« コンサドーレ札幌いろいろ | トップページ | 01年の広島戦(厚別)-コンサドーレ札幌 »

2006年2月 1日 (水)

上田佳範(中日ドラゴンズ)

ということで、プロ野球は本日2月1日からキャンプ・インとなりました。

そんなわけで今日は、北海道に住んでいて中日ドラゴンズファンの僕にちなんだ
選手の話題について書きたいと思います
(ちなみに、日ハムから中日に移籍してきたという意味です)

----
上田佳範(中日ドラゴンズ、外野手)

年齢が20代後半くらいからの野球ファンには、「松商の上田」というイメージが
未だに強い人も結構多いかもしれません。

1991年、この年の高校野球で最も注目をあびた選手と言ってもいいかと
思われます。

長野の松商学園のエースで4番(たしか)、春の選抜では素晴らしいピッチングの
連続で決勝までいきました。
ちなみに、1回戦の対戦相手は愛工大名電高。
このチームのエースは、あのイチローです。
この試合の最後のバッターもたしかイチローだったはずです。

決勝は広島の広陵高校。
追いつ追われつの展開で、5-5くらいの同点のスコアで9回裏、広陵高の攻撃。
上田は連投の疲れからか、途中で降板して外野を守っていました。

たしかランナー2塁のチャンスで、広陵高のバッターが上田の守っている
ポジションに大きな外野フライを打ちました。
全く取れないような当たりだったか、それとも外野を守るのに不慣れだった
上田だったからか、それは忘れましたが、とにかく上田の頭を越える
サヨナラヒットで優勝決定となりました。

そして夏、松商学園は再び甲子園に戻ってきました。
このときは、やはり選抜の大活躍、そして決勝戦の劇的なシーンもあり、
注目のされ方は非常に大きかった記憶があります。

そして3回戦で歴史に残るような試合が行われました。
相手は三重の四日市工業。相手チームのエースは井手元という投手でした。
ちなみに、井手元はこの後、中日ドラゴンズに入団しています。

この試合は「延長16回」までいきました。
そして延長16回裏、松商学園の攻撃。
満塁のチャンスをつかみました。

そしてバッターは上田。ここでの結果は……

押し出しデットボール

息詰まる投手戦の結末が、思いも寄らぬ形で終了となりました。

ただし、このデットボールを右肩に受けた(上田は右投げ左打ち)影響か、
それは分かりませんが、次のベスト8で負けました。
ちなみにこの相手は星稜高校(石川)。松井秀喜が2年生のときのチームです。

そうして、その年のドラフト1位指名で日ハムに投手として入団。
しかし、肩を痛めたこともあり、わりと早い段階で野手に転向しました。

ポジションは外野。守備力はピカイチながら、「レギュラー」というシーズンは
あまり多くなく、どちらかというと「貴重な控え選手」の期間が長かった印象が
あります。これは僕の勝手なイメージですが。

「週間ベースボール名鑑2005年」によると、
2004年までのプロ13年間の通算成績は

打率.238 ホームラン37本 打点182 試合 933

でした。去年は調べていませんが、あまり試合には出ていなかったイメージが
あります。そしてシーズンオフに戦力外通告を受けます。

その後、ドラゴンズの秋季練習に参加した際に首脳陣に認められ、
今年から中日ドラゴンズのユニフォームを着てプレーすることとなりました。

今年のドラゴンズは、去年までライトを守っていた福留がセンターにコンバートと
なる予定です。
その他の2つの外野は、落合監督が「外野のポジションは2つ空いている」と
言っているように、アレックス、井上、ヒデノリらと争うこととなると思います。

特に僕らの年代なんかは、上田が高校野球で活躍していたときに
小学校高学年から中学生のころで、
「高校野球で大活躍する、年上のかっこいいお兄さん」という憧れを持った
イメージが強くて、「上田ファン」というのは根強くいますね。
(僕の周りの何人かだけで、日本全体を語ります)。

なかなか、「ずっとスタメン」というのは難しいかもしれませんが、
レギュラーの選手だけではリーグ優勝は不可能なので、
(パリーグのプレーオフの場合はそうとも言い切れませんが……)、
貴重な戦力として活躍して、
日ハム時代には経験できず、そして甲子園ではあと一歩届かなかった
「優勝」というものを味わってほしいものです。

もの凄い長くなりましたが、これで終わります。

|

« コンサドーレ札幌いろいろ | トップページ | 01年の広島戦(厚別)-コンサドーレ札幌 »

コメント

初めまして。愛知県在住の高校野球ファンです。
世代的に、私は高木大成、親友は上田投手の大ファンで、甲子園やら大学野球やらファームの試合やらを観に行っていた相当のミーハーファンです・・・。上田くんが私の地元中日に移籍したのはとても嬉しいですよ。阪神ファンではありますが、上田くんの応援も任せてくださいね。

投稿: まつ。 | 2006年2月12日 (日) 18時01分

>まつ さん

はじめまして。コメントありがとうございます。

上田選手、ドラゴンズで活躍してほしいです。
僕にとっては、地元の北海道日ハムから離れていって
しまったのはちょっと残念でもありますが。

高木大成は引退したんですね。寂しい。

あと、秋田経法大付属の中川投手は覚えてますよ!
ミラクル市川とか、懐かしいですねぇ。

投稿: shigeta | 2006年2月13日 (月) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/8456998

この記事へのトラックバック一覧です: 上田佳範(中日ドラゴンズ):

» リストラ男 上田、場外弾  [ひとりの独り言]
これは中日スポーツの見出し。韓国・LGツインズとの練習試合で、日本ハムを自由契約になり、ドラゴンズにテスト入団した上田佳範外野手(32)が場外ホームランを打ったとのニュース。 『上田佳範』久し振りに聞く名前だね。松商学園のエースで鳴り物入りでプロ入りした選手。確か、ドラフト1位指名だったよね。期待の新人だったけど......... プロ入り後は野手に転向してレギュラーにもなっていたけど、ここ数年は泣かず飛ばずだったよね。新... [続きを読む]

受信: 2006年2月20日 (月) 16時09分

« コンサドーレ札幌いろいろ | トップページ | 01年の広島戦(厚別)-コンサドーレ札幌 »