« 福岡国際マラソン2005 | トップページ | 今年の目標-北海道マラソン完走 »

2005年12月 4日 (日)

福岡国際マラソン2005-藤田が3位

福岡国際マラソン
優勝:バラノフスキー(ウクライナ) 2時間08分29秒
3位:藤田敦史 2時間09分48秒

テレビで見る限り、強風と時折降る冷たい雨で、かなり厳しい条件のレースだった
ようです。
「気温8℃」というのは、風がなければそれ自体は絶好とも言える数字なのですが、
そこに風と雨が加わると非常に厳しいと思われます。

優勝はペースメーカがいなくなった32キロ過ぎから抜け出したバラノフスキー選手
がそのまま後続をどんどん引き離していって優勝。
アナウンサーもこの「バラノフスキー」という名前を言いづらそうにしていたのが
印象的です。

そして3位に入った藤田選手。僕と同じ年ということもあり、駅伝で活躍していた
駒沢大学時代から応援していました。
2000年12月の福岡マラソンで、当時の日本最高記録となる「2時間06分51秒」
で走ったときは、多くの人が「日本の男子マラソンはしばらくは藤田の時代が続くな」
と期待したのですが、その後は故障が続き、去年のアテネオリンピックは、
そのオリンピック代表を選ぶ選考レースにすら出ることは出来ませんでした。

「藤田は練習をし過ぎる。自分を追い詰めすぎる。そしてケガをしてしまう」
という話をよく聞きます。
ただ、「練習をし過ぎるくらいしてしまう」という選手じゃなきゃ、トップレベルで
いるのは難しいでしょうし、その故障をするかしないかの「ギリギリ」のところまで
追い詰められる選手が、いい結果を残せるのでしょうね。難しいところです。

今回、とにかく粘って最後まで走りきったこのレースを足がかりにして、
5年前の福岡マラソンで多くの人に「こういう選手の出現を待っていたんだ」
と夢を持たせた、その夢の続きを3年後の北京オリンピックに見せてほしいです。

|

« 福岡国際マラソン2005 | トップページ | 今年の目標-北海道マラソン完走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147830/7459964

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡国際マラソン2005-藤田が3位:

« 福岡国際マラソン2005 | トップページ | 今年の目標-北海道マラソン完走 »