2019年1月 6日 (日)

最後

いろいろ事情があり、ニフティとの契約を解除することになりました
(ニフティの対応に不満があったとか、そういうのは一切ありません)。

そのため、ブログサービスのココログにも接続できなくなります。

そんなわけで、このブログの更新も今回で最後とします。

ブログを開始したのが2005年10月で、13年ちょっと続けてきて
寂しさもありますが、長年続けていく中で最近ではだんだんと
更新するのが義務的な気分にもなっていたので、止めるには
ちょうど良いきっかけが訪れたのかもしれません。

新しいところでブログを再開する気は今のところはありません。
定期的に見ていただいていた方がどの程度いたのかは不明ですが、
ありがとうございました(^^)

| | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

お正月の駅伝

1月1日~3日に行われた駅伝について簡単に書きます。

〇ニューイヤー駅伝
  優勝:旭化成 4:51:27
  2位:MHPS 4:51:31
    3位:トヨタ自動車 4:52:34
    4位:富士通 4:53:17
    5位:コニカミノルタ 4:53:37

最長区間の4区でMHPSの井上選手がさすがの走りを見せて区間賞。
MHPSがトップに立ちましたが、6区で旭化成の市田宏選手が今年も
区間賞を獲って僅か2秒差ながらもMHPSを抜いてアンカー区間の7区へ。

旭化成は大六野選手だったのでここで勝負は決まったかと思いましたが、
NHPSの岩田選手が最後の最後まで競り合って、ゴール100m前のスパートで
ようやく勝負が決まるという劇的な展開に。

最後の大六野選手はやはり強かった。
そしてNHPSの31歳の岩田選手は胸が熱くなるような走りで、
1月1日から素晴らしい戦いを見ることができました。

〇箱根駅伝
  優勝:東海大 10:52:09
    2位:青山学院大 10:55:50
    3位:東洋大 10:58:03
    4位:駒澤大 11:01:05
    5位:帝京大 11:03:10

往路優勝が東洋大、復路優勝が青山学院大、そして総合優勝が東海大と
3つとも全て違うのは亜細亜大が優勝したあの2006年以来13年ぶりとのこと。

気象条件が良かったこともあってか、区間新などの好記録が連発しました。

2区では順天堂大の塩尻選手が、同じ大学の先輩になる三代直樹さんの
記録を1秒だけながらも上回る日本人選手最高記録を。
この三代さんの記録は、モグス選手に破られるまで10年近く区間記録だったので、
そこを突破して感慨深いものがありました。

3区では青山学院大の森田選手が区間新を。ここで7人抜きをして
トップに立って、これで青山学院大の総合優勝の可能性が高くなったかと
思いましたが、4区と5区であそこまで遅れたのは意外でした。

総合優勝の東海大は区間賞を獲ったのは1人だけでしたが、
全員が安定していて強かったです。

その唯一の区間賞を獲ったのが東海大四高出身の8区の小松陽平選手で、
しかも区間記録を22年ぶりに更新する区間新で、ここで優勝の行方を
大きく決めたような走りになり大会MVPも獲得で、北海道民として最高でした(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月31日 (月)

2018年のNo.1ソング

今日行われた高校サッカーの全国選手権の1回戦で旭川実業が
勝って良かったです(旭川実業2-0和歌山北)。

さて毎年、大みそかには「僕のその年のNo.1ソング」というのを
このブログで書いているのですが、今年でそれも14回目になります。

ちなみに去年までは、

2005年 ツバサ/アンダーグラフ(発売は2004年の9月)
2006年 しるし/Mr.Children
2007年 CHE.R.RY/YUI 
2008年 HANABI/Mr.Children
2009年 イチブトゼンブ/B'z
2010年 キミがいる/いきものがかり
2011年 家族になろうよ/福山雅治
2012年 恋/back number
2013年 高嶺の花子さん/back number
2014年 ひまわりの約束/秦基博
2015年 シュガーソングとビターステップ/UNISON SQUARE GARDEN
2016年 ハッピーエンド/back number
2017年 背中越しのチャンス/亀と山P

ということで、今振り返るとイマイチ疑問な選曲もいくつかありますが、
それはその時の判断ということで尊重します。

まずは、今年のTOP5となる5曲を選びます(発売日の順番です)。

Lemon/米津 玄師(3月14日発売)
シンデレラガール/King&Prince(5月23日発売)
マリーゴールド/あいみょん(8月8日発売)
SINGLES/Mr.Children(10月3日発売;アルバム曲)
オールドファッション/back number(11月21日発売)

そしてこれらの5曲の中から、僕の今年のNo.1ソングを決めました。

Lemon/米津 玄師
 
TBSの金10ドラマの「アンナチュラル」を見ていなければ自分の中の印象が
少し違っていたかもしれませんが、中堂系(井浦新さん)の役の設定と
この曲があまりにもピッタリとし過ぎていて、完全にハマりました。

そんなわけで、今年のブログの更新としては今回で終了となります。
また来年、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

12月23日

昨日の日曜日は天皇誕生日で祝日で、今日はその振替休日で
嬉しい3連休でした。

そんな今日はお昼過ぎから12kmほどのランニングをしてきました。
ちゃんと走るのは、11月11日に「さっぽろさよならマラソン」で
ハーフ本番を走って以来でした。

さて、来年からは12月23日は祝日ではなくなり、
当面は普通の1日になるとのこと。

年末年始の休みの前の一足早いプレゼントみたいな感じで、
この12月23日の休みは好きだったので寂しいです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

男子は倉敷、女子は神村学園が優勝<2018年全国高校駅伝>

今日は午前中から、京都で行われた全国高校駅伝のテレビ中継を
ずっと観ていました。
-------------

●第69回 男子全国高校駅伝 結果(7区間42.195キロ 47校参加)

優勝:倉敷(岡山) 2:02:09 
2位:世羅(広島) 2:02:23  
3位:学法石川(福島) 2:02:52  
4位:九州学院(熊本) 2:03:54  
5位:佐久長聖(長野) 2:03:54  
6位:埼玉栄(埼玉) 2:03:59  
7位:八千代松陰(千葉) 2:04:19  
8位:豊川(愛知) 2:05:19  
9位:洛南(京都) 2:05:38
10位:鳥栖工(佐賀) 2:05:52

21位:北海道栄(北海道) 2:08:39

3区で倉敷のキプラガット選手がトップで繋ぎ、4区では世羅のムワニキ選手が
区間タイの走りでトップで繋ぎ、そして6区で倉敷の石原選手が再び逆転と、
面白い展開の優勝争いでした。

学法石川が3位と大健闘。4区あたりからは「もしかして優勝もあり得るかも」と
思えるくらいでした。

北海道栄は29位→25位→24位→21位→20位→21位→21位と、
エース区間の「華の1区」で藤本選手が29位と悪くない出だしで、
その後も少しずつ順位を上げていく展開で健闘の21位でした。

約8kmの3区と4区で走った小野選手(区間17位)、工藤選手(区間13位)は
ともに2年生なので来年が楽しみです。

------
●第30回 女子全国高校駅伝 結果(5区間21.0975キロ 58校参加)  

優勝:神村学園(鹿児島) 1:07:25  
2位:長野東(長野) 1:07:51  
3位:仙台育英(宮城) 1:07:51  
4位:大分東明(大分) 1:08:04  
5位:須磨学園(兵庫) 1:08:15  
6位:豊川(愛知) 1:08:16 
7位:立命館宇治(京都) 1:08:20  
8位:興譲館(岡山)  1:08:32  
9位:成田(千葉) 1:08:34
10位:北九州市立(北九州) 1:09:03

35位:旭川龍谷(北海道) 1:12:30
47位:札幌日大(北海道) 1:13:46

神村学園がアンカーの5区のカマウ選手にタスキを渡した段階で
トップの仙台育英まで31秒差ということで、結果的にはこの時点で
神村学園の優勝が濃厚となりました。

その状況に持っていった1~4区までの選手達の走りも大きかったです。

長野東は2年連続2位で素晴らしいです。

旭川龍谷は去年が22位だったので今年も期待したのですが、
札幌日大とともになかなか上の位置でレースを進めることができませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

今年の1曲ランキングTOP5(Mステ2018年11月30日放送)

3週間前に放送されたミュージックステーションの録画を
今日見ました。

その中で 「1000人に聞いた今年の1曲ランキング」という
企画でのランキング発表を行っていました。

1位 U.S.A/DA PUMP
2位 Lemon/米津 玄師
3位 シンデレラガール/King&Prince
4位 ドラえもん/星野 源
5位 アンビバレント/欅坂46

ということで、今年はLemonとU.S.Aの「圧倒的な2強感」があるので、
この2曲が1位と2位に入るというのは完全に納得です(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

2019年箱根駅伝

毎年、お正月の3日間はニューイヤー駅伝と箱根駅伝を
スタートからゴールまで見続けるのを伝統行事としています。

箱根駅伝はまずは16人のエントリーが発表されていて、
北海道の高校出身者では、

東海大:小松 陽平(3年、東海大四)
國學院大;藤木 宏太(1年、北海道栄)
上武大:武田 貫誠(3年、滝川西)
上武大:岩崎 大洋(2年、北海道栄)

の4選手がエントリーされているようです。

何とか4選手とも、最終的な10人のメンバーに入って本番で走ってほしいと
願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

Mステ(2018年11月2日放送)

ミュージックステーションの録画がかなり以前の分から溜まってしまっていて、
「これではダメだ」ということで決心して、12月に入ったあたりから毎日のように
少しずつ見続けています。

9月17日放送の「ウルトラFES10時間スペシャル」が超難関でしたが、
そこもクリアして今日は11月2日放送分を見ました。

その中で「この曲を歌って欲しい!男性/女性がキュンとする曲とは?」という
アンケート企画をやっていて、女性が選んだ3位と2位はともにback numberの
「花束」と「クリスマスソング」でした(1位は米津玄師の「Lemon」)。

