« ヌデレバが優勝-大阪国際女子マラソン2006 | トップページ | 越本が新チャンピオン-ボクシング »

2006年1月29日 (日)

池VS越本-ボクシング世界タイトルマッチ

WBC世界フェザー級タイトルマッチ

チャンピオン 池(韓国)VS挑戦者 越本(FUKUOKA)

が本日行われました、はずです。

北海道では、今日の深夜1:55から録画放送があります。
それを観るため(だけではないですが)、明日は有給休暇をとって万全の態勢
です。

よって、まだ結果は知りません。
ただ、結果は知らないのですが、やはりテレビ・ネット・メールと、
情報を知る強敵がひしめく中、何となくどうなったかの雰囲気は感じています。

挑戦者の越本は35歳なので、さっき書いた女子マラソンの小幡と同じように
応援したいところです。

そんなところで、試合の感想は明日にでも書きたいと思います。

それと、あんまり関係ないですが、
今年の3月に行われる野球のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)
の名称は何とかなりませんかね。
WBCはどう考えてもボクシングです。まぁ、そんなに強く主張するほどの
ことでは全くありませんが。

|

« ヌデレバが優勝-大阪国際女子マラソン2006 | トップページ | 越本が新チャンピオン-ボクシング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/8402164

この記事へのトラックバック一覧です: 池VS越本-ボクシング世界タイトルマッチ:

« ヌデレバが優勝-大阪国際女子マラソン2006 | トップページ | 越本が新チャンピオン-ボクシング »