« 01年の清水戦-コンサドーレ札幌 | トップページ | ちょっとだけボクサー気分 »

2006年1月21日 (土)

全国都道府県対抗駅伝2006-男子

明日は、先週の女子に続き、男子の全国都道府県対抗駅伝が広島であります。
中継はNHKです。

1区 高校生 7キロ
2区 中学生 3キロ
3区 一般  8.5キロ
4区 高校生 5キロ
5区 高校生 8.5キロ
6区 中学生 3キロ
7区 一般  13キロ

の計48キロで行われます。

一般とは主に社会人と大学生なのですが、はっきりと理解できないのは、
「その選手はどこの都道府県の代表で出ることが出来るのか?」ということです。

生まれてから現在まで、ずっと同じ都道府県で暮らしていれば問題ないのですが、
実際はそういう選手は少ないでしょう。

多分、

・中学生、高校生は自分の通っている学校の都道府県
・大学生は自分の出身都道府県
・社会人は会社が所在する都道府県

ということみたいです。北海道のエントリー予定オーダーを見るとそれっぽいです。
それと、「ふるさと出場枠」というのもあって、自分の出身都道府県からも
出場できるみたいです。

元日の全日本実業団駅伝の1区で快走した太田選手(苫小牧南高~札幌学院大)
がこの枠で走るみたいです。

北海道チームを見てみると、中学生の大住 和くん(函館市立大川中学校)って
「3000メートルの中学記録保持者」なんですね。
そんな逸材がいるとは知りませんでした。期待です。

正月の実業団や箱根の駅伝って、
「このチームの1年間の集大成を見せるんだ!」っていう雰囲気が伝わり、
観ている方も少し肩が凝る感覚がありますが(そこがたまらなくいいのですが)、
それと比べると「都道府県対抗駅伝」って、
そこまでの緊迫感がなくって、割と気軽に見られるので好きなんですよね。

正月に走った選手もたくさん出場します。
どうしても多くの選手は、「正月」にピークを合わせるため、
距離も短いこともあってスピードも必要だし、この大会はなかなか大変
みたいですが、明日は楽しんで観戦したいと思います。

北海道チームは何とか20位以内に入ってほしいです。

|

« 01年の清水戦-コンサドーレ札幌 | トップページ | ちょっとだけボクサー気分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/8268680

この記事へのトラックバック一覧です: 全国都道府県対抗駅伝2006-男子:

« 01年の清水戦-コンサドーレ札幌 | トップページ | ちょっとだけボクサー気分 »