まだFRIDAYや週刊文春で話題に取り上げられてしまう前の放送だったので、
もしその後にアンケートを取っていたら少し違った結果だったかもしれません(^^)

さらに、この日はDA PUMPが出演して「U.S.A」と「if...」を歌っていました。

9月のウルトラFESがMステ自体に21年ぶりの出演、そして今回は
レギュラー放送で21年ぶりの出演ということなりました。

18年前に発売されてDA PUMPとしては最も高い売上となっている「if...」は
今回がMステで初披露ということで、その話題を振られたISSAさんが、

「いやぁ~、当時も僕たちとしては是非とも出たかったんですけどねぇ~」

と答えてくれないかと、余計な期待をしてしまいました。

そういえばこの前のウルトラFESでは、北川景子さんがw-inds.の
「try your emotion」という曲の振り付けが大好きというVTRが流れていて、
その昔、ボーカルの橘慶太さんがソロで出た時の紹介で、

「福岡出身で今日がMステ初出演です」

だけで終わって、ウィンズのウの字も出なかったことを考えると、
今回のDA PUMPの出演(しかも2曲)と併せて、時代が大きく変わったと
感慨深いものがあります(^^)

ちなみに「if...」の作詞・作曲・編曲のm.c.A・T(富樫 明生)さんは
札幌月寒高校出身です。ボンバーヘッドです。

そんなわけで、残りの録画しているMステも11月9日、11月23日、11月30日の
3回分の放送となり、だいぶ先が見えてきました。

今度の金曜日にはまた4時間超のスーパーライブ2018があるので、
それまでには全部見終わりたいと思っています。

ちなみにこの11月2日の放送の最後に次回放送の
11月9日の予告をやっていて、

「BTS(防弾少年団)が日本初披露2曲をパフォーマンス!」

と大きく紹介されていましたが、この1週間の中であの騒動があったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

真冬日

札幌市の最高気温が昨日は-5.1℃、今日は-4.0℃と完全な真冬日の週末に。
ただ、風が弱めだったのでそこまでの極寒という感じではありませんでした。

愛車の自転車もカバーをかけて来春までのお別れです。

話は変わりますが、カラオケランキングのページを見ていたら
「男の勲章/嶋大輔」が入っていて、何だろう?と調べてみたら
日曜日の日テレドラマの「今日から俺は!!」の主題歌で使われているんですね。
知りませんでした。このドラマにはムロツヨシさんが出ているようで。

今クールのドラマはTBSの金10枠の「大恋愛~僕を忘れる君と」を見ていて、
そこでもムロツヨシさんが出ています。

さらに今日のさいたま国際マラソンの中継を見ていたらCMで繰り返し
ムロツヨシさんの姿を見て、今はムロツヨシさんが熱いです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

服部勇馬が2時間07分27秒で優勝<2018年福岡国際マラソン>

今日はお昼から「第72回福岡国際マラソン」のテレビ中継を観ていました。

----------
●第72回福岡国際マラソン 結果

1位 服部 勇馬(トヨタ自動車) 2:07:27-MGC獲得
2位 イエマネ・ツェガネ(エチオピア) 2:08:54
3位 アマヌエル・メセル(エリトリア) 2:09:45
4位 設楽 悠太(Honda) 2:10:25(MGC獲得済み)
5位 園田 隼(黒崎播磨)  2:10:31(MGC獲得済み)
6位 山岸 宏貴(GMO)  2:10:42-MGC獲得
7位 福田 穣(西鉄)  2:10:54-MGC獲得
8位 佐々木 悟(旭化成) 2:11:40
9位 橋本 峻(GMO)  2:11:40
10位 川内 優輝(埼玉県庁)  2:12:03
----------

服部勇馬選手は35km~40kmのラップタイムが14分40秒、
そこからゴールまでの2.195kmが6分35秒と非常に早く、
優勝争いをしていたツェガネ選手、メセル選手を一気に突き放して、
テレビの前で興奮しました(^^)

今日は気温が20℃くらいあって、12月開催となってからの福岡では
大会史上で最も暑かったようですが、その中でのこのタイムと内容は
素晴らしいです。

そんな暑さもあってか、全体的にはタイムは伸びなかったものの、
山岸選手と福田選手もMGC出場権を獲得しました。

「2時間11分00秒以内で日本人3番手までにゴール
(既に獲得済みの選手は順位の対象外)」

という条件を考えると、この2人はギリギリのゴールタイムだったように
思えますが、実は2人とも「2レースの平均で2時間11分00秒以内」の
ワイルドカードの権利の挑戦権も持っていて、今日は2時間11分30秒で
ゴールでもそこをクリアしていたので、少しは余裕はありました。

とにかく服部勇馬選手の快走に心躍った日曜日の昼間となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«北海道コンサドーレ札幌はJ1リーグ4位と大躍進で終了