ってきた試合でした。
1ゴール0イエロー0レッド」ということで、ほっとしました。

公式ページによると、相手のバックパスをかっさらってのゴールのようで、
「ゴールへの執着心が生んだゴール」という感じですかね。

それと鈴木が1ゴール1アシストのようで、それも嬉しいところです。

今日は池内が今シーズン初出場かつ初先発だったのですが、
「ディフェンスよりも得点の方をはるかに期待されるDF」
というキャラクターがすっかり板についた池内。

今日は本業の攻撃の方は無得点でしたが、
副業の守備は完封勝ちという結果でよかったです。

その他のJ2の結果は……

仙台3-0鳥栖
山形0-0神戸
水戸0-1東京V
柏  1-0愛媛
鳥栖1-1湘南

というわけで、柏は確実に勝っていきますね。
山形はなかなか初勝利が遠い。

そんなわけで、札幌の暫定順位は前節の11位から6位へとアップ。
この時期の順位はあまり気にする必要はないとはいえ、
やはり気分がいいもの。

次は土曜日にアウェーで神戸とです。是非とも連勝といきたいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

ドラゴンズは勝ち越し

セリーグが金曜日に開幕しましたが、我がドラゴンズは広島カープ相手に

金 ●0-2
土 ○3-2
日 ○3-2

と、2勝1敗でまずまずのスタート。

結局、岩瀬は3連投。
今年も接戦が多くなって、岩瀬の「鉄腕」に頼るしかないのかなぁ。
ちょっと登板過多が心配。

それと、昨日のセンター藤井のファインプレーは素晴らしかった
(2アウト1、2塁でダイビングキャッチ)。
「今週の光プレー大賞」も狙えるかも。

セリーグは開幕3連戦は全チーム2勝1敗か1勝2敗のどちらかで、
まぁまぁ穏やかなスタート。

それに比べパリーグはやたらと「同一カード3連勝(3連敗)」が多いのが特徴。

そして楽天だけはお決まりのように、今年も最下位を独走しそうな勢い。

野球が始まると「春が来たなぁ」という感じになりたいところですが、
最近の北海道は寒くて、
これから冬か?」という状況です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

平穏な週末

今年のJ2は13チームあるため、
毎節1チームが試合のない、いわゆる「空き番」となっていますが、
今節はコンサドーレ札幌がその番でした。

というわけで、週末に札幌の試合がないという、
非常に平穏な週末となっています。

もちろん、その他のチームは試合を行って、
今日が終わった段階で気がつけば
暫定順位11位となっていますが、
「気にしない 気にしない 一休み」と、漫画の一休さんの心境です。

次は水曜日に札幌ドームで草津とです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »