« オリンピックいろいろ | トップページ | 99年の大分との2試合-コンサドーレ札幌 »

2006年2月24日 (金)

君に胸キュン

こちらの方からバトンをいただきました。
ネタとなる記事はこっちです。

さて、さっそく本題ですが、今回のバトンはというと……

【胸キュンバトン】

………。いやぁ、僕の妄想魂が激しく揺さぶられました。
ここ最近はオリンピックの話題に気をとられていて、
すっかりご無沙汰していました。

そんなわけで、久しぶりに全開でいきたいと思います。

■胸キュンするポイントは?

笑顔。あとは「ジャージ姿」です。


■憧れの胸キュン・シチュエーションは?

午前3時に電話がかかってきて、
「声が聞きたかったの。お休み」と言われることです。
WaTの「5センチ」からパクリました。


■胸キュンする言葉は

「○○くんってウエスト細いよねぇ」
そう言われると、その場で服を全て脱いで見せたくなりますが、
そうしたら「おまわりさん」が来ちゃうので、思いとどまります。


■聴くと胸キュンする曲は

・やさしい気持ち(CHARA)
  以前に書いた記事をご覧下さい。たまらない1曲です。

・ねーえ?(松浦亜弥)
  「♪迷うなぁ セクシーなの キュートなの どっちがタイプよ?」
  僕は断然「キュート」です。

・片想い(ジャングルスマイル)
  あまり知られていない曲かもしれませんが、泣けます。
 1997年ころ発売のシングルです。

・大スキ!(広末涼子)
  はじけた感じがたまりません。

・未来(綾瀬はるかが歌うCMバージョン)
  これは文句なくいいです!


■胸キュンドラマは?

うーん……。ドラマはほとんど見ないのですが、
数少ない記憶では

・南くんの恋人…高橋由美子が小さくなった
・サマースノー…広末涼子と堂本剛が主演
・電車男…ひそかにはまりました


■胸キュンする有名人は?

小学生から中学生になるころには「浅香唯」「酒井法子」「ウィンク」でした。

最近は、
オリンピックのスピードスケート女子の500と1000に出場した吉井選手の、
笑ったときに「ぎゅっ」と細くなる目の感じに胸キュンです。


■今まで生きてて一番の胸キュンは?

昔、僕が片想いだった女の人との以下の会話ですね(仮にA子さん)

A子さん「○○くん、コンサドーレ札幌の試合観に行ったりするんだっけ?」
僕「んー、時々だけどね」
A子さん「私の彼が、一回試合観戦に行きたいって言ってるんだよねぇ~」
僕(何とか冷静さを保とうともがく)
 「あー、えー、うー、あー、えーっと、A子さんって彼っていたんだっけ~?」
A子さん「うん、付き合いだしたのは2週間くらい前からなんだけどね」

まぁ、このくらいなら百選練磨の達人の僕にはたいしたことではないのですが、
その何日か後に、「僕とA子さんとその彼の3人」で、
どういうわけか厚別競技場まで行ってしまったのは、さすがに今となっては謎です。

村主選手(章枝さんではないです)のVゴールの瞬間、
その彼と手を取り合って喜んだのは、嬉しさと若干のやけくそが混じっていました。

あとは、去年の北海道マラソンでゴールが見えた瞬間ですかね。
何とかとにかく完走できたのは、
「頑張ってゴールまでいけば、何かいいことがあるはずだ!
例えば、中学生のころに好きだったあの子との、運命の10数年ぶりの再会とか」
というような妄想をひたすら繰り返しながら耐えたのが勝因です。



■「胸キュン」に仮に名前をつけるとしたら?

イカンガー。「いかーん」という感じです。


■胸キュンしたときに心でする音は?

「音」とはちょっと違うかもしれませんが、
「うわぁー、やばいなぁー、この感覚が来てしまったかも~」です。


■次に回す5人

これは正直いって困難です。
いくらKANが「♪どんなに困難で~ くじけそうでも~」と歌っても
僕の決意は変わりません。

もし答えてくださる方がいれば、どなたでも大歓迎ですので、
受け取って下さると非常にハッピーです。

以上、長々とした回答にお付き合いいただき、ありがとうございました。

|

« オリンピックいろいろ | トップページ | 99年の大分との2試合-コンサドーレ札幌 »

コメント

片想い/ジャングルスマイル 懐かしいですねぇ。私もはまりました。CDSをひっぱりだして久しぶりに聞こうと思います。

■今まで生きてて1番の胸キュンの話 切ない。切な過ぎる。Vゴールで片想いの人の彼氏と手を取り合って喜んだ所に、男の生き様を感じました。(笑)

投稿: | 2006年2月25日 (土) 22時09分

>犬さん

おぉ!
ジャングルスマイルの「片想い」に反応して
くださって、非常に嬉しいです。

「♪うまく笑えるようになるまで 少し時間かかってしまうから
今は君の前から消えてみるよ~」

の部分は本当に切なく「胸キュン」になります。

それと、僕の男の生き様を感じ取っていただいて、
ありがとうございます。
基本的に、その場のノリと勢いとやけくそで
常に生きています。

投稿: shigeta | 2006年2月26日 (日) 00時51分

ほんっとごめんなさい!!
かなり、いやかな~り書き込むの遅れてしまいました!
さすが師匠です。
「声が聞きたかったの~」はやばいですよね。
軽く悶死してしまいます。

投稿: 裏たれもち | 2006年3月 2日 (木) 00時39分

>裏たれもち さん

追試があったり財布を落としたりと、
なかなかエキサイティングな日々のようですね。

いいですねぇ~、「悶死」という言葉の語感と響き。
「悶えて死ぬ」。ある意味僕の理想かもしれません。
それはさすがにウソですけど。

投稿: shigeta | 2006年3月 2日 (木) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/8822926

この記事へのトラックバック一覧です: 君に胸キュン:

« オリンピックいろいろ | トップページ | 99年の大分との2試合-コンサドーレ札幌 